2022年05月26日( 木 )
by データ・マックス

着実に一歩ずつ事業を拡大 人との絆に喜びを感じられる企業(後)

(株)サンコービルド

ブランド力・設計施工・地域戦略

ピノ木町新築

 同社は16年11月、福岡市の建設業者・飯田建設を傘下に収めた。飯田建設は土木工事を得意としている。また、老朽化した水道管などの再生においては特殊な技術をもっている。同社を傘下に収めたことで、これまでオフィスビルやマンションなどの構造物に強みをもっていたサンコービルドに、土木という強みが加わることとなったのだ。
 「これまで対応できなかった分野に進出できる体制を築くことができました。飯田建設はインフラの老朽化対策に強みをもっています。サンコービルドに新たな武器が備わったと感じています。土木から建築までこなせる企業ブランドを育てていこうと考えております」(岩野社長)。
 発展への布石は土木工事への本格的な進出だけではない。地域戦略も進めている。同社は福岡市の本社ほか、大分支店、熊本支店、東京支店など、県内3支店、県外3支店の体制を組んでいる。九州を中心として、建設ラッシュが続いている東京にも拠点をもっているところに強みがある。
 東京は市場規模が九州と比べると圧倒的に大きい。そこで仕事ができる体制を組むことで、売上の規模だけでなく、利益率も改善していきたい考えだ。
 「東京エリアは九州と利益率が異なります。1億円規模の工事であっても、九州と東京では内容が異なるのです。より盤石な財務体質を育てるために東京支店を置いている、というイメージです。かつて、私たちには筑豊の会社というイメージがついていました。今ではそれもかなり薄まり、九州のサンコービルドという印象になってきていると聞きます。これも皆さまのおかげさまです」(岩野社長)。
 筑豊から九州の企業に成長した同社に、さらに東京地区での営業が強さを与える。そして、成長し続ける企業をつくりあげたい、としているのである。

人との出会いが喜びに

てら岡中洲本店

 岩野社長は次のように回顧する。「前社長の園村剛二と私は1歳違いです。この30年間、社の発展という思いをともにしてきました。弊社はかつて筑豊のローカル企業の1つでした。今では本社は福岡市ですし、支店は九州各地に展開しています。皆さまのおかげで企業を成長させていただきました。そのことに感謝しております。ただ、新入社員のなかには、かつての姿を知らないものも多くいます。途中には高度経済成長もありましたし、バブルの崩壊もありました。紆余曲折を経て今に至っております。企業は常に将来を見定め、成長を目指し続けなくてはなりません。今の状態をより良いもの、より確実なものに近づける努力を続けなくてはならないですね」(岩野社長)。
 同社の歴史は1972年8月に幕を開けた。当時の商号は三井鉱山竪坑トンネル掘鑿(くっさく)。東京都中央区に本社を構えた。その名が示す通り、三井鉱山の坑内トンネルの掘削を目的に設立されたのだ。83年2月には三鉱建設工業へと社名変更し、本社も福岡市中央区に移転する(97年7月に現住所へ移転)。サンコービルドのサンコーとは、三井鉱山を指している。2004年3月には三井鉱山グループから独立し、同年8月に現商号に変更した。今ではサンコーの意味さえ伝える必要がないほど知名度がある。
 高度経済成長期、バブル経済期、平成不況期を経験し、その都度、問題を打破して企業を成長させ続けてきた実績が同社のブランドを培ってきたのである。
 現在、建設業のサンコービルド、介護事業のサンコーケアライフ、建設・不動産業のサンコー開発、建設・環境衛生業・警備業の九州ビルシステム、そして建設業の飯田建設でサンコーホールディングスグループを形成。従業員数はグループ全体で500名に上る。
 「これまでやってくることができたのは皆さまのおかげです。この仕事は人と知り合えることが大きな喜びです。いろいろな人に自分を磨いてもらってきました。私たちはいつでも新たな従業員を迎えることができるよう、万全な体制を築きたいと思っております。ご縁がある方には仕事を通じて人とのつながりができ、絆となる喜びを感じてほしいですね」(岩野社長)。
 万全の財務体質をつくる意味は、人との出会いを逃したくない、という意味も含まれていたのだ。サンコービルドは財務内容を充実させ、さらなる飛躍を目指す。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:岩野 義弘
所在地:福岡市博多区博多駅前1-31-17
設 立:1972年8月
資本金:9,900万円
TEL:092-414-6610
URL:http://www.sanko-bld.co.jp

Profile
岩野 義弘(いわの・よしひろ)

 1951年10月生まれ。熊本市出身。熊本工業高校 建築科卒。83年に三鉱建設工業に入社。営業本部副本部長兼大牟田支店長、営業本部長、専務取締役を経て2016年4月、代表取締役社長に就任。

(前)

関連キーワード

関連記事