• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2018年11月16日付の記事を紹介する。


 では、そんな中国と関税・通商戦争を辞さない構えを見せるアメリカの将来はどうだろうか。ロジャーズ氏に言わせれば、「アメリカに肩入れするのは愚か」ということになる。なぜか。答えは明確だ。「日本は世界最大の債権国です。アメリカはその反対で、世界最悪の債務国、いわゆる経済破綻同然の借金まみれ。日本政府がアメリカ国債を律儀に買い入れていますが、完全に間違っています。ドルを買い支えたり、アメリカ国債を買い増したりするくらいなら、中国に投資すべきです。日本は中国経済の発展や調整の過程で大儲けできるチャンスがいくらでもあります。実に恵まれたポジションにいることは間違いありません。中国脅威論や中国崩壊シナリオをもっともらしく唱える人々もいますが、中国に行ってみて下さい。そんな時代遅れの見方は氷解するでしょう」。

 アメリカの限界を見据えている点ではソロス氏と相通じるものがある。とはいえ、昨今話題の米中の貿易摩擦が第3次世界大戦に発展する可能性については、ロジャーズ氏は即座に否定した。曰く「中国人は賢いですよ。アメリカと事を構えるようなバカなことはしないでしょう。少なくとも今後20年程度はね。これまで一人っ子政策を続けてきたため、戦争ができない国になっているからです。何しろ、どの家も基本的には子どもは1人だけ。大事な1人息子を海外の戦場に送るようなことになれば、それこそ革命が起こります」。

 中国人のメンタリティーを十二分に把握した発言であろう。加えて、同氏曰く「関税の掛け合いや経済制裁の応酬ほど馬鹿げたことはない。過去の歴史を紐解くまでもなく、そうした対立は双方にとってマイナスの結果しかもたらさない」。トランプ大統領と習近平国家主席が耳を傾けてくれればよいのだが。

 さて、ロジャーズ氏はこれから金融の世界に挑戦しようと考えている人々へのアドバイスも語ってくれた。「自分が何をしようとしているのか、分からない時には、何もするな」。これがロジャーズ氏のアドバイスだ。これはソロス氏にも共通すること。ソロス氏曰く「成功するには気分転換が欠かせない。何もしない時間も貴重だ。忍耐力を養うことになる」。

 それでは英気を養った後、市場を理解するためには何をすればいいのか。自分や家族、そして会社や組織を守るのはどうすればいいのか。ソロス氏とロジャーズ氏が口をそろえるのは、「読むこと」の重要性である。もちろん情報収集と称して単に本やネットを漁るということではない。集中力をもって情報源と向き合うことが大事ということだ。

 勝負をかけようとする、狙った世界で定評のある文献は当然だが、同時にマーケットに影響を与えるような一般読者がよく目を通すメディアのチェックも重要となる。こうした情報収集と分析を重ねていくと、あるトレンドが浮かび上がる。そこを押さえた上で、そうしたトレンドの牽引車となる経営者や研究者を訪ね、自分の五感で、投資に値するかどうかの最終判断を下すというのである。

※続きは11月16日のメルマガ版「冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月26日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(3)

 事故直後の一部報道では、宝運丸の走錨時、海上保安庁が2度にわたって警告を発したと報じている。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

pagetop