• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月30日 09:28

公証関係者唖然!公証役場で自ら押印も証書の内容全否定

公証役場で押印する上原氏

 福岡市博多区で産廃処分場を運営する(株)和幸商会が地主からの土地使用許可が得られないため産廃処分業の許可の更新手続きが進まず、10月28日をもって許可を失った。同社は処分場の運営を主業とするため、翌29日以降、事実上の事業停止状態となっている。

 同処分場の経営権をめぐっては、処分業の許可をもつ「和幸商会」と処分場の土地を所有していた「クリーン金隈」の関連2社で現経営陣による取締役会や株主総会の議事録、役員の辞任届の偽造が判明。意に沿わない特定の株主や役員を排除するなどの違法行為が行われていた。(コチラ→「舞台は法廷へ~終わり見えぬ産廃処分場乗っ取り事件」

 産廃処分業の許可期限が目前に迫るなか、関係者の1人が驚くべき内容証明を地主に通知していたことがわかった。「作成した公正証書の内容はすべて撤回する」――そう通知したのは、クリーン金隈の元代表取締役、上原重隆氏だった。

 関係者の話によると、9月中旬、土地所有者である上嶋稔氏は上原氏ら複数人とともに、博多公証役場を訪れ、クリーン金隈が所有していた処分場の土地が上嶋氏に適法に売買されたことを事実とする公正証書を作成した。売買された2016年当時の代表である上原氏が間違いないと認めていることを証明するものだ。また今後、上嶋氏とクリーン金隈との間で紛争が生じた場合は、上原氏が上嶋氏に対し、全面的に協力することも約束されていたのだが…。

 同公正証書には、上原氏本人が公証役場で公証人と立会人の前で自ら押印していた。にもかかわらず、1カ月後に事実を全否定する内容を通知したのだ。「あれだけ協力的だったのに。この1カ月で上原氏に何があったのか」――地主や立会人は不可解な上原氏の行動に唖然とするばかりだという。公証制度に詳しい弁護士は「公証役場で自ら印鑑をついたら、無効は通じないというのが一般的」という見解を示している。

 公正証書とは法律の専門家が、ある事実や事柄の認定に立ち会い作成するもの。法律の専門家である公証人が公証しており、その証拠が公正証書として明確に残っている以上、作成後に錯誤や詐欺や強迫などがあったという主張は認められにくい。上原氏の真意はどこに。

【東城 洋平】

▼関連リンク
・福岡市の産廃業者、許可更新できず 一時閉鎖へ
・舞台は法廷へ~終わり見えぬ産廃処分場乗っ取り事件(前)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月13日 14:17

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(4)NEW!

 TOBは買収の鉄則である。それならば、始めからTOBをすればよかったのに、なぜ今頃になってTOBを仕掛けるのか...

2020年07月13日 12:07

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(2)持ち前の突進力、結果、負の遺産処理は他人任せNEW!

 前回で紹介した3人の先人たちにとっては、自社の事業を拡大できる市場が存在していたことは幸せであった。単純に、攻め続ければ良かったからである...

感染急拡大下旅行推進という狂気の沙汰NEW!

 東京都の感染者数が連日200人を超えて過去最高を更新している。小池都知事は「積極的な検査」の結果だというが、安倍内閣は不必要な検査は行わないとの姿勢を押し通してきた...

(有)え・ん(福岡)/九大キャンパス内でイタリア料理店経営NEW!

 同社は7月9日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。

2020年07月13日 10:51

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(後)NEW!

 7月1日に開催された自民党政務調査会外国人労働者特別委員会では、金融業界での高度人材の受入れについて、議論がなされた...

2020年07月13日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(前)

 建設機械アタッチメントのレンタルや修理・販売を行う油機エンジニアリング(株)。積極的な事業展開を進める同社の強みについて、代表取締役社長・牧田尚起氏に話を聞いた...

2020年07月13日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(前)

 「宗像市は福岡市と北九州市の中間に位置し、両政令市への交通利便性が高いことで、住宅開発が活発に行われ、市としても住みやすいまちづくりに努めてきました...

2020年07月13日 07:00

変貌しつつある大阪港~IRという“バクチ”で儲かるのは誰か?(前)

 IR推進法が国会で成立したのは、2016年12月。17年7月には、IR実施法も成立した。IR推進法は、IRに関する基本法であり、IR実施法はIR推進法第5条に基づく...

2020年07月12日 20:16

【速報】鹿児島県知事選2020:塩田氏が三つ巴制して初当選 三反園県政に県民は「NO」   

 今日、投開票された鹿児島県知事選挙で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が当選を確実にした。 

2020年07月12日 13:53

【鹿児島県知事選2020】塩田氏一歩リード 現職・三反園氏伸び悩む

 今日、投開票が行われる鹿児島県知事選挙の情勢調査で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が一歩リードしていることがわかった。地元紙などが実施した最新の世論調...

pagetop