• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月21日 09:33

新しい「姥捨山」の実現を求めて(前)

大さんのシニアリポート第74回

 来年2月に上梓される予定の拙著(平凡社新書)のタイトルが難航し、ようやく決まった。「親を棄てる子どもたち 新しい『姥捨山』のかたちを求めて」となった。最大の問題点は、サブタイトルに入れた「姥捨山」という言葉だった。購読者に、「親を棄てることを奨励しているように受け取られかねない」ということらしい。しかし、「姥捨山」という言葉を抜きにして拙著の真意は伝わらない。

 一昨年春、私が住む地域で2件の「棄老事件」が発生し、そのうちの1件(夫婦)には最後まで関わり続けたということは再三報告してきた。実の子どもがいるにもかかわらず、まったく関わりをもとうとしない。「血のつながりのない私が、なぜ夫婦を看なくてはならないのか」という単純な疑問が上梓を決意させたすべてであった。この親と子の関係はすでに消失していた。つまり、「家族関係」が崩壊しているということだ。こうした現実を、私が住むごく限られたエリアで起きているさまざまな事例を通して、「家族の崩壊」を報告した作品である。

 私は詐欺の研究家でもある。その詐欺の研究家が「オレオレ詐欺」に引っかかってしまったのだから始末に負えない。次男を騙る詐欺師の銀行口座に、20万円という大金を振り込んでしまったのだ。次男に手紙を書いた。「今後このようなことがないように」と注意を喚起したつもりが、逆になじられた。「お父さんの立場もあるだろうから」と不問に付されたものの、後味の悪い結果となった。私は許されたが、「なんで見知らぬ人に大金を渡したんだ」と子どもに攻められ、追い込まれたあげく自殺した父親がいた。子どもには「父親の金は自分のもの。将来もらえるはずの遺産」という思いがあったのだろう。

 葬儀の世界でも「棄老事件」が多発している。懇意にしている葬儀屋からは、「孤独死者の身元が判明しても、遺体の引き取りを拒否する子どもが多い」と聞いた。なかには、「無縁仏として処理してほしい」という子どももいる。「あなたという身内がいるじゃないですか」といっても、「家族を棄てるような親は親じゃない」といって、一方的に電話を切られたと葬儀屋は嘆いた。「全国の政令指定都市で2015年度に亡くなった人の約30人に1人が、引き取り手のない無縁仏として自治体に税金で弔われていたことが、毎日新聞の調査でわかった。政令指定都市で計約7400柱に上り、10年でほぼ倍増。大阪市では9人に1人が無縁だった。死者の引き取りを拒む家族の増加や埋葬費用を工面できない貧窮層の拡大が背景にあり、都市部で高齢者の無縁化が進む実態が浮き彫りになった」(平成29年7月16日「毎日新聞」ネット配信)という具合である。

 この「棄老」という現象は、最も必要(親として子どもへの期待)とされるはずの“介護の現場”に限定すると、とんでもない現実が待ち構えていた。「PRESIDENT Online」(平成26年12月21日)に、“ベスト・ケアマネージャー”と称するFさんが、「親が介護になっても他人事みたいな感じで、そう深刻に受け止めず、我々介護サービス業者に介護を丸投げする人が結構いるんですよね」と証言している。「家族の2人に1人が“拒否・放棄”(ネグレクト)する」時代だそうだ。

 このことを、3年前の春、介護資格取得を目指し専門学校に通学し、現在介護施設に勤務しながら大学の通信教育を受けている妻(当時66歳)が、「間違っていないと思う。実習先の施設でも、面会ノートが真っ白。来ても月に1~2回程度。入所者の多くが、施設(という姥捨山)に捨てられたと感じてしまうことが少なくない」と漏らした。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

「れいわ新選組」経済政策公約歩みと今後の課題NEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は教条主義の下で消費税増税に突き進むことは悪政の代表であると訴えた8月...

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

pagetop