• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月12日 09:59

豊洲市場の耐震偽装問題はレオパレス騒動の比ではない!(前)

協同組合建築構造調査機構代表理事 仲盛 昭二氏へのインタビュー
(聞き手:伊藤鉄三郎)

 レオパレス21が施工したアパートにおける施工の不備(建築基準法違反)は、当初 641棟と発表されていたが、その後、新たに1324棟の不備が発表され大きな社会問題となっている。レオパレス21側は入居者に退去を要請しているが、引越し難民と呼ばれる現象が起きる引越し繁忙期であり、入居者の退去には時間を要すると思われる。もし この間に火災が発生した場合、施工の不備による延焼が想定される。

 建築基準法が規定する耐火基準違反は以下の3点
(1)外壁の内部にグラスウールを挟むべきなのに発泡ウレタンを詰めた。
(2)天井材を二重に張るべきところを一重にした。
(3)部屋間の仕切り壁(界壁)に建築基準法の仕様と異なる材料を使い、準耐火構造・防音性能を満たしていなかった。

 建築基準法は最低限の仕様を定めている法令なので建築基準法を満たしていない建物は最低限の安全性を確保できていない極めて危険な建物だといえる。

 居住者の危険性や退去の問題と別に、アパートのオーナーに対する問題もある。レオパレスのイメージ低下により、是正工事後も入居者が集まらず満室保証が不可能となるので、オーナーへの損失補償の問題が生じる。また、(株)レオパレス21の株価は急落しており、今後 経営が悪化すれば、是正工事や引越費用の負担、オーナーへの保証が難しい状況となることが予想される。

 (株)レオパレス21が創業から現在まで施工した物件数は3万9085棟に上る。このうち1993年から2001年の8年間に建設された1万5283棟の約9割の調査を終えているが(1月28日時点)、「界壁がない」あるいは「一部不備」は1万613棟に達している。

 まだ調査を実施していない2002年以降の建物にも施工不備(建築基準法違反)があると考えられるので、さらに多くのオーナーや入居者に影響が出ると予想される。

 レオパレスの施工不備について、協同組合建築構造調査機構代表理事・仲盛昭二氏(構造設計一級建築士)に意見を聞いた。

 

 -レオパレスの施工不備のような事例は、建築業界に多いことなのでしょうか?

 私の専門分野は構造設計であり、建築現場での配筋検査や鉄工所での原寸検査などには立ち会いますが、アパートの界壁や天井といった内装の実態については知識が少ないので、現場監理に永年携わっている知人の一級建築士の意見を聞いたところ 以下のような答えでした。

 「資格のある現場担当者が意図的に行うとは考えられません。現場担当者は建築確認済の図面を受け取り 図面通りに施工することが仕事なので、勝手に図面を変更して施工することはあり得ません。現場に責任があるとすれば、図面を良く理解できない程度の能力の人物が施工管理していたからでしょう。

 仮に、確認済の図面が書き換えられていたとするならば、現場担当者の責任は少なくなりますが、確認をせずに施工を行った責任は残ります。まず 現場で考えることは、担当する建物が消防検査や竣工検査を受けなければならないかということであり、当然のことながら、検査の対象となる箇所は特に確認をして施工するはずです。そして、各専門業者との打ち合わせの時点で周知徹底して工事に着手します。

 現場に関しては以上の通りですが、今回のレオパレスの問題は、行政が消防検査及び竣工検査で指摘していなければいけない事項です。あとから判って問題になること自体がおかしいといえます。インターネット上では、国交省が建築士を処罰するかもしれないと言っていますが、行政のいい加減さを隠す言動に過ぎないと思います。」

 

-現場担当者レベルでは 今回のような手抜き工事を行うことは難しいということですね?

 建物の完成を急がされている場合、「完成したら分からない部分」に対して手抜き指示を行うことも考えられます。

 監督の知識と能力不足から、それが重要なものではないと思って、安易に手抜き指示を出している可能性もあります。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 15:06

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(1)NEW!

 まずは弊社が発刊するI・Bの2019夏季特集号の巻頭文「『人口減』の先に待ち受ける、激変時代 企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか」を参照されたし。

2019年08月19日 14:51

フージャース、大分で99戸新築マンションNEW!

 大分市中島町2丁目で、まもなくマンション新築工事が始まる。物件名は「デュオヒルズ大分中島」で、地上15階建の総戸数99戸のマンション。建築主は(株)フージャースコー...

2019年08月19日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』「夏だ! 沢登りの季節がやってきた」NEW!

 今年の夏は例年より暑さを感じます(加齢のせいもあり)。こんな時期の山旅は沢に限ります。福岡市早良区飯場に福岡市で唯一の大型渓谷「野河内渓谷」があります。この渓谷は井...

2019年08月19日 14:22

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1)NEW!

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを...

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

pagetop