• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月21日 18:07

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(5) ~日本を憂慮する知識人は多いが「白馬会議に参加して」(前)

11回目を迎えた白馬会議

 「信州白馬に生まれる『ダボス会議空間』へようこそ!」という言葉に惹かれて17、18日の2日間、長野県白馬村で開催された「第11回 2018白馬会議」に参加した。この白馬会議は学界でも、財界セミナーでも、有識者会議でもない。「1人ひとりの“知的個人”がそれぞれの生きざまやバックグラウンド、問題意識をもって北アルプスの麓に集まり、毎日白熱討議を重ねるところにある」(第一回白馬会議開会宣言より)のが、この会議の醍醐味である。

 第1回白馬会議が開催されたのは2008年。リーマン・ショックで世界経済に激震が走った年だ。日本では1990年代前半にバブルが崩壊。2000年を境に銀行が統合されるなどし、景気が回復基調に差しかかった時期にあたる。
ところがアメリカのリーマン・ブラザーズ・ホールディングスの経営破綻に端を発する金融危機、いわゆる「リーマン・ショック」によって日本経済が致命的な打撃を受けるのではないかという危機感が世の中に蔓延するようになった。
 そこで「日本の英知を結集してこの難局に臨もう」と同じ志をもつ同志が、この白馬の地に集まった。

 白馬会議事務局代表の市川周氏は1951年9月生まれ、長野県木曽郡出身、一橋大学経済学部卒業後、三井物産に入社。以降、コンサル業務に携わり一橋総合研究所CEOも兼ねている。
 市川氏は「白馬会議のプリンシプルである『知的相対主義』(主張の異質性を認めあって堂々と議論する)と『知行合一主義』(個々の人間が徒党を組まず自己の認識と判断をもってそれぞれの実践行動のなかで示していく)を堅持することを基本にする」と訴える。
 11回目となる今年の参加者は70名を超えた。今回の反省点として(1)「女性参加者を増やす」(2)「若者を集める策を講じる必要がある」(3)「外国人の参加」という3つが挙げられた。

 市川代表は「まずは毎年1回、白馬にやってきていただき、この会議を好きになった『知的個人』を100人集めようと思っています。それを核にして500人ぐらいの人間がシェラリゾート白馬およびその周辺で、毎年、『集中討議』を展開することが目標です。そうなれば『白馬会議』の討議事項が国内に影響を与えることになるでしょう」と当面の目標について語った。

白馬は遠かった

 会議のスタートは正午からである。白馬に到達するためには福岡空港発の東京行きに乗ったのでは間に合わない。自宅を午前3時半に出て、車を飛ばして北九州空港へと向かう。第1便は午前5時半だ。早朝の同便でも搭乗率は90%以上であろう。
 最近、北九州空港に立ち寄る際に感じるのは「利用者が急増している」ということだ。駐車場に停まっている車の数が半端ではない。この日もすでに500台以上が駐車していた。連泊と思しき車もたくさんあった。

 午前7時すぎに羽田空港に到着。モノレールに乗り、山手線経由で午前8時前に東京駅に着く。北陸新幹線の金沢行きに乗ることにする。金沢までの距離が約400kmと知り「意外に近いんだな」と驚いた。所要時間は約3時間。これほど短時間で行けると知ったインバンウンド客は一路、金沢に押し寄せているとか。金沢からの買い物客も増えているという。一度は「東京から金沢、金沢から東京への新幹線を利用したいものだ」。

 東京発金沢行きの新幹線は予定通り午前8時44分に発車し、長野には午前10時20分ごろ到着した。所要時間は約1時間半だ。長野から白馬駅まではバスを利用。午前10時40分発のバスで、白馬駅には11時20分くらいに着く。ホテルのバスに乗り換えて約10分。ホテルには午前11時40分ごろに着いた。自宅を出てからの総所要時間は8時間10分。「白馬は遠かった」というのが実感だが、ここは休む暇もなく「レッツ・ゴー!!」

 今年の白馬は暖かく、コートは必要ない。海抜3,000mにも迫る白馬山の山頂には雪がなく(翌朝、山頂には降雪があった)、スキー場も営業が始まっていない。今年は暖冬だと予想されているが、どうなることやら。
 長野・信州にくるのは今回で5回目だ。九州の山の標高はせいぜい1,700m程度。一方、アルプスの山々は3,000m前後。見上げていると首が疲れる。とくに駒ケ岳がある南アルプスは険しい峡谷から眺めるしかないので、感覚的には首を真上に向けた体勢で見上げることになる。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)NEW!

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)NEW!

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

pagetop