• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月17日 11:47

人工知能(AI)は人間を見つめ直す鏡である!(1)

玉川大学文学部教授 岡本 裕一朗 氏

 2010年ごろから人工知能(AI)をめぐる議論が活発にされるようになった。議論の多くは、レイ・カーツワイルの唱えた「2045年には人工知能は人間の脳を超えるシンギュラリティ(技術的特異点)に到達する」かどうか、さらには、「人工知能が人間を支配する」かどうか、に尽きる。しかし、冷静に考えてみれば、一部の科学者を除いて、その是非はあまり重要ではない。なぜならば、今までもこれからも、技術はとどまることなく進歩していくし、一方で私たちの生活への影響は、ある日突然何かが起こるのではなく、いわばグラデーションの様に徐々に効いてくるものだからだ。
 大事なことは、技術の進歩を前提に、あらゆる可能性に備えて思考実験を行うことではないだろうか。べストセラーとなった前著『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)に続き、近刊『人工知能に哲学を教えたら』(SB新書)が話題の哲学・倫理学者の玉川大学文学部教授・岡本裕一朗氏に話を聞いた。

私は「人工知能は哲学できる」と考えています

 ――哲学書であるにもかかわらず、ベストセラーとなった前著『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)に続いて、近刊『人工知能に哲学を教えたら』(SB新書)が話題です。本書を書かれた動機からお話いただけますか。

▲玉川大学文学部教授 岡本 裕一朗 氏

 岡本裕一朗氏(以下、岡本) 前著では、テクノロジー(科学技術)が世界のあり方や時代を変えるということを基本的視座として、現代の思想、あるいは哲学がどのように変わり始めているかを論じました。今回はそのテクノロジーのなかでも今最も注目されている人工知能に焦点を当て、それが具体的に私たちの生活や考え方をどのように変えていく可能性があるのかをたしかめてみたいと思いました。誤解を恐れずにいえば、私は「人工知能は哲学できる」と考えています。

 本書は、大きく3つの点に注目して書きました。
 1つ目は、哲学的な面から人工知能について考えるということです。

 2つ目は、人工知能の問題は人間の問題であるということです。人間とは、そもそも、どのような能力をもっている存在なのか、そして、人間がつくり出した人工知能の能力によってどれだけのことが可能になるのか、という点です。つまり、言ってみれば、「人工知能(AI)は人間を見つめ直す鏡である」というわけです。今こそ、私たち人類の知性が試されているような気がします。

 3つ目は、人工知能は人間がつくり出したものです。その意味では、人間中心主義(人間が最も進化した存在である)の枠内にあります。しかし、本書では、あくまでも、哲学でいうところの思考実験(頭のなかで想像するだけの実験)ですが、「人間ができることを人工知能ができないはずはない」、つまり、人工知能は人間中心主義を脅かす存在になるかもしれないことも、念頭に置いて書きました。

人工知能が人間を超えるなんてウソである?

 ――人工知能(AI)と現実社会について、少し俯瞰していただけますか。

 岡本 21世紀に入って、とくに2010年ごろを境に、レイ・カーツワイルのシンギュラリティ(技術的特異点)に象徴されるように、「人間の能力を超え、さらには人間を支配する可能性がある」人工知能の能力、存在は人間にとって脅威であるという主張が展開されてきました。

 しかし、ここにきてジャン=ガブリエル・ガルシア(フランスのAI哲学者)の『そろそろ、人工知能の真実を話そう』に象徴されるように、「人工知能なんて、怖れるに足りない」「人工知能より、人間のほうがはるかに優れている」とほとんど今までの対極ともいえる議論が展開されるようになってきています。つまり、今まで右に振り切っていた振り子が、今度は左に振り切られている印象を受けます。私は、この両極端な態度こそが、この問題に対する人類の対処を誤ったものにする可能性があると感じています。

 たとえば「人口の75%が失業する」という識者がいる一方で、「それは誤りである。そんな社会はあり得ない」という識者もいます。前者のような社会が突然現れるとは思わないにしても今、人工知能による失業問題を議論しなくていい、ということにはなりません。現実に、銀行など金融機関においては、人工知能の導入にともない、仕事がなくなり、人員を削減する動きがどんどん進められています、つまり、こういうことが起こり得るかもしれない、その時にはどのような発想で、この事態・現実を理解したら良いのか、という思考実験が今必要だということです。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
岡本 裕一朗(おかもと・ゆういちろう)

 1954年福岡生まれ。九州大学大学院文学研究科修了。博士(文学)。九州大学文学部助手を経て、現在は玉川大学文学部人間学科教授。西洋の近現代思想を専門とするが、興味関心は幅広く、領域横断的な研究をしている。
 著書として『フランス現代思想史―構造主義からデリダ以後へ』(中公新書)、『思考実験―世界と哲学をつなぐ75問』、『12歳からの現代思想』(以上、ちくま新書)、『モノ・サピエンス物質化・単一化していく人類』(光文社新書)、『ネオ・プラグマティズムとは何か―ポスト分析哲学の新展開』、『ヘーゲルと現代思想の臨界―ポストモダンのフクロウたち』、『ポストモダンの思想的根拠―9.11と管理社会』、『異議あり!生命・環境倫理学』(以上、ナカニシヤ出版)、『いま世界の哲学者が考えていること』(ダイヤモンド社)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年03月25日 11:49
NEW!

水素自動車は普及するのか?(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏  最近韓国政府は水素社会の実現を目指し、さまざまな政策を発表している。そのなかでも、水素自動車の普及を促進す...

2019年03月25日 11:18
NEW!

マックスバリュ九州、1割超の店長交代人事 経営統合まで約5カ月

   マックスバリュ九州(株)(福岡市博多区、佐々木勉社長)は21日、同日付の人事異動を発表した。今回移動となったのは27名。大半を占めたのは店長人事で同社が運営する...

2019年03月25日 10:44
NEW!

【福岡市政インサイダー情報】忠犬ソウイチロウの悪ノリ

   高橋留美子さんの名作、『めぞん一刻』(連載は「昭和」時代だったの か……)に出てくる、ヒロインの響子さんが飼っている犬の名前が「惣...

2019年03月25日 10:38
NEW!

郷里の田畑に無数の太陽光パネル~バブル終焉でどうなる遊休地

   年に数度、四国の田舎に里帰りするが、帰るたびに太陽光パネルが増えているように感じる。小中学校時代の通学路は、まさに田園地帯で、農作業をする人の姿が見られた。あ...

2019年03月25日 10:19
NEW!

フジテレビに福岡雙葉出身の女子アナ誕生~東大医学部卒、藤本万梨乃さん

   フジテレビに今春、期待の新人アナウンサーが入社する。東京大学医学部(健康総合科学科)を卒業した藤本万梨乃さんだ。在学中はネット配信番組『AbemaTV』の学生キ...

2019年03月25日 09:55
NEW!

レオパレス問題 検査機関と特定行政庁の罪(前)

  (協)建築構造調査機構 代表理事 仲盛 昭二 氏  Net-I・B 2019 年2 月14 日付の記事 「レオパレス問題・検査員の過失度80%に喝! ...

2019年03月25日 09:31
NEW!

浜松市新市長は水道民営化NOの候補者から選ぶ

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「維新政治」は「安倍政治」そのものであり、「第二自公」が維...

2019年03月25日 07:04

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~糖尿病の予防と治療

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一 糖尿病  糖尿病は、持続的な高血糖、糖尿を呈する代謝疾患で、インシュリンの欠乏や作用障害が...

2019年03月25日 07:01

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(20)

  外国人観光客のニーズを取りこむ民泊事業 大村 浩次 氏  賃貸不動産業は部屋を貸したい人と部屋を借りたい人をつなぐ仕事。モノを共...

2019年03月24日 07:04

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~高血圧予防と治療

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一  高血圧は本態性高血圧が9割以上と言われ 減塩、肥満改善、生活習慣の見直しが必要です。以下のことを実...

pagetop