• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月18日 08:37

【レオパレス21の施工不備問題】職人座談会 職人が語る現場の事情~問題の裏側に潜むものとは――(1)

次から次へと新たな問題や事実が明るみになる(株)レオパレス21の物件の施工不備問題だが、そもそも、なぜこのような問題が発生するに至ったのか――。現場の第一線で活躍している3人の職人の方々に、今回の問題だけでなく、業界や現場が抱えているものについて、赤裸々に語っていただいた。


安い工事費のしわ寄せ、責任の所在はいずこに

 ――まず、今回の(株)レオパレス21の問題がニュースなどで取り沙汰されたときに、皆さまは率直にどのように思われましたか。

 A 今回のことに関しては、お客さんを始め、設計事務所やゼネコン、そして工務店まで、「全部がグルだな」というのが率直な感想ですね。グルというか、設計がいて、そして必ず検査も行われるはずですから、全部わかりきったうえでないと、絶対にこういう杜撰な工事は起こり得ません。これだけの大掛かりなものですから、おそらく“上の連中”も理解したうえでやっているとしか思えません。レオパレス21の物件については「工事が安い」ということをよく聞くので、金額の帳尻を合わせるために、いろいろなことをやっていたのではないでしょうか。そして今回も、最終的には施工店に全部責任を押し付けるのかな、という気はしますね。

 B “現場の責任を誰がとるのか”ということが、一番の問題ですよね。設計監理と付いているけれども、それで設計事務所が責任をとるのか、それとも次に受けたゼネコンが責任をとるのか――。本来は、上が責任をとっていかないといけないのでしょうが、それがすべて現場では、施工者責任にされてしまいます。

 A そこを掘り下げていくと今度は、予算の関係上などで「本来ならこうしなきゃいけないけれど、ここまででいい」と言っておきながら、問題が起こったときには、「お前のところがこうしているからだろうが!」と平気で言ってくるゼネコンの人間もいます。こちらが「言われた通りにしただけです」と訴えても、「いやいや、こうしなきゃならんだろうが!」「下請が全部悪い」など、そういうことはよく言われますよね。

 B 複雑といえば複雑、単純といえば単純な問題ですよね。たとえば元請が安くしようとして、“項目落とし”というものを行うことがよくあります。これは、明細のなかの項目を完全に消してしまい、施工費を安く抑えたように見せるのですが、結局のところ現場では、その落としたはずの項目もしないといけない。我々は当然ながら、「項目に入っていないから、追加費用をもらえないとできませんよ」と言いますが、「いや、もうこれで契約しているから、やってもらわないと困る」――といわれるようなケースも多いです。

 C その逆のパターンもありますね。要は、契約した金額より安く抑えたいので、「これを外そう」「これも外そう」・・・と。そこで一番問題になってくるのが、通常はしなければならないシーリングなどでも、表から見えない、隠蔽されてしまう部分については、意図的に削ってしまうような、たとえばボードを2枚貼らないといけないところも、「1枚貼りにしよう」というようなことです。そういったように、「追加工事代金を払ってもらえない分、ここで減額したので」などという、現場サイドで予算の帳尻を合わせるようなケースもあります。

レオパレス関連のニュースをまとめて読む

 ――発注者側からすると安いに越したことはないですが、受ける側としては、多重構造になっているそれぞれの階層で、自分のところの利益は確保しなければなりません。そうした予算上の厳しさから、材料を間引きしたり、少なくしたり・・・といったことが出てくるのでしょうか。

 B といいますか、どこかからか、安く受ける業者が出てくるじゃないですか。そうすると、何に対しても、全部「これはこの金額」というのをゼネコンが当て込んでいってしまいます。たとえば、「ここは小部屋で手間がかかるため、1日じゃ作業が終わらないから日当が倍くらいになっているんですよ」というのと、「大部屋で今ある材料をどんどんビスで留めていくだけだから1日で終わります」というものを、全部同じ単価でさせようとするのです。「この金額で」となったら、大きい内装でも小さい内装でも、すべて同じ価格でさせようとすることにも問題があるのではないでしょうか。

 A マスコミや経済誌などで「すごく利益を出している」として評価されているゼネコンも、我々からすると「おそらく追加工事代金を払ってくれないんだろうな」と思ってしまいます。逆に、売上はそこそこだけれど、利益をほとんど上げていないところに対しては、「ちゃんと追加をくれるのかな?」と思ったりもしますね(笑)。

(つづく)
【文・構成:坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月26日 07:00
NEW!

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(3)

 事故直後の一部報道では、宝運丸の走錨時、海上保安庁が2度にわたって警告を発したと報じている。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

pagetop