五輪後もインフラ需要で堅調 資格取得でキャリアアップを!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月13日 07:03

五輪後もインフラ需要で堅調 資格取得でキャリアアップを!

 今の建設業界は、「技術者は減っているが、収益が伸びている」状況にあります。建設業の利益を押し上げた主な要因としては、2020年に向けた五輪需要や東日本大震災の復興需要のほか、建設コストを抑制できたことによる工事採算の改善、外国人観光客の増加にともなう建築ラッシュなどが挙げられます。

 一方で、「2020年を過ぎれば、この好景気は終わるのではないか?」というような、技術者や経営層の不安の声も聞こえます。しかし、日本の社会インフラは1960年代以降の高度経済成長期に、鉄道や道路、上下水道、橋、学校などが一斉に建設されています。そして、その多くが耐用年数とされる50年を越えており、本来ならば建替えの時期を迎えているのです。道路橋、トンネル水門など河川管理施設は、東京オリンピック後の23年には、半数近くが50年以上経過します。港湾施設も、33年には半数以上が50年を経過することになります。こうしたインフラの将来の維持管理・更新費として、23年度は4.3~5.1兆円、33年度は4.6~5.5兆円を見込んでいます。つまり今後も、少子高齢化にともなうインフラ整備を含めた事業などが展開されることとなります。

 こうした背景によって現在、現場に出ることのできる技術者であれば、かなりの高給が期待できる状況になってきています。ある調査によると、実際に施工管理技士など建設技術者の給与はすでに上昇傾向にあり、「全業種」の平均年収が約620万円に対し、建設業は唯一700万円を超え、建設業界の年収アップが止まらない状況が続いています。30~40代でも、やる気と協調性があれば建設業の技術者として転職し、資格取得と実務経験を得ることで、50~60代になったときには数百万円、数千万円まで年収を上げることが期待できます。さらに健康であれば、70代以降も現役で働くことも可能です。また企業の多様化にともない、現場手当のほかにも、1級施工管理技士などの資格手当を基本給にプラスして支払っている会社が多くなっています。

 ただし、このような好景気の恩恵を受けていない施工管理技士も、まだまだ存在しているのが現状です。個々の会社の規模や諸事情もありますが、会社の環境整備が悪く、不当な評価をされている事例も数多く報告されています。環境整備を経営側だけに任せるのではなく、雇用側も改善対策を打ち出し、全社員で改善することも必要です。それでも会社が環境の変化を受け入れないときは、正当な評価をしてくれる企業に転職することで、年収アップも可能でしょう。また、1級施工管理技士は監理技術者になれるため、工事の規模を問わず監理することができ、キャリアや給料のアップにつながります。現時点で「1級の資格がない」方は、1年でも早く取得することをおすすめいたします。

<プロフィール>
坂口 智美(さかぐち・ともみ)

1972年生まれ、福岡県出身。学卒後、建設業界へ。建設従事者からの「国家資格は、独学ではなかなか合格できない」という声がきっかけとなり、2001年に工事監理技術者養成センターを大阪で設立。主に出張講習を全国展開し、14年には拠点を福岡(本社)と沖縄(営業所)に移し、社名を(株)建設技術者養成センターに変更。同センターは、生講義で行うことにこだわり、受講生の合格率は90%を超える。(株)建設技術者養成センター代表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月27日 16:30

Zoomが中国で利用規制~新規の無料ユーザー登録が不可にNEW!

 ここ数日、中国において、「Zoom」の無料ユーザーがログインできない事態が生じている。24日、記者が日本、中国、香港の友人たちとZoomで会話をしようとしたところ、...

2020年05月27日 16:10

緊急事態宣言全面解除 「新しい生活様式」46ヶ条の総まとめNEW!

 「新しい生活様式」とは何か! すでに実践済みとは思いますが、改めて政府が唱える46項目の「新しい生活様式」を掲載します

名ライオンズマン・和田耕司氏のライオンズクラブ「惜別の辞」NEW!

 和田耕司ライオンより、ライオンズクラブ脱会にあたっての「惜別の辞」が送られてきた...

2020年05月27日 13:36

【BIS論壇No.322】コロナ後の日本、世界経済予測NEW!

 今回のコロナパンデミックは2003年のサーズに比べ、グローバル化の加速もあいまって、伝染病が短期間に世界に蔓延。世界の経済活動にかつてない深刻な影響を与えている...

宇都宮健児都知事誕生の可能性

 新型コロナウイルスの人口あたり死者数のデータを見ると地域差が歴然としている...

2020年05月27日 11:26

春日市温水プール大規模改修、中野建設JVが3.5億円で落札

 春日市発注の、「春日市温水プール大規模改修工事(建築工事)」を、中野建設・キムラJVが3億5,850万円(税別)で落札した...

2020年05月27日 10:56

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(1)

 日本では緊急事態宣言が解除されたが、先行きに対する不安は残ったままだ。そのため、政治家はいうにおよばず、ビジネスの世界でも冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしま...

2020年05月27日 10:18

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(中)

 放射線の話になると、さまざまな単位が出てくるため、以下に簡単に説明しておきたい。原発事故の記事が出ると、多くの読者はこれで訳がわからなくなる...

2020年05月27日 07:00

【書評】『やる気を引き出す言氣の心理学――働き方か生き方改革か』柳平彬著(ぱるす出版)

 著者の柳平氏は、昨今議論されている働き方改革について、より大事なことは1人ひとりの「生き方改革」ではないかと主張する。その理由は人の潜在的な能力を引き出すには...

2020年05月27日 07:00

博多阪急3月期、売上高4.7%減 インバウンド、コロナ禍響く

 エイチ・ツー・オー・リテイリングの発表した2020年3月期決算によると、博多阪急の売上高は...

pagetop