わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月09日 07:01

ベトナムで開催された米朝首脳会談の舞台裏を探る(中) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 すると、トランプ大統領はベトナムを離れた夜のツイートで「北朝鮮と合意に至らなかった理由は議会でのマイケル・コーエン弁護士の証言が影響したからだ。大事な外交交渉の最中に、その努力をぶち壊すような議会証言をぶつけてきた民主党のやり方は最低のカードだ」と責任転嫁。米朝首脳会談がうまくいかなかった理由を自分の元弁護士のせいにするとは、あきれざるを得ない。これではアメリカの対北朝鮮政策は根無し草同然と言っても過言ではない。

 さらに追い打ちをかけるように、アメリカと韓国の政府は米韓合同軍事演習「キー・リゾルブ」と「ファウル・イーグル」の中止を発表した。これは朝鮮半島有事を想定して両国が長年継続してきたもので、こうした軍事演習の中止は万が一の緊急事態への対処が叶わぬという危機的状態をもたらしかねない。もちろん、金正恩委員長にとっては「願ってもないプレゼント」に他ならないのだが・・・。

 なぜトランプ大統領はそうした決断を下したのか。本人曰く「軍事演習は金がかかり過ぎる。毎回10億ドル以上もの出費は無駄だ。韓国がお金を出すなら継続してもいいとは思うが・・・。いずれにせよ、北朝鮮との緊張が低下しているのだから、これまでのようなお金を投入する必要はないはずだ」。とはいえ、実際の軍事演習にともなう費用は1回1,400万ドル程度である。どう考えてもトランプ大統領の頭には現実離れした数字が刷り込まれているようだ。

 問題なのは北朝鮮によるサイバー攻撃が引きも切らないという現実である。実は、ハノイで米朝首脳会談が開催されている最中にも、北朝鮮のサイバー部隊による欧米の金融機関やエネルギー企業100社以上から知財を収奪しようとする攻撃が展開されていた。主にターゲットとなったのはニューヨークとヒューストンのアメリカ企業である。

 もし金正恩委員長が本気でアメリカのトランプ大統領との間で合意文書に署名したいと考えていたなら、そのようなアメリカ企業へのサイバー攻撃を首脳会談の最中にぶつけてくるとは思えない。そうした「不都合な情報」をトランプ大統領にもたらしたのが対北朝鮮強硬派で先制攻撃論者のボルトン補佐官であった。ボルトン氏はことあるごとに「北朝鮮は信用できない。アメリカにとって最善の選択は空爆で北朝鮮を葬ることだ」と自説を披露する。

 同補佐官は首脳会談決裂後、アメリカのテレビ番組に出まくり、「トランプ大統領と自分は北朝鮮政策について考え方は違う。しかし、大統領に仕える立場である自分は大統領の考えに従う。北朝鮮と合意しなくて正解だった。悪い合意をするくらいなら、合意しない方がよっぽどましだ」と自説を説いて回った。

 要は、トランプ大統領が道を踏み外さないように、自分は最善を尽くしたというわけだ。しかも、首脳会談の2人きりで会うトランプ大統領と金正恩委員長がアメリカにとって不利な中身で合意するのではと懸念するホワイトハウスの同僚に対して、ボルトン補佐官は「大丈夫だ。心配無用。交渉は決裂するはずだから」と自信を見せていたという。

 注目すべきは、そうした北朝鮮との合意を御破算にしようとする動きがアメリカ政権内部に根強く蔓延っているという事実である。ポンペイオ国務長官に至っては事前協議のためにピョンヤンを何度も訪問していながら、「金正恩委員長が暗殺されても、誰が犯人かは聞かないでくれ」と平気で言い放つ有り様だった。

 前CIA長官のポンペイオ氏はCIAの暗殺リストをつぶさに知り得る立場にあったわけで、その物言いは「アメリカはその気になればいつでも金正恩を殺せる」という暗黙のメッセージに他ならない。それだけ、トランプ大統領の周りには「アンチ北朝鮮派」が多いのである。彼らはトランプ大統領が金正恩委員長との1対1の会談で北朝鮮への制裁解除などを約束しないように神経を使っていた。

 実際、トランプ大統領は北朝鮮への制裁の一部解除には前のめりであったという。ノーベル平和賞がぶらついていたのであろうか。「世界1のディールメーカー」と自画自賛して憚らないトランプ大統領の暴走をいかに食い止めるかがポンペイオ国務長官とボルトン補佐官の狙いであった。その狙いは北朝鮮のハッカーによるアメリカ企業へのサイバー攻撃という援軍のおかげもあってうまく行ったようだ。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

2020年01月17日 11:54

【2/3開催】福岡県企業立地セミナーin東京

 福岡県は2月3日、東京都内の会場で、「福岡県企業立地セミナーin東京」を開催する。セミナーでは小川洋・福岡県知事のほか、昨年2月、福岡県久留米市に国内外向け化粧品の...

2020年01月17日 11:26

JADMA、福岡で賀詞交歓会開催

 日本通信販売協会(JADMA)は16日、福岡市内で賀詞交換会を開催。協会会員および関係者95名が出席した。

2020年01月17日 10:45

まちかど風景・中央区~旧大名小跡地側に商業ビル

 福岡市中央区大名エリアでは「アパホテル福岡天神西(2020年5月開業予定)」や、「旧大名小学校跡地活用事業(ザ・リッツ・カールトン福岡など)」の工事が進んでいる。福...

2020年01月17日 10:33

業務委託と称し労働者を二重派遣~東京都中央区のIT業者に事業改善命令

 東京労働局は2019年12月26日、システム開発業務やIT人材派遣業務などを手がける(株)プロフェース・システムズ(東京都中央区、田一輝代表)に対し、労働者派遣法に...

2020年01月17日 09:00

離職率5%以下実現を目指す「心が折れない」職場づくり(後)

 メンタルヘルステクノロジーズでは、子会社のAvenirを通じて産業医や保健師などの専門家による相談体制の構築のほか、専門医によるメール相談や電話相談などを通して、企...

2020年01月17日 07:30

アスコット傘下で事業に弾み加速する「アメイズ」マンション

 「アメイズ」「ネオス」シリーズのファミリーマンションを販売する(株)シフトライフ。「良質でありながら、市場より抑えた価格のコストパフォーマンスに優れた住まいを提供し...

pagetop