2022年05月24日( 火 )
by データ・マックス

【スクープ】明石市・泉房穂前市長を刑事告発~福岡県在住の男性

 兵庫県明石市の泉房穂前市長(55)が市職員に対して暴言などのパワハラ行為を行ったことについて、福岡県内に住む男性が刑事処分を求める告発状を神戸地検に送付したことがわかった。泉前市長は暴言の責任をとるなどとして、2月2日付で辞職していた。

 泉前市長は2017年6月14日、国道2号線の拡幅工事に関係する用地買収が完了していないことを理由に、同市担当職員に対して「今日火をつけてこい。今日火つけて捕まってこい、お前ふざけるな」「お前が金積め。お前ら全員1千万出せ」「頭下げて土下座して、頭擦り付けて帰ってくるな」などの暴言を吐いたとされ、泉前市長の音声を収めた録音データが流出するなどしていた。

 福岡県内に住む男性は、泉前市長のこれらの言動が刑法222条(脅迫罪)に該当するとして2月1日付で神戸地検に告発状を送付している。これについて神戸地検の広報担当者は、「神戸地検の司法記者クラブに加盟していない者については、取材に応じることができない」として、告発状を受け取ったか、受理されたかなどについての回答を拒否した。

 男性は7日、データ・マックスの取材に応じ、「泉前市長も認めているように、問題となった発言はパワハラであるだけでなくもっとひどいもので、犯罪行為にあたる。告発状は要件を満たせば受理されるだろうが、不起訴になる可能性が高い。不起訴になれば、検察が泉前市長の発言にお墨付きを与えたことにもなるので、不起訴処分の理由に注目したい」としている。

 兵庫県明石市選挙管理委員会は6日、泉前市長の辞職にともなう市長選を、3月10日告示、17日投開票の日程で実施することを決めている。泉氏は出直し選に出馬するか、態度を明らかにしていない。

関連キーワード

関連記事