新しいまちの新しい商工会 九都連が望むまちづくり(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月15日 07:02

新しいまちの新しい商工会 九都連が望むまちづくり(後)

 ――今後の活動展望をお聞かせください。

 横尾 この地区は高校も多いですし、糸島まで含めるとたくさんあります。九大総務部さんとの交流も始まり、九大学術研究都市として、学生さんと連携した活動を考えていきたいですね。あとは、子育て世代をどう取り込んでいくか――。商業と子育ては、密接に関係していると思います。

 山下 まちの方々のニーズをしっかり聞き取りたい。どんなことが求められているのかを聞き取り、把握したうえで、それを基に何ができるのかを考えていけたらと思います。

お食事処まこっちゃん オーナー 大橋 誠  氏

 大橋 まずは九都連の存在を知っていただいたうえで、地域からの要請を知る必要がありますね。

 過去に今宿商工業協同組合でも、駅から降りてくる方を対象にして、商工会の活動についてのアンケート調査を行ったことがあります。その結果を見ると、自分たちが感じていることと住民の意識とが、乖離している部分もありましたね。たとえば、「今宿タイムズ」という新聞を20年ほど出していますが、当人たちは住民の9割くらいが知っていると思っていたのに対し、調査結果では6割くらいしかその存在を知らないわけです。そういう現状のデータ分析をやってみたいなとも思います。

 あとは、学生さんたちを取り込んで何をするか。企業さんとの連携をとって、九都連ならではの取り組みをしていきたいです。

 横尾 域内の各学校の生徒会長を連れてきて、「学生サミット」みたいなのはどうですかね。

 松竹 まちづくりをテーマにした、九大の学生さんたちの会合に参加したことがあります。各エリアを7つくらい分けて、自分たちで開発を計画して発表するようなものでしたが、半数くらいは留学生で、発表も英語でした。そのなかから立ち上がったのが、「周船寺商店街のシャッターに絵を描こう」というプランで、これは実現しました。そういった発表内容から一番良いなと思うところにお金がついて、協賛金を集めて学生のアイデアが実現できたら面白いですよね。交流も含めて、若い方たちの意見交換の場があれば素敵だなと思います。

 横尾 その子たちが、これからのまちをつくっていくんですよね。小学6年生だったら12歳ですから、あと10年もしたら社会に出るわけです。

 瓜生 あと、病院から外をのぞいただけでも、多くの外国人が通りを歩いています。故郷を離れて寂しいと思っている外国の方が気軽に集まれる交流の場とか、日本人であっても「ここで大学生活を過ごせてよかったね」とか、「またあそこに戻って仕事をしたい」と思ってもらえるようなまちづくりができれば良いですね。

さいとぴあ 館長 松竹 恵里子 氏

 松竹 ある方なんかは、幼少期にこの辺りに住んでいて、その後、親の赴任で海外に移り住み、東京に戻ってきて大学を選ぶときに、「絶対に九大」だと思ったそうです。いかに子どもたちを巻き込み、どうかたちにしていくのかは課題ですが・・・。やはり、子どもたちを巻き込むまちづくりが良いと思います。

 横尾 子育て世代の視点でいうと、やはり子どもの学力は気になります。せっかく九大があるのだから、今ここに住み暮らす子どもたちにとっての大学というイメージは、九州大学のはずです。ただし、近くにはありますが、いざ入ろうとすると意外に“遠い”のが九州大学なのですが(笑)。

 大橋 九大効果で学力が上がる地域を目指すのは良いですね。西新でも、修猷館があるからみんな目指しますし。

 松竹 福岡のなかで、百道が「住み暮らしたいまち」として選ばれる理由は、学力が高いという理由もありますしね。この地域の学力が上がれば、自然も豊かですし、さらに魅力的なまちになるんじゃないでしょうか。このまちにとって、「子どもたち」はキーワードだと思います。

 ――最後に、今後のまちづくりへの思いをお聞かせください。

 松竹 さいとぴあは地域の人たちの交流の場として存在していますので、これからも最大限活用していただきたいですね。九都連と地域とが一緒になって、皆さまに喜んでいただけるような場の提供を心がけていきたいと思います。

 大橋 九都連として組織を拡大しながら、学生さんと地域の方を結ぶような活動をたくさん行っていきたいです。九大生が就職をしてこの地を離れても、先々でまたこの地に戻ってきて何かをしたくなるような、魅力あるまちづくりに挑戦したいなと思っています。

 山下 私たち以外の住民の方々も、少なからずこのまちのことを考えられていますので、その気持ちを汲み取って、みんなでつくっていけるようなまちにしたいと思います。

 横尾 糸島半島の玄関口でありたいです。糸島を訪れる人は必ずここを通るほど、それだけの交通の要衝なので、“福岡の西部地区の雄”として認知されるまちづくりを行いたいです。それがいつかは、我々の商売につながるでしょうし、子育てをしていくなかで、誇りあるまちになっていくのだと思います。

 瓜生 我々は商業者の集まりです。そもそもまちに人がいなければ、私たちは商売を成り立たせることができません。そう考えると、やはり人が集まるのは「安全できれいなまち」だと思いますので、卑しい気持ちではなく、仕事とまちづくりがつながっていることを意識しながら、安全できれいなまちを保っていきたいと思います。

(了)
【児玉 崇】
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月03日 17:23

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(前)NEW!

 韓国経済がおかれている環境は、厳しさを増している。まず、昨年から起こっている米中貿易摩擦により、韓国経済は大きなダメージを受けてきた...

2020年08月03日 17:23

日経平均2万2,000円台回復~九州地銀の株価も上昇NEW!

  【表1】を見ていただきたい。日経平均株価の推移表である。 ~この表から見えるもの~ ◆【表3】の通り、7月31日(金)のニューヨーク株式市場におけるダ...

2020年08月03日 17:01

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(1)NEW!

 新型コロナウイルスは「世界の軌道」を止めた。私たちは今避難を余儀なくされ、物質的な考えを止めさせられ、自分が生きることだけを考えている...

2020年08月03日 16:44

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(前)NEW!

 将棋界で18歳の天才棋士、藤井聡、7段が話題を呼んでいる。棋聖戦を史上最年少で制した。瀬戸出身と聞く。筆者の遠い祖先―瀬戸の陶祖・加藤藤四郎景正が開祖した縁のある地...

2020年08月03日 16:32

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(1)NEW!

 「新型コロナウイルス危機」が起こってから、感染拡大防止のために都市封鎖や外出自粛が行われる一方で、経済活動が長期停滞するのを恐れて都市封鎖の解除や外出自粛の緩和が行...

2020年08月03日 16:20

いつまでも住み慣れた地域で 歳を重ねても日常生活を維持できる福岡市に(後)NEW!

 「昨年6月、早良区で高齢者が運転する自動車が交差点に突っ込む事故が発生、それを機に福岡市でも高齢者の運転免許返納が議論されるようになったものの、それでは生活の足をど...

2020年08月03日 15:39

「新型コロナ」後の世界~地方自治、観光、文化活動の行方!(5)NEW!

 「全日本ダンス協会連合会はダンス教師、ダンス教授所の品位の保持と資質の向上、ダンスの普及と技能・知識の向上、青少年の健全なる育成を目的とし活動する公益法人です...

2020年08月03日 15:03

ドラッグストア、寡占化強まる~19年度売上高ランキング 上位6社シェア、6割に迫るNEW!

 ドラッグストアランキング上位7社の2019年度の売上高合計は4兆5,480億円で、日本チェーンドラッグストア協会の調べによる市場規模7兆6,859億円の59.2%を...

2020年08月03日 14:37

(株)イワヰ(愛知)/金属プレス加工

 同社は7月31日、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁から保全処分および監督命令を受けた...

2020年08月03日 13:22

九産大、学生8名が新たに新型コロナに感染、すべてのサークル活動を停止

 2日、九州産業大学は、7月29日時点で新型コロナウイルスへの感染が判明していた学生2名と接触の疑いがある同サークル所属の学生および関係者70名に対するPCR検査の結...

pagetop