• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月10日 07:04

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(6)

業界や社会に役立つ企業を目指して

 大村社長は不動産業界がITを積極的に活用することで、顧客の利便性や、業界の質的向上を実現できると確信していたようだ。今から20年以上まえから、不動産業界がITを使いこなすことで、大量の不動産情報を提供できるだけでなく、新たなサービス、たとえば金融事業(決済や振り込みなど)や保険事業(保険や保証など)を他社と連携することで業界のサービスとして提供することができると考えていた。

アパマンショップネットワークを東京に設立

大村 浩次 氏

 引っ越しをするときに、アパートやマンションの部屋をインターネットで探すことは今でこそ普通になったが、当時はコンビニや書店にある賃貸情報誌をみて、不動産店舗をまわり部屋をさがす時代。大村社長は全国の不動産店舗をネットワークでむすびITを使って不動産業界をよくしたいという思いから、東京にも拠点をつくり、(株)アパマンショップネットワークを1999年10月に設立した。当時パソコンや携帯電話からインターネットで全国の部屋を探せるウェブサイトをつくっている会社は、アパマンショップのほかにはなかったのではないだろうか。

 大村社長は、パソコンや携帯電話の賃貸検索サイトと不動産店舗と賃貸情報誌で1つの賃貸物件の情報をオンタイムで共有できる日本で初めての「ASクライアントシステム」をつくり、特許を取得した。今では全国1,000店をこえるアパマンショップのブランド力から不動産賃貸会社としてのイメージが強いが、上場するころまでは売上の90%以上をITシステムの提供が占めていた。APAMANグループはもともと、不動産店舗やオーナーやユーザーを情報のネットワークでむすぶITシステムの企業だったのだ。

ITで不動産業界をよくしたい

 創業前から不動産や住宅の仕事をして、さまざまな現場をみて多くの課題を目の当たりにしてきた経験から、全国の不動産会社をネットワークでむすび、ITを使って賃貸物件の情報を共有してデータを活用できる今までにないサービスをつくることで、不動産業界をよくしたいという思いがあったという。この思いを実現して事業を大きく成長させて全国に広めたいと考えていた大村社長にとって、東京はビジネスのスケールが大きくて人や情報が集まることが魅力だった。

 また、21世紀になって世の中に広まりはじめたインターネットの力で、これからの不動産業界がおどろくほどに変わるという予感があったという。ITは絶えず早いスピードで進歩していて、多くの人に使われている技術やノウハウが古くなってしまうのもあっという間だ。そのためITを強みとする企業であるかぎり、業界のなかで何歩も先に進んだ方法をつくりだし、一番あたらしい技術を取りいれることが欠かせない。インターネットの時代を先取りするためには、東京に出てスケールの大きい情報を入手して大きな市場で勝負する必要があった。

 インターネットが普及していなかったころの不動産業界では、店舗のスタッフが1件ずつオーナーに電話やFAXで連絡を取って物件の情報を入手していたため、時間と手間のかかる作業を効率よくしたいというニーズがあった。そして業務上のやり取りで、多くの人件費がかかることも課題だった。2000年をすぎたころから多くの人がインターネットを使うようになり、不動産の店舗でも賃貸物件のデータベースを使ってお客さまの希望にあう部屋をさがして紹介するという流れが生まれてきた。アパマンショップの全国のネットワークは時代のニーズをつかんで大きな波にのり、2000年9月には直営店とフランチャイズ加盟(FC)店で合わせて300店舗をこえて急速に広がっていった。

不動産業界は情報が命

 不動産業界は情報産業といわれており、賃貸仲介会社・オーナー・入居希望者・賃貸管理会社をむすぶ情報が命だ。インターネットを使ってオンタイムで部屋の情報を全員で共有できるしくみをつくることで、新しい情報をすぐに伝えることができるようになり、それまでの人づてに聞いているため正しい情報が得られないという課題を解決した。新しい情報を正しく伝えるネットワークの仕組みをつくることで、部屋をさがすユーザーや不動産を管理するオーナーへのサービスの質を高めることができるようになり、不動産業界をよくしたいという思いを実現していった。

 またそれまでの不動産業界では、不動産賃貸会社がもっている情報は自社で仲介や管理している地元の物件のみだったため、自社でもっていない物件やほかの地域の物件を探すときは、ほかの不動産会社に相談して情報を共有してきた。しかし、ITを使って賃貸物件のデータを全国のアパマンショップのネットワークで共有することで、地域を限定することなく自社でもっている情報をこえて物件を紹介できるようになった。全国規模のスケールをもつ賃貸物件データベースから探して紹介できるしくみは、不動産店舗のサービスの質を大きく変えた。そしてユーザーにとっても一度に多くの部屋を探すことができて、希望にあう部屋が見つかりやすいサービスをつくることができた。

(つづく)
【取材・文・構成/石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月25日 07:00

新コンセプトStore 「#ワークマン女子」 SNSとリアル店舗の一体化を図る

 作業用品専門店ワークマンは、18年9月、一般客向けの「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」の店舗展開を開始、2年余りで222店舗まで拡大し注目を集めたが、...

2020年10月25日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議推薦無視事件(4)

 高橋氏は「『日本学術会議問題』が、いま本当に必要な議論の妨げになっている…!のコラムを発表した翌10月13日に内閣官房参与に任命されたため、事実上、内閣官房参与の立...

2020年10月24日 07:00

構造スリットの第一人者・都甲栄充氏が来福~構造設計一級建築士・仲盛昭二氏とベルヴィ香椎の施工不具合問題を対談(4)

 「築後10年といえば、マンションはほとんど劣化しておらず、構造スリットの不具合という重大な瑕疵が隠れているとは誰も考えないでしょう。しかし、外観がきれいであっても、...

2020年10月24日 07:00

イズミ8月中間決算、経費減で経常17.5%増を確保 売上は11.8%減

 イズミの8月中間連結決算は、営業収益が前年同期比11.8%の減収であっだが、粗利益率の改善と販管費削減で経常利益は17.5%の増益を確保した...

2020年10月23日 18:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (20) 甲羅万蔵とは

 『実録 頭取交替』で維新銀行を舞台に登場する主人公の甲羅万蔵について触れる。【表1】、【表2】を見ていただきたい。甲羅のモデル・田中耕三・山口銀行特別社友に関する資料だ。

2020年10月23日 18:09

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(1)

 100年に一度の金融危機(グリーンスパン元FRB議長)と評されたリーマン・ショックは、その後の順調な回復を振り返れば、大げさすぎた表現であった。しかし今進行している...

2020年10月23日 17:30

『脊振の自然に魅せられて』レスキューポイント設置に向けて(4)

 プレートには、「早良区役所」「脊振の自然を愛する会」のロゴを入れるようドコモから指示があり、あわせてドコモのロゴと「ドコモの携帯電話がご利用できます」との文字を表示...

2020年10月23日 16:55

国際金融誘致へ~福岡市が国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設

 20日、福岡市は国際金融に特化したワンストップサポート窓口「Global Finance Centre」を開設した...

2020年10月23日 16:41

福岡商工会議所 次期副会頭に西日本FHの谷川社長ら

 福岡商工会議所の役員が11月に任期満了と迎えるが、次期副会頭に西日本フィナンシャルホールディングスの谷川浩道代表取締役社長らが就任する予定であることがわかった...

2020年10月23日 16:34

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(後)

 マスコミそのものが筆者身近な読者同様、「敵性音楽の使用」に関心がないのかもしれない。そのように考えてみると、戦後この問題に触れたのは、管見の限りでは長田暁二氏(大衆...

pagetop