• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 16:45

激突!伊藤忠がデサントに敵対的TOBへ まず、デサントの御曹司を担ぐ「番頭4人組」の追放だ!(前)

 伊藤忠商事は1月31日、スポーツ用品大手デサントに対するTOB(株式公開買い付け)を始めた。伊藤忠は現在、30.44%を保有する筆頭株主。TOBは3月14日まで、1株あたりの買い付け価格は、デサント株の前日終値(1,871円)の約1.5倍となる2,800円。取得総額は約200億円。デサントの重要案件への拒否権を得られる「3分1」超の株式取得で、最終的には40%の保有をめざす。


経営陣の刷新を求める

 伊藤忠の狙いはどこにあるのか。読売新聞オンライン(2月1日付)は、こう報じた。

 〈伊藤忠の小関秀一専務執行役員は31日午後、大阪市内で報道陣の取材に応じ、創業家出身の石本雅敏社長が主導するデサント経営陣への不信感をあらわにした。伊藤忠は、TOB完了後、デサントの取締役を10人から6人程度に減らし、社外取締役の2人を除いて伊藤忠とデサント側で2人ずつを要求する方針だ。

 TOBの直接の引き金となったのは、デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)。昨年11月にデサントから打診を受けたが、「巨額の借り入れをしてまでやる利点がない」(小関氏)として反対し、TOBへと判断が傾いたという〉

 狙いがはっきり見えてくる。伊藤忠に叛旗を翻した「番頭4人組」の追放だ。デサントの10人の取締役はこうなっている。

【デサントの取締役】
会長             中村一郎(63)            前伊藤忠商事専務執行役員
社長             石本雅敏(56)            創業家3代目
専務執行役員(最高製品責任者)田中嘉一(61)           
常務執行役員         三井久(64)              デサントジャパン社長           
常務執行役員(最高戦略責任者)羽田仁(63)          
常務執行役員(最高財務責任者)辻本謙一(63)
常務執行役員         金勲道(50)              韓国デサント社長
取締役            清水源也(57)            伊藤忠商事執行役員
社外取締役          井伊雅子(56)          一橋大学国際・公共政策大学院教授
社外取締役          朱 殷卿(56)           コアバリューマネジメント社長

 伊藤忠の人事構想は、田中専務、三井常務、羽田常務、辻本常務を更迭し、デサント側は石本社長と金常務の2人、伊藤忠側は中村会長と清水取締役の2人にするというもの。最大の狙いが「番頭4人組」の追放にあることがわかる。

岡藤会長の恫喝テープ

 TOBの直接の引き金になったのは、「デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)」と伊藤忠の小関専務執行役員は語っているが、いささかきれいごとすぎる。本当は、ドロドロした生臭いものだ。

 『週刊文春』(2018年11月1日号)が、『伊藤忠のドン岡藤会長の“恫喝テープ” デサント社長に「商売なくなるで」』という暴露記事を掲載した。

 両社のトップ会談は2018年6月25日、東京・青山の伊藤忠東京本社で行われた。デサント側が株主総会後の恒例の決算報告に訪れた。伊藤忠からは岡藤正広会長兼CEOと小関秀一専務執行役員・繊維カンパニープレジデント、デサントからは石本雅敏社長と三井久常務執行役員が出席した。

 デサントは連結売上高で約5割、営業利益で大半を韓国事業が占める。伊藤忠は市場規模の小さい韓国に依存するのは危険と判断し、経済成長が著しい中国市場を開拓するよう求めてきた。しかし、デサントは忠告を無視。韓国頼みの経営は相変わらずで、中国事業の取り組みは遅れている。それが伊藤忠のドン、岡藤会長を苛立たせていた。石本社長の顔を見るや、岡藤会長の怒りが炸裂した。

 「文春」によると、こんなやりとりだったという。

 岡藤「伊藤忠の信用だけで借りてな、『独立独歩でやります』と。ここまでナメられたら、やってられへん。俺のことを馬鹿にしているのかというとるがな」「(株を)売るとしたらライバル会社か中国かファンドやわな。それしかないわな。そうやろ?」

 石本「この1年の間に、(株を)増やすか減らすかを必ず決めるということですか?このまま一緒に何かをやっていくことを考えるのではなく、増やすか減らすのかどちらかということですか?」

 デサントは伊藤忠の信用をバックに商売ができているのに、持ち株が25%という中途半端な状態で、経営にグリップが利かない。なのに何かあったら伊藤忠が責任をかぶるのはおかしい。これが岡藤会長の主張だ。
  現状維持を主張する石本社長に、岡藤会長は経営体制についても言及した。

 岡藤「今の経営体制っていうのは、それはもう、会社の社長としたら我々は認められないわ、な?」

 石本「なぜ私がこのまま経営者でやっていくのが認められないのですか?」 

 2人の主張は平行線をたどり、ケンカ別れで終わった。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop