• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月13日 07:01

更年期を正しく理解し、健康増進の重要性を理解してもらうことが大切(4)

NPO法人更年期と加齢のヘルスケア 理事長 小山 嵩夫 氏

 ―学会独自の評価方法をつくるということですが、「ヒト試験」を実施していくということでしょうか。
 小山 まずは摂取前後を比較する簡単な摂取試験を行うことを考えています。数年前に、メノポーズカウンセラーが自らサプリメントを摂取してみて、その体感から製品の善し悪しを評価するという試験を行いました。最初の摂取試験では、市販歴が長く誰もが知っているローヤルゼリーとゴマ抽出エキスを対象としました。

 トライするモニターは20名で、2カ月間摂取してもらいました。プラセボを設定しませんでしたので当然、有意差は出ませんが、データよりも学会として何らかのかたちで評価していこうという流れをつくることが重要だと考えたのです。モニターになった人のなかで普段、持病があるなどの理由で薬を服用している人は、そのまま服用し続けてもらいました。

 評価は、更年期スコア(簡略更年期指数:SMI)に沿って行いました。学会内からは、「有意差を出すような試験をやらなければ意味がない」といった意見もありましたが、それは将来の課題として、まずは摂取試験を行うことから始めたいと考えたのです。モニターには、更年期スコアの評価とは別に、摂取してみて感じたことを、感想文として600字以内にまとめてもらい、それを学会誌に掲載しました。まずは評価していくという事実を積み上げていくことが大事なのです。

 学会としてサプリメントを研究して、サプリメントの評価指針を国へ提言していけるようにしたいですね。そうすれば「いい加減」というイメージを、少しでも払拭できるでしょう。

 ―サプリメントアドバイザーを養成されています。
 小山 こちらは日本サプリメント学会の認定事業として、6年前から行っています。ある調査によれば、治療を行う患者の3割はサプリメントを利用しているとのデータがありますので、医師や看護師らを対象に、医療現場などで適切な摂取方法を指導できる専門家を養成することが目的です。食事面から健康をサポートするとともに、体質を考慮しながら免疫力を高めるサプリメント種類や飲み方などをアドバイスできる専門家がいれば、患者さんは安心して相談できることでしょう。認定者は、年に5回開催する研修会への参加状況と、年1回実施する筆記試験の合否で決定しており、現在100名を超える医療従事者が認定されています。

サプリメントアドバイザーが参加する
ラウンドテーブルディスカッション

 研修会の成果を発表する場の1つに、学術集会で行うラウンドテーブルディスカッション(写真)があります。これは各テーマに沿って自由に意見を交わすもので、テーブルを囲む参加者は自由に発言できるのです。臨床現場での疑問や課題、解決策などをもち寄り、参加者全員で1つのテーマについて議論するので、さまざまな角度から課題が浮き彫りになるという特徴があります。毎回テーマも多彩で、サプリメントの適切な飲み方や医薬品との飲み合わせなど、一般の人も参加したくなるような話題が盛りだくさんです。ディスカッションと言っても1つのテーブルを囲むのは10人程、少ない場合は5~6人程度ですので、討論会というよりは懇談会という雰囲気です。学会の討論会といえば固いイメージがありますが、ラウンドテーブルディスカッションは、どちらかといえば「井戸端会議に花を咲かす」というイメージです。

 医療従事者にとってサプリメントは、これまであまり関わってこなかった領域ですが、健康を保ちながら、いつまでも元気で長生きしたいという基本的な要求には欠かせない手段だと考えています。超高齢社会にあって、更年期女性が充実した生活を送るためには社会との関わりが大切ですが、食生活を補完するサプリメントは、長期的な体力維持に対する大いなる貢献が期待されているのではないでしょうか。そのためにも学会では、情報提供を含めてサプリメントアドバイザーが勉強していけるような環境を整えていきたいと考えております。

(了)
【吉村 敏】

▼関連リンク
●NPO法人更年期と加齢のヘルスケア
●(一社)日本サプリメント学会

 

<COMPANY INFORMATION>
理事長:小山 嵩夫
所在地:東京都大田区南千束3-14-16
設 立:2002年4月
TEL:03-3748-2562

<プロフィール>
小山 嵩夫(こやま・たかお)

1944年生まれ。68年、東京医科歯科大学医学部卒業(医学博士)。同大学医学部産婦人科助教授を経て、96年に女性の健康を総合的に管理することを目的として東京・銀座に小山嵩夫クリニックを開設、院長として現在に至る。専門は生殖内分泌学(更年期医学)。ホルモン補充療法の第一人者として知られる。更年期前後から元気に生きるための啓発活動を行っており、NPO法人更年期と加齢のヘルスケア理事長として、メノポーズカウンセラーの育成に従事している。著書として「女と男の更年期」(誠文堂新光社 2008)、「女性ホルモンでしなやか美人」(保健同人社 2009)など。学術専門誌「更年期と加齢のヘルスケア」編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月21日 14:57
NEW!

【スクープ第5弾】自民党二階派・秋元司内閣府副大臣が塩田氏の企業主導型保育事業に「口利き」か~塩田氏が秋元副大臣のパーティー券を大量に売りさばく

    ■塩田大介氏の背後に「内閣府副大臣」  川﨑大資こと塩田大介氏がコンサルティングする企業主導型保育事業...

2019年05月21日 18:16
NEW!

「THE LIVELY福岡」内に「The Millennials(ザ ミレニアルズ)」3号店が開業

   現在改装工事が行われている旧・IPホテル(博多区中洲5丁目)跡地に開業予定の、「THE LIVELY FUKUOKA(ザ ライブリー フクオカ)」内の3階に、...

2019年05月21日 17:49
NEW!

保健医療経営大学、学生募集停止 寄付に頼る経営状況

   (学)ありあけ国際学園が運営する保健医療経営大学(福岡県みやま市)は5月20日、2020年度以降の学生募集を停止し、今年4月の新入生が卒業する23年3月をもって...

2019年05月21日 17:34
NEW!

地面師事件の舞台となった「海喜館」 旭化成不動産レジが取得へ

   積水ハウス(株)が地面師から63億円を騙し取られたことで一躍脚光を浴びた旅館・海喜館跡地(東京都品川区西五反田)を、旭化成不動産レジデンス(株)が...

2019年05月21日 16:53
NEW!

太宰府の脳神経外科 不正請求で保険医療機関の指定取消

   厚生労働省九州厚生局は5月20日、診療報酬を不正に請求したとして、太宰府市五条の「(医)ひらた脳神経外科クリニック」の保険医療機関の指定と平田勝俊理事長の保険医...

2019年05月21日 15:37
NEW!

【6/8】北九州市公設地方卸売市場「市民感謝デー」開催

   北九州市公設地方卸売市場で6月8日、「市民感謝デー」が開催される。当日は水産棟を開放し、鮮魚や海産物の即売、イベントなどを行う。 ■北九州市公...

2019年05月21日 15:17
NEW!

平成挽歌―いち雑誌編集者の懺悔録(3)

   講談社入社以来、平成13年(2001年)に子会社にすっ飛ばされるまで、銀座のクラブや新宿のゴールデン街を含めて、呑み代とタクシー代は一番使った。 ...

2019年05月21日 14:56
NEW!

ドラッグストアモリ、青果・精肉導入店を拡大~10数店舗に

   ドラッグストアモリが青果・精肉の扱い店舗を増やしている。4月上旬開業の人吉瓦屋店(熊本県人吉市)に続き5月19日オープンした中津下池店(大分県中津...

2019年05月21日 13:36

中国経済新聞に学ぶ~高齢者が2.5億人「90後」も貯金を始める(前)

   2019年全国老齢工作委員会弁公室(全国老齢弁)主任会議がこのほど北京で開催され、中国の高齢化情勢の分析および今年の全国老齢事業の手配が行われた。...

2019年05月21日 12:13

東京ディズニーシーの新テーマポートの名称決定~「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」

   大規模拡張プロジェクトによって東京ディズニーシーに誕生する新テーマポートの名称が「ファンタジースプリングス(Fantasy Springs)」に決定した。 ...

pagetop