• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月07日 11:59

世界のビジネスに革命をもたらすか?ブロックチェーン技術の可能性(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2019年1月4日付の記事を紹介する。

 新たな年が開幕した。このところ環境問題や自然災害が猛威を振るっているが、国家間の対立、覇権争いも激化する一方である。そんな中、国際関係やビジネスのあり方を一変させる可能性を秘めた技術開発が進む。その主役の名は「ブロックチェーン」。日本ではビットコインと勘違いしている向きもあるようだが、投機的な仮想通貨が流行った背後にブロックチェーン技術が活用されたことは間違いない。

 しかし、ブロックチェーン技術はあくまで中立な性格であり、無限の可能性を秘めたもの。ビットコインは一攫千金を狙う欲望に巻き込まれ、大いなる破たんを経験することになったが、ブロックチェーンに関する技術の研究開発は着実に進化を遂げている。実は、昨年末、南米チリのブエノスアイレスで開催されたG20首脳会議では米中間の関税・貿易対立の解消が焦点となったが、隠されたテーマが仮想通貨とブロックチェーンの行方であった。

 というのも、アメリカのトランプ大統領が脅威と受け止め、その行く手を阻もうと躍起になっている中国の習近平国家主席肝いりの「一帯一路」計画の神髄こそが「ブロックチェーン技術を駆使した新たな金融メカニズムの構築」に他ならないからである。

 中国を最大の脅威と位置付けるトランプ政権では日本をはじめとする同盟国に対し、「一帯一路に対抗するため」と称して、「インド太平洋インフラ整備基金」の創設を呼び掛けている。昨年、来日したアメリカのペンス副大統領は安倍首相に働きかけ、この基金創設のために6兆円の資金提供を要請したことは記憶に新しい。

 しかし、トランプ政権の「一帯一路」に対する認識は片手落ちで誤っている。なぜなら、習近平国家主席が思い描いているのは、鉄道、高速道路、港湾などハードのインフラ整備によってアジアとヨーロッパ、アフリカや中南米を一体化させることに止まらず、あらゆるビジネスに関するソフト面でのルールの確立に焦点が定められているからだ。

 言い換えれば、アメリカが戦後のブレトンウッズ体制の下で確立してきた国際基軸通貨ドルに代わる、ユーロでも日本円でも、また人民元でもない、まったく新たな仮想通貨(暗号資産)の確立こそが、中国の秘めたるゴールなのである。この点に関する理解や分析がアメリカでも日本でも決定的に欠けている。

 「第二のドバイ」と異名をとる中央アジアのアゼルバイジャン。カスピ海と黒海を股にかけ、原油や天然ガスの開発とパイプラインを通じた輸出で豊かな経済を追求している国だ。実は、中国の推進する「一帯一路」計画にとっては中国とヨーロッパを結ぶ中継点に位置するため、極めて重要な役割を担っている国でもある。中国からは油田開発に関する資金や人材に加えて、ブロックチェーンに関する新興企業やエンジニアが押しかけている。

※続きは1月4日のメルマガ版「世界のビジネスに革命をもたらすか?ブロックチェーン技術の可能性(前編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センターNEW!

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)NEW!

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

2020年06月04日 15:16

「6・4」天安門事件31周年 香港は追悼集会が禁止に

 6月4日で1989年の天安門事件から31周年を迎える。中国では事実上、同事件に関する活動は禁止されているが、香港で翌1990年以降毎年6月4日に追悼活動が行われてき...

2020年06月04日 14:43

【学歴詐称疑惑】再燃!女帝の学歴をめぐる疑惑~小池都知事の「カイロ大首席卒業」は本当か

 18日告示の「東京都知事選(7月5日投開票)」がようやく動き出した。ホリエモンこと堀江貴文氏の出馬も取り沙汰されるなか、過去2回の都知事選出馬経験がある宇都宮健児弁...

pagetop