• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月10日 17:03

10世紀の争いの果てに~EUのフランス、ベルギー、オランダはどこに向かうのか(1)

今年も福岡商工会議所のヨーロッパ視察に参加した。

 7月3日、ベルギーのブリュッセルに到着した時のことだ。その前日はワールドカップ、日本対ベルギー戦が行われた日だった。地元の人から「日本は良く戦ったね。一時は負けると焦ったよ」と日本代表チームの戦いぶりを賞賛された。私は内心「負けていたらそんな余裕のある態度が取れるはずがないだろう」と冷やかな気持ちでいっぱいだった。

 前夜、パリでの夕食中、タブレットでサッカーを見ていた同行の阿久根氏は「日本が勝っている」と興奮して声が震えていた。私が「試合時間はどのくらいですか?」と尋ねると「現在、60分過ぎ」と返答があった。「(残り5分というならまだしも)ロスタイムを含めると実質残り40分弱あるだろう。これは多分負けるな」と直感した。

 懸念した通りだった。まずあっという間に2点を奪われ同点になる。後半終了直前のベルギーの3点目をみると両者の実力差は歴然だと感じた。ベルギーのカウンターの際のパスワーク、ドリブルスピードに日本選手はついていけなかったからだ。
 ベルギーを本気にさせてしまえば実力の差は如何ともしがたい。徳丸氏は「やはりね。負けてしまった」と溜息をついた。

 パリやブリュッセルの、どのカフェでもワールドカップを放映し、お客さんはテレビの前にくぎづけになって応援していた。この光景を見た私は、両国の国民は、自国のサッカー選手を『我がヒーロー』とあがめていることを知り、日本とはサッカーの歴史が違うことを思い知った。面白い経験をさせてもらった。

ヨーロッパに学ぶ

 今回の視察テーマは『この10世紀の激動を経て、視察する地域は、どういう方向に向かっていくのか?』を考察することである。訪問するフランス・ベルギー・オランダの3カ国は、この10世紀の間、中世、近世、近代を引っ張る役割を担ってきた。世界各地で植民地統治を行ってきた経験を有している。また、お互い戦争をし合ってきた間柄でもある。

 今年2月にシシリー島、昨年も2月にクレタ島に飛んだ。なぜ2月かというと閑散期なので費用が半分以下で済むからだ。この期間(1月から4月)に旅行されることを勧める。
 この2島への訪問目的は『悠久の6000年の歴史の空気を吸う為』だった。
 確かにエジプトやペルシャでは勃興した文明を肌で感じ取ることができた。「地中海の航海を通じて広範囲に影響を与えたこと」を体験した。しかし、それは単なる歴史の重みを感じ取ることに終始したに過ぎない。

 今回の「過去の10世紀を探る」というテーマは「現代から未来へ、どう考察するのかの実践的な課題」である。「楽しかった、勉強になった」だけでは済まない。現在の経営にどう生かすことができるかが問われるのだ。

ヘルシンキ経由の利便性への認知が拡大

 今年の福岡経済訪問団は総勢17名である。7月1日午前10時にAYO76便 で福岡空港を旅立った。
昨年はスタートからつまずいた。中国西安を飛び立ち、ヘルシンキに向かったフィンエアーが鳥を吸い込み飛行中止になるアクシデントがあったのだ。この飛行機はヘルシンキ経由で福岡に飛ぶことになっていた。結局、参加者全員が、日本からドーハ経由の南回りでイタリアに到着、30時間を超える長旅だった。
 このフィンエアーを利用した視察の目的はコチラを読んでいただきたい。

 午前10時に飛びたてばヘルシンキには現地時間午後2時25分に到着する。所要時間は10時間25分だ。1時間30分ほど待ってヘルシンキ発午後4時5分のパリ行きに乗り換える。所要時間は3時間5分。ヨーロッパ主要都市の大半にはヘルシンキ空港から3時間ほどの飛行時間で到達できるという利便性がある。

 福岡空港から行きの便の搭乗率はおよそ65%と思われる。帰りは70%だっただろうか。損益分岐点ギリギリというところか。そうなると便が打ち切りになる可能性がある。しかし、日本との間で週に31便フィンエアーが飛行しているという。福岡便以外はどこも黒字だそうだ。だから「福岡便の中断の可能性はない」との説明をうけて一安心した。ヘルシンキ空港を経由してヨーロッパを飛び回れる利便さが認知されてきたのだろう。ヘルシンキ空港も活気を呈しており、空港全体でリニューアルおよび拡張工事が行われていた。

(つづく)

※登場人物はすべて仮名

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

2019年09月20日 13:00

イオン、「インナーカジュアル」分社化へ

 イオンリテールはGMS改革を進めて、売場の専門化に取り組んでいる。そのなかから、キッズ・ベビーの「キッズリパブリック」、ヘルス&ビューティケア「グラムビューティーク...

pagetop