• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 16:45

激突!伊藤忠がデサントに敵対的TOBへ まず、デサントの御曹司を担ぐ「番頭4人組」の追放だ!(前)

 伊藤忠商事は1月31日、スポーツ用品大手デサントに対するTOB(株式公開買い付け)を始めた。伊藤忠は現在、30.44%を保有する筆頭株主。TOBは3月14日まで、1株あたりの買い付け価格は、デサント株の前日終値(1,871円)の約1.5倍となる2,800円。取得総額は約200億円。デサントの重要案件への拒否権を得られる「3分1」超の株式取得で、最終的には40%の保有をめざす。


経営陣の刷新を求める

 伊藤忠の狙いはどこにあるのか。読売新聞オンライン(2月1日付)は、こう報じた。

 〈伊藤忠の小関秀一専務執行役員は31日午後、大阪市内で報道陣の取材に応じ、創業家出身の石本雅敏社長が主導するデサント経営陣への不信感をあらわにした。伊藤忠は、TOB完了後、デサントの取締役を10人から6人程度に減らし、社外取締役の2人を除いて伊藤忠とデサント側で2人ずつを要求する方針だ。

 TOBの直接の引き金となったのは、デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)。昨年11月にデサントから打診を受けたが、「巨額の借り入れをしてまでやる利点がない」(小関氏)として反対し、TOBへと判断が傾いたという〉

 狙いがはっきり見えてくる。伊藤忠に叛旗を翻した「番頭4人組」の追放だ。デサントの10人の取締役はこうなっている。

【デサントの取締役】
会長             中村一郎(63)            前伊藤忠商事専務執行役員
社長             石本雅敏(56)            創業家3代目
専務執行役員(最高製品責任者)田中嘉一(61)           
常務執行役員         三井久(64)              デサントジャパン社長           
常務執行役員(最高戦略責任者)羽田仁(63)          
常務執行役員(最高財務責任者)辻本謙一(63)
常務執行役員         金勲道(50)              韓国デサント社長
取締役            清水源也(57)            伊藤忠商事執行役員
社外取締役          井伊雅子(56)          一橋大学国際・公共政策大学院教授
社外取締役          朱 殷卿(56)           コアバリューマネジメント社長

 伊藤忠の人事構想は、田中専務、三井常務、羽田常務、辻本常務を更迭し、デサント側は石本社長と金常務の2人、伊藤忠側は中村会長と清水取締役の2人にするというもの。最大の狙いが「番頭4人組」の追放にあることがわかる。

岡藤会長の恫喝テープ

 TOBの直接の引き金になったのは、「デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)」と伊藤忠の小関専務執行役員は語っているが、いささかきれいごとすぎる。本当は、ドロドロした生臭いものだ。

 『週刊文春』(2018年11月1日号)が、『伊藤忠のドン岡藤会長の“恫喝テープ” デサント社長に「商売なくなるで」』という暴露記事を掲載した。

 両社のトップ会談は2018年6月25日、東京・青山の伊藤忠東京本社で行われた。デサント側が株主総会後の恒例の決算報告に訪れた。伊藤忠からは岡藤正広会長兼CEOと小関秀一専務執行役員・繊維カンパニープレジデント、デサントからは石本雅敏社長と三井久常務執行役員が出席した。

 デサントは連結売上高で約5割、営業利益で大半を韓国事業が占める。伊藤忠は市場規模の小さい韓国に依存するのは危険と判断し、経済成長が著しい中国市場を開拓するよう求めてきた。しかし、デサントは忠告を無視。韓国頼みの経営は相変わらずで、中国事業の取り組みは遅れている。それが伊藤忠のドン、岡藤会長を苛立たせていた。石本社長の顔を見るや、岡藤会長の怒りが炸裂した。

 「文春」によると、こんなやりとりだったという。

 岡藤「伊藤忠の信用だけで借りてな、『独立独歩でやります』と。ここまでナメられたら、やってられへん。俺のことを馬鹿にしているのかというとるがな」「(株を)売るとしたらライバル会社か中国かファンドやわな。それしかないわな。そうやろ?」

 石本「この1年の間に、(株を)増やすか減らすかを必ず決めるということですか?このまま一緒に何かをやっていくことを考えるのではなく、増やすか減らすのかどちらかということですか?」

 デサントは伊藤忠の信用をバックに商売ができているのに、持ち株が25%という中途半端な状態で、経営にグリップが利かない。なのに何かあったら伊藤忠が責任をかぶるのはおかしい。これが岡藤会長の主張だ。
  現状維持を主張する石本社長に、岡藤会長は経営体制についても言及した。

 岡藤「今の経営体制っていうのは、それはもう、会社の社長としたら我々は認められないわ、な?」

 石本「なぜ私がこのまま経営者でやっていくのが認められないのですか?」 

 2人の主張は平行線をたどり、ケンカ別れで終わった。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 20:51

福岡県が博多区の一部に高齢者等避難開始 北九州市ほか5市町にはレベル4の警戒情報発令NEW!

   福岡県は、降り続く大雨のため、警戒対象地域では土砂災害の危険度が高まっているとして北九州市、飯塚市、中間市、宮若市、水巻町、小竹町に警戒レベル4相当となる土砂災...

2019年07月18日 17:43

まちかど風景・博多区築港本町~旧・博多マリンホテルが今秋リニューアルオープン

 福岡市博多区築港本町4丁目にあった旧・博多マリンホテルが、今秋リニューアルオープンすることがわかった。

2019年07月18日 17:12

18日の日経平均株価大幅安〜終値は前日比▲422.94円の21,046.24円

 本日7月18日の東京株式市場における日経平均株価は、前日比▲422円94銭(▲1.97%)と大幅に下げ、終値は2万1,046円24銭だった。安値は2万993円44銭...

庶民の暮らし完全破壊する安倍消費税増税

 参院選に向けて安倍自公内閣は消費税増税の方針を掲げている。消費税の税率が10月から10%に引き上げられる。一部品目の税率は8%に据え置かれる。税率は10%の新税率と...

2019年07月18日 16:00

【裁判事件簿】産廃処分場の運営をめぐる保証金1億円返還請求

 広島県と福岡県の産業廃棄物処理業者2社が、山口県内で最終処分場を運営する同業者に対し、1億円の保証金返還を求める裁判が福岡地裁で進行中だ。

2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小...

2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへ...

2019年07月18日 13:52

【宇美町】人が輝き、地域が輝く 自然と賑わいが融合した町へ

  重要な交通インフラ拠点の1つ、JR香椎線「宇美駅」 面積・人口は糟屋郡で3位、炭鉱町からベッドタウンへ  宇美町は糟...

2019年07月18日 13:38

【追悼】非常に悔いが残るお別れ、松本組専務・平島義和氏

 16日午前中、松本組から「平島義和専務が急逝」というファックスが流れてきた。筆者は「嘘だろう!何かの間違いではないか」と、このファックスの内容に疑念を抱いた。なぜな...

2019年07月18日 13:22

大塚市長に聞く、新「ふるさと納税」再申請をひかえた直方市の課題と今後~福岡県直方市

 今年6月1日からスタートした、「ふるさと納税」新制度。直方市は総務省より「不適切な寄付集め」との指摘を受け、税制優遇期間が6月から9月までの4カ月に指定を受けた43...

pagetop