• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月28日 16:22

眠りをテクノロジーで解決する時代へ~ベンチャーと大企業の提携で新事業

良い眠りにつく方法は、睡眠データからわかる

 睡眠不足に悩みがちな現代人にとって、ぐっすり眠れるようになりたい、睡眠不足を解消したいというニーズは切実なもの。こうした潜在的な需要に応えようと、スマートフォンなどのITデバイスが普及した頃から、眠りを最新のテクノロジーで解決することが注目されるようになった。2019年1月23日(水)・24日(木)にUBMジャパンの主催で開催された「ヘルスケアIT 2019」展では、睡眠テクノロジーを健康に役立てる事業構想について、(株)ニューロスペース代表取締役・小林孝徳氏と、事業を提携している企業3社とのパネルディスカッションが行われた。 

 ニューロスペースは、ベッドマットの下に圧力センサーを敷いて眠ることで、心拍数や呼吸、体動などのデータを取得し、睡眠のパターンを把握して良い眠りにつながる方法を提案している。たとえば、残業が続くビジネスマンや育児中のワーキングマザー、トラックのドライバーなどの睡眠のパターンを解析し、良い眠りにつくためには何時に何をしたら良いかを個人のスマートフォンアプリに伝えて、睡眠の質を改善する。また、1人ひとりの睡眠のデータを取得して睡眠のタイミングがわかると、日中のいつのタイミングで眠気が強くなるのかもおおよそ特定できるのだという。

ANAと提携し「時差ボケ」の解決に取り組む

 近年、ベンチャー企業と大企業の新事業の協業が進んでいる。ベンチャー企業としては、ビジネスの市場を広げて大きな事業の実現が可能になる。大企業としては、企業のなかの新たなイノベーション拠点「出島」として、企画や決済の体制を柔軟にして新分野の事業化のスピードアップを図り、既存事業にはない新規市場への進出を達成するためだ。ANAホールディングス(株)デジタル・デザイン・ラボ、チーフディレクターの津田佳明氏は、ニューロスペースとの提携事業として、海外渡航時の「時差ボケ」の解決を挙げた。

 ANAのイノベーション拠点の「出島」であるデジタル・デザイン・ラボ(DD-Lab)は、同社相談役・大橋洋治氏が発案した「乗ると元気になるヒコーキ」からの時差ボケ調整システムの開発事業に、メンバーのアイデアを重視した柔軟な組織体制で取り組んでいる。

 飛行機に乗り目的地に着いた後、到着地ではベストパフォーマンスを発揮できるかどうかは、たとえばスポーツ選手や国際会議の出席予定者などは特に気に掛けるところ。そのため、国際線では時差ボケを解決し、飛行機に乗って疲れないようにすることが課題といえる。

 現在、ANAはニューロスペースとともに睡眠データを活用して時差ボケを和らげるアプリを開発しており、近年中の実用化を目指している。飛行機の搭乗前、搭乗中、搭乗後のそれぞれのタイミングの光の浴び方、食事のとり方、睡眠・仮眠の取り方、体の動かし方など、具体的なアドバイスをスマートフォンの「時差ボケ調整アプリ」でユーザーに知らせるという。ANAは研究開発部門をもたない企業だが、サービスを実証できる場があるため、他社と協業するオープンイノベーションにより新規サービスの実用化を図っている。

東京電力は、ホームオートメーション分野で睡眠テクノロジーを活用

 東京電力グループ企業のTEPCO i-フロンティアズ(株)代表取締役副社長・菊池英俊氏も、ニューロスペースと睡眠改善で協業する。親会社の東京電力エナジーパートナーは電気やガスのエネルギーを提供する企業だが、電気・ガスともに自由化された。過当競争により既存事業に安住できないとの観点から、電気やガスを販売する会社から暮らしのなかで人々にベネフィットを提供する会社にシフトする。

 企業としてどのような価値を生み出していくかという点で、外部のエコシステムであるベンチャーと協業し、イノベーション拠点の「出島」としてTEPCO i-フロンティアズ(株)を2017年に設立した。出資比率は、東京電力エナジーパートナー50%、事業開発のコンサルティング会社の㈱ICMG 50%。新規事業のスピーディーな実現を目指す。

 具体的には、家電製品がITでつながるホームオートメーション分野で睡眠テクノロジーを利用する。たとえば、1人ひとりが熟睡できる環境になるように、照明や音やエアコンを人工知能(AI)でコントロールする。住宅やマンション、介護施設、病院などの快眠パッケージとして東京電力グループで事業化し、市場の投入を目指している。

東急スポーツオアシスはエクササイズと眠りの相乗効果を狙う

 (株)東急スポーツオアシス・ホームフィットネス事業本部のゼネラルマネージャー竹尾賢二氏は、フィットネスへの睡眠データ活用を図る。近年、東急オアシスは健康データのフィットネスへの活用を開始した。従来のジムに通う方法のほかに、2002年から自宅や職場でできるホームフィットネス事業を開始。ウェブジム(ウェブGYM)は、スキマ時間で場所や時間を問わずにジムができるスマートフォンのアプリだ。数百種類以上のエクササイズメニューで、アンドロイド版は2017年のベストアプリに選ばれている。

 今年1月からは「ウェブジム ライブ」(ウェブGYM LIVE)と呼ばれる、自宅にいながらインストラクターのバイクレッスンをリアルタイムに受けられるサービスを開始した。東急スポーツクラブオアシスでは、ジムや日常生活で運動データを取得してフィットネスや健康の成果として活用しているが、利用者がどのような睡眠をとってきたかがわからなかった。エクササイズやトレーニングの運動データと睡眠データを合わせて利用し、効果的に健康になれるサービスを提供する。

<プロフィール>
石井 ゆかり

みどりの宇宙(株) 経営コンサルタント。筑波大学卒業。京都大学農学研究科修士課程修了。ヘルスケア関連メーカーに勤務後、人の健康と企業の発展に貢献したいという想いから、経営コンサルタントとして中小企業の経営支援を行っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop