• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月10日 17:03

10世紀の争いの果てに~EUのフランス、ベルギー、オランダはどこに向かうのか(1)

今年も福岡商工会議所のヨーロッパ視察に参加した。

 7月3日、ベルギーのブリュッセルに到着した時のことだ。その前日はワールドカップ、日本対ベルギー戦が行われた日だった。地元の人から「日本は良く戦ったね。一時は負けると焦ったよ」と日本代表チームの戦いぶりを賞賛された。私は内心「負けていたらそんな余裕のある態度が取れるはずがないだろう」と冷やかな気持ちでいっぱいだった。

 前夜、パリでの夕食中、タブレットでサッカーを見ていた同行の阿久根氏は「日本が勝っている」と興奮して声が震えていた。私が「試合時間はどのくらいですか?」と尋ねると「現在、60分過ぎ」と返答があった。「(残り5分というならまだしも)ロスタイムを含めると実質残り40分弱あるだろう。これは多分負けるな」と直感した。

 懸念した通りだった。まずあっという間に2点を奪われ同点になる。後半終了直前のベルギーの3点目をみると両者の実力差は歴然だと感じた。ベルギーのカウンターの際のパスワーク、ドリブルスピードに日本選手はついていけなかったからだ。
 ベルギーを本気にさせてしまえば実力の差は如何ともしがたい。徳丸氏は「やはりね。負けてしまった」と溜息をついた。

 パリやブリュッセルの、どのカフェでもワールドカップを放映し、お客さんはテレビの前にくぎづけになって応援していた。この光景を見た私は、両国の国民は、自国のサッカー選手を『我がヒーロー』とあがめていることを知り、日本とはサッカーの歴史が違うことを思い知った。面白い経験をさせてもらった。

ヨーロッパに学ぶ

 今回の視察テーマは『この10世紀の激動を経て、視察する地域は、どういう方向に向かっていくのか?』を考察することである。訪問するフランス・ベルギー・オランダの3カ国は、この10世紀の間、中世、近世、近代を引っ張る役割を担ってきた。世界各地で植民地統治を行ってきた経験を有している。また、お互い戦争をし合ってきた間柄でもある。

 今年2月にシシリー島、昨年も2月にクレタ島に飛んだ。なぜ2月かというと閑散期なので費用が半分以下で済むからだ。この期間(1月から4月)に旅行されることを勧める。
 この2島への訪問目的は『悠久の6000年の歴史の空気を吸う為』だった。
 確かにエジプトやペルシャでは勃興した文明を肌で感じ取ることができた。「地中海の航海を通じて広範囲に影響を与えたこと」を体験した。しかし、それは単なる歴史の重みを感じ取ることに終始したに過ぎない。

 今回の「過去の10世紀を探る」というテーマは「現代から未来へ、どう考察するのかの実践的な課題」である。「楽しかった、勉強になった」だけでは済まない。現在の経営にどう生かすことができるかが問われるのだ。

ヘルシンキ経由の利便性への認知が拡大

 今年の福岡経済訪問団は総勢17名である。7月1日午前10時にAYO76便 で福岡空港を旅立った。
昨年はスタートからつまずいた。中国西安を飛び立ち、ヘルシンキに向かったフィンエアーが鳥を吸い込み飛行中止になるアクシデントがあったのだ。この飛行機はヘルシンキ経由で福岡に飛ぶことになっていた。結局、参加者全員が、日本からドーハ経由の南回りでイタリアに到着、30時間を超える長旅だった。
 このフィンエアーを利用した視察の目的はコチラを読んでいただきたい。

 午前10時に飛びたてばヘルシンキには現地時間午後2時25分に到着する。所要時間は10時間25分だ。1時間30分ほど待ってヘルシンキ発午後4時5分のパリ行きに乗り換える。所要時間は3時間5分。ヨーロッパ主要都市の大半にはヘルシンキ空港から3時間ほどの飛行時間で到達できるという利便性がある。

 福岡空港から行きの便の搭乗率はおよそ65%と思われる。帰りは70%だっただろうか。損益分岐点ギリギリというところか。そうなると便が打ち切りになる可能性がある。しかし、日本との間で週に31便フィンエアーが飛行しているという。福岡便以外はどこも黒字だそうだ。だから「福岡便の中断の可能性はない」との説明をうけて一安心した。ヘルシンキ空港を経由してヨーロッパを飛び回れる利便さが認知されてきたのだろう。ヘルシンキ空港も活気を呈しており、空港全体でリニューアルおよび拡張工事が行われていた。

(つづく)

※登場人物はすべて仮名

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

2018年11月16日 14:24

福岡を代表する名門ゴルフ場 会社統合に見え隠れするドタバタ劇

  古賀ゴルフ土地(株)  2019年10月に第84回日本オープンゴルフが「古賀ゴルフ・クラブ」で開催される。由緒ある大会で開催されるのは実に3回目と...

pagetop