• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 16:45

激突!伊藤忠がデサントに敵対的TOBへ まず、デサントの御曹司を担ぐ「番頭4人組」の追放だ!(前)

 伊藤忠商事は1月31日、スポーツ用品大手デサントに対するTOB(株式公開買い付け)を始めた。伊藤忠は現在、30.44%を保有する筆頭株主。TOBは3月14日まで、1株あたりの買い付け価格は、デサント株の前日終値(1,871円)の約1.5倍となる2,800円。取得総額は約200億円。デサントの重要案件への拒否権を得られる「3分1」超の株式取得で、最終的には40%の保有をめざす。


経営陣の刷新を求める

 伊藤忠の狙いはどこにあるのか。読売新聞オンライン(2月1日付)は、こう報じた。

 〈伊藤忠の小関秀一専務執行役員は31日午後、大阪市内で報道陣の取材に応じ、創業家出身の石本雅敏社長が主導するデサント経営陣への不信感をあらわにした。伊藤忠は、TOB完了後、デサントの取締役を10人から6人程度に減らし、社外取締役の2人を除いて伊藤忠とデサント側で2人ずつを要求する方針だ。

 TOBの直接の引き金となったのは、デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)。昨年11月にデサントから打診を受けたが、「巨額の借り入れをしてまでやる利点がない」(小関氏)として反対し、TOBへと判断が傾いたという〉

 狙いがはっきり見えてくる。伊藤忠に叛旗を翻した「番頭4人組」の追放だ。デサントの10人の取締役はこうなっている。

【デサントの取締役】
会長             中村一郎(63)            前伊藤忠商事専務執行役員
社長             石本雅敏(56)            創業家3代目
専務執行役員(最高製品責任者)田中嘉一(61)           
常務執行役員         三井久(64)              デサントジャパン社長           
常務執行役員(最高戦略責任者)羽田仁(63)          
常務執行役員(最高財務責任者)辻本謙一(63)
常務執行役員         金勲道(50)              韓国デサント社長
取締役            清水源也(57)            伊藤忠商事執行役員
社外取締役          井伊雅子(56)          一橋大学国際・公共政策大学院教授
社外取締役          朱 殷卿(56)           コアバリューマネジメント社長

 伊藤忠の人事構想は、田中専務、三井常務、羽田常務、辻本常務を更迭し、デサント側は石本社長と金常務の2人、伊藤忠側は中村会長と清水取締役の2人にするというもの。最大の狙いが「番頭4人組」の追放にあることがわかる。

岡藤会長の恫喝テープ

 TOBの直接の引き金になったのは、「デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)」と伊藤忠の小関専務執行役員は語っているが、いささかきれいごとすぎる。本当は、ドロドロした生臭いものだ。

 『週刊文春』(2018年11月1日号)が、『伊藤忠のドン岡藤会長の“恫喝テープ” デサント社長に「商売なくなるで」』という暴露記事を掲載した。

 両社のトップ会談は2018年6月25日、東京・青山の伊藤忠東京本社で行われた。デサント側が株主総会後の恒例の決算報告に訪れた。伊藤忠からは岡藤正広会長兼CEOと小関秀一専務執行役員・繊維カンパニープレジデント、デサントからは石本雅敏社長と三井久常務執行役員が出席した。

 デサントは連結売上高で約5割、営業利益で大半を韓国事業が占める。伊藤忠は市場規模の小さい韓国に依存するのは危険と判断し、経済成長が著しい中国市場を開拓するよう求めてきた。しかし、デサントは忠告を無視。韓国頼みの経営は相変わらずで、中国事業の取り組みは遅れている。それが伊藤忠のドン、岡藤会長を苛立たせていた。石本社長の顔を見るや、岡藤会長の怒りが炸裂した。

 「文春」によると、こんなやりとりだったという。

 岡藤「伊藤忠の信用だけで借りてな、『独立独歩でやります』と。ここまでナメられたら、やってられへん。俺のことを馬鹿にしているのかというとるがな」「(株を)売るとしたらライバル会社か中国かファンドやわな。それしかないわな。そうやろ?」

 石本「この1年の間に、(株を)増やすか減らすかを必ず決めるということですか?このまま一緒に何かをやっていくことを考えるのではなく、増やすか減らすのかどちらかということですか?」

 デサントは伊藤忠の信用をバックに商売ができているのに、持ち株が25%という中途半端な状態で、経営にグリップが利かない。なのに何かあったら伊藤忠が責任をかぶるのはおかしい。これが岡藤会長の主張だ。
  現状維持を主張する石本社長に、岡藤会長は経営体制についても言及した。

 岡藤「今の経営体制っていうのは、それはもう、会社の社長としたら我々は認められないわ、な?」

 石本「なぜ私がこのまま経営者でやっていくのが認められないのですか?」 

 2人の主張は平行線をたどり、ケンカ別れで終わった。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月04日 10:00

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(後)NEW!

 カルロス・ゴーン氏が「有事」のリーダーとして、修羅場で鬼と化したのは、権力を集中する凄まじいまでの我欲にあった。猛禽類のような鋭い目をしたカルロス・ゴーン氏を、あく...

2020年06月04日 09:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(後)NEW!

 既製杭は工場で所定の長さで製造され現場に運ばれてくる。杭を埋設する孔を掘削した際に、想定より浅い岩盤や地中障害物などにあたり、所定の深さまで掘削できない場合がある。...

2020年06月04日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(中)NEW!

 では、イオンがどのようにして現在の姿になったのか簡単に見ておこう。 イオンの源流の1つが岡田屋(三重県)だ。七代目である岡田卓也氏(現・イオン名誉会長相談役)が19...

2020年06月04日 07:00

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(後)NEW!

 無論、すべてがテレワークで完結できるわけではない。自社がテレワークを導入しても、取引先が対応していない場合は、どうしても来客対応やFAXで届くマイソクの確認などの必...

2020年06月04日 07:00

四国新幹線「ないのがおかしい」(後)NEW!

 四国新幹線は四国だけで盛り上がっているように見えるが、他の地域でも取り組みがないわけではない。国やJR西日本は、新大阪駅を新幹線ネットワークのハブとするため、地下に...

2020年06月03日 17:14

【コロナに負けない(45)】地域への感謝と現場の責任感。「ありがとう基金」に1,000万円~フードウェイグループ

 スーパーチェーンや精肉小売を手がけるフードウェイグループは5月28日、福岡市の「ありがとう基金」に1,000万円を寄託した...

2020年06月03日 16:40

『脊振の自然に魅せられて』「カマツカの花と感動の対面」

 雨の縦走路をさらに進む。あの花に会えるだろうか、期待が膨らむ...

2020年06月03日 16:30

【コロナと対峙する企業】日産自動車~赤字6,712億円は、カルロス・ゴーンの「負の遺産」の清算だ!「平時リーダー」の内田誠社長は「有事リーダー」のゴーン前会長を超えることができるか(前)

 日産自動車の2020年3月期の連結決算は、最終損益が6,712億円の赤字となった。経営難に陥り、カルロス・ゴーン前会長が再建にとりかかった2000年3月期の最終赤字...

2020年06月03日 15:56

日本建築検査研究所への反論~ベルヴィ香椎6番館問題

 日本建築検査研究所(以下「検査研」)からデータ・マックス(以下「DM」)にベルヴィ香椎6番館の記事についてのメールが送られてきた。以下にこのメールについて反論してい...

2020年06月03日 15:30

杭に関する施工偽装!杭の不適切な切断とデータ偽装!(前)

 Net I・B Newsでは、愛知県名古屋市営住宅において杭が施工されていなかった事例を報じたが、元杭工事関係者から杭の不正に関する情報が寄せられた。その内容は、「...

pagetop