• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月20日 07:02

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(9)~貴方の老後は貧か富か(2)

日本高齢社会最前線~無縁社会の実相『誰も気にかけない』

大さんのシニアリポート第73回

家族という幻想からの脱却

 「棄老」の最大の原因は、家族関係の崩壊にある。終戦直後の都市部、とくに東京への一局集中化が発端である。上京するということは、地方で培ってきた家族や親戚、仲間という地縁・血縁を壊すことを意味した。上京後も核家族化がそれに追い打ちをかけた。一度壊れた絆を再構築することは不可能に近い。

 日本会議が重視している5つの項目のなかに、「伝統的な家族観の固守」がある。しかしそれはかなりの難題だと思われる。「家族」という考え方を下支えしているのは、「儒教的思想」である。「儒教では、身近なところから、徳を段階的に広げることを教えの原理にしている。まず、社会の基本単位としての『家』があり、家の原理を共同体レベルに広げ、さらに国家にまで拡大することで、『徳治政治』が実現できると説く。儒教が、ときに『家の宗教』とよばれるのもそのためだ。

 では、家の土台をしっかり固めるには、どうすれば良いのか?そこで登場するのが『孝』という考え方だ。『孝』の字が、『老』と『子』とで成ることからでもわかるように、『孝』は本来、老人を養うことを意味していた。つまり、子が親を養い、敬うことが『孝』の基本である」(『常識として知っておきたい日本の三大宗教 神道・儒教・日本仏教』(歴史の謎を探る会 編)というように、日本人の「家・家族」の根底にある思想は儒教の理念そのものなのである。

 「そこから、親が死んだ後も尽くすことが求められるようになり、祖先をまつることも『孝』の一部となった。さらに、祖先の祭祀を続けるには、子孫を絶やさないことが必要である。そこから、子を生み育てることも、『孝』にふくまれるようになった。つまり、『孝』には、『祖先の祭祀』『父母への敬愛』『子孫の繁栄』という3つの側面があることになる」(同)。

 現在、「長幼の序」(年長者と年下とには序列がある)という言葉の意味を理解している人はどれほどいるだろう。「儒教がそもそも、社会の倫理や規範を整えて理想的な社会を築こうとする思想である」(同)ことを考えれば、国家的秩序の維持を最優先させた戦前、「君臣の義」(主君と家臣は正しい義《道徳・倫理にかなっている》で結ばれている)と「長幼の序」とは日常生活に深く浸透していた。

 戦前の「大家族制」は儒教の精神そのものだった。戦後、戦争未体験の団塊の世代までは、それでも“儒教の匂い”を色濃く残した世代だったといえるのかもしれない。しかし、高度成長期以降に生まれた世代には、もはや「長幼の序」は通用しない。「家の宗教」である儒教は、家族そのものが崩壊することによって、その力を喪失していった。

 私は新著のなかで、「家族という幻想からの脱却」「(子どもに)棄てられる前に棄てる」を提案した。決断させたのは、桜井政成さん(立命館大学政策科学部教授 副部長・政策科学)のブログを目にしたからだ。

 「江戸時代以降の伝説のいくつかについては、高齢者が一軒家に集住し、互いに助け合いながら生活し、そして死を迎えたという。すなわち、今でいう『セルフヘルプグループ活動』『コーポラティブハウス』がすでに近世のムラ社会には存在していた可能性が高いのである。

 たとえば柳田国男の『遠野物語』には、『デンデラ野』という地域で、高齢者相互扶助システムが行われていた伝説が掲載されている」(考えるイヌ~桜井政成研究室~)と述べている。このブログを読み、自主運営する「ぐるり」こそが、これから最も必要とされるコーポラティブハウスだと確信している。

 行政のセーフティネットを巧みに利用し、行政の“真意”を見極めつつ、自分たちの強い意思で地域をつくり上げていく。「集合住宅(団地)が住民を殺す」という現実から逃れる方法はそれしかない。

(つづく)

<プロフィール>
大山 眞人(おおやま・まひと)

1944年山形市生まれ。早大卒。出版社勤務の後、ノンフィクション作家。ニュースサイト「NetIB-NEWS」で『大さんのシニアレポート』を連載中。2月に『親を棄てる子どもたち』(仮題・平凡社新書)を刊行予定。近著に、『悪徳商法』(文春新書)、『団地が死んでいく』(平凡社新書)、『騙されたがる人たち』(講談社)など。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月16日 07:00

法人向け定期保険販売再開~確認したい変更点

 2019年6月28日付で、国税庁より「法人税基本通達」などの一部改訂が発表され、法人で加入する定期保険などの保険料に関する経理処理方法が変更となりました。新たな経理...

2019年09月16日 07:00

中国大手デベ万科企業と提携 華東地域のプロジェクトを狙う

 三菱地所(株)は5月、中国の大手デベロッパー「万科企業」と戦略的提携協議書を締結した。中国の一大経済圏で成長著しい長江デルタの不動産開発プロジェクトについて、両社は...

2019年09月15日 07:00

国産めんまの市場を生み出し、放置竹林を再資源化

 日本国内市場で流通するめんまの99%が、中国・台湾産の麻竹(まちく)を原料とするものである。国産の孟宗竹(もうそうちく)に対する需要は限られており、竹が生い茂る里山...

2019年09月14日 07:00

【9/14】第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」開催

 第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」が本日(14日)、天拝山山頂・天拝公園で開催される。

2019年09月14日 07:00

【9/23】「タマスタ筑後ファン感謝デー」開催~福岡ソフトバンクホークス

 福岡ソフトバンクホークスは、タマスタ筑後開催のウエスタンリーグ最終戦(9月23日)の試合終了後、グラウンドを開放して「タマスタ筑後ファン感謝デー」を開催する。

2019年09月13日 17:54

周船寺第1雨水幹線築造工事、11.5億でフジタJVが落札

 福岡市発注の「周船寺第1雨水幹線築造工事」を、(株)フジタ九州支店を代表企業とするフジタ・九州総合・松山建設JVが11億5,448万400円で落札した。

2019年09月13日 17:54

【疑惑まみれの改造内閣】小泉進次郎入閣の打ち上げ花火は世論誘導の姑息な手段

 第4次安倍再改造内閣が発足した翌12日、初入閣で脚光を浴びた小泉進次郎・環境大臣(38)が福島県庁を訪れて内堀雅雄知事と面談した。中間貯蔵施設や復興などについて意見...

2019年09月13日 17:40

9万人の救世主となるか~女性の復職サポート会社

 結婚、妊娠、出産とライフステージが変わるタイミングで離職する女性は以前より減ってはいるものの、第1子の出産を機に4割強が離職(国立社会保障・人口問題研究所「第15回...

2019年09月13日 16:21

【交通取締情報】9月17日、福岡市博多区と北九州市小倉北区で実施

 福岡県警は9月17日(火)、福岡市博多区と北九州市小倉北区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月13日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」9月10日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop