2024年05月27日( 月 )

天神中央公園に飲食店開業 西鉄グループが事業者に決定

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
▲天神中央公園 遠目から

 福岡県は9月4日、天神中央公園(福岡市中央区)の再整備事業において、西鉄を代表とするグループを選んだと発表した。計画ではカフェバーやベーカリー、レストランなど飲食店のほか、水上バス利用客の待合施設が設置される。

 公募には5グループが応募、最高評価点を得た西鉄を代表とする「福岡県営天神中央公園西中洲エリア再整備共同事業体」が事業者に決まった。評価項目「施設の管理運営計画」で次点の大和リースを代表とするグループと大差がついた。

 設置場所は夜間、人通りがあるものの、暗がりのイメージが強い場所。防犯機能にも期待が集まる。来年8月に開業予定。

■福岡県営天神中央公園西中洲エリア再整備共同事業体
代表構成団体:西日本鉄道(株)
構成団体:(株)yHa architects、(株)松本組、西鉄ビルマネージメント(株)、(株)日比谷花壇

▲カフェ&バー、バル予定地
▲ベーカリー・レストラン予定地

【東城 洋平】

関連キーワード

関連記事