• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月21日 07:02

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(16)

創業時の原点にかえる

大村 浩次 氏

 ITを活用して不動産業界をよくしたいという思いから会社を設立したため、上場した当時はITテクノロジーを使ったクラウドを提供し、のちに賃貸あっせん事業や管理事業にビジネスを広げていった。しかし、いまでは賃貸あっせん・管理業のサービスの多くがITを使ったものになり、いかにITテクノロジーを活用できるかということが企業の力を左右するようになった。そのため、2017年に創業時の原点に立ちかえり、ITテクノロジーを使っていままでにないサービスをつくり、社会に提供するグローバル企業になることを決めた。

 そして社名をAPAMAN(株)に変更するとともに、「Cloud technology(クラウドテクノロジー)」「Platform(プラットフォーム)」「Sharing economy(シェアリングエコノミー)」を3つの事業の柱にした。クラウドテクノロジー事業は、人工知能(AI)や業務自動化システムのRPA、不動産テックと呼ばれる不動産とITを組み合わせた技術などを扱う。プラットフォーム事業では賃貸あっせん・管理業や住居関連のサービス、シェアリングエコノミー事業ではコワーキングスペースや民泊などを展開している。

シェアリングエコノミー市場は2025年には約38兆円に

 モノをもつより、使いたいときにモノを借りたいというニーズから広がるシェアリングエコノミー。シェアリングエコノミーの世界市場は2025年には約38兆円(3,350億ドル)になると予想されており、将来的には100兆円まで成長するといわれている。APAMANグループにとってのシェアリングエコノミー事業は、使いたい人にモノを貸す不動産業のノウハウをいかした新しいビジネスだ。シェアリングエコノミー事業では、コワーキングスペースのfabbit(ファビット)事業、民泊事業、Share Cycle(シェアサイクル)事業、コインパーキング事業、シェアパーク事業などを展開している。

 シェアリングエコノミーの良いところは、モノを買うことに比べてモノに対する敷居が低くなるため、気軽にモノが使えるようになることだ。モノを買うときには、買い物がうまくいっても失敗しても、買ったモノをもつことになる。そのため、どのようなモノなのか、なにを選べばいいのかなど多くの判断が必要だ。一方で、モノをシェアして借りることは、モノを買うときに比べて、「モノをもたない」ことからリスクは少ない。そのため、気軽に使って試すことができる。そして実際に使ってみることで、自分の感覚を通してどういうモノなのかがわかるようになる。今は、直観や感覚でわかりやすいものが求められる時代。たとえば、スティーブ・ジョブズがデザインしたiPhoneは、説明書を読まなくても、見て触って使ってみることで感覚を通してわかるものだ。モノを使ってみる実際の体験が注目される時代の流れから、シェアリングエコノミーのニーズが生まれているという。

モノをもつことの感覚が変わった

 人や企業はモノをもっていても、いつも使っているわけではない。また、買ってから使っていないモノもある。人や企業にとって、持っているモノを眠らせておくのはもったいないため、モノを人と共有したいというニーズが高まっている。民泊事業では使っていないときに人に部屋を貸し、シェアパーク事業ではマンションの駐車場の空きスペースをシェアする。トヨタ自動車(株)が自動車のライドシェアをメイン事業として取り組むなど、モノをもつことに対する感覚が世界的に変わってきているという。

モノを使いやすく借りやすく

 賃貸不動産業で部屋を借りたい人にサービスするなかで、どのようなサービスをしたら部屋を借りやすくなるのかをいつも考えてきた。その1つが、モノを使い始めるときの負担が小さくなると、モノを借りやすくなることだ。たとえば、新しい部屋を借りるときに必要な敷金や礼金。APAMANグループは、敷金0礼金0という今までになかったサービスをつくり、部屋を借りやすくした。シェアリングエコノミーは、手頃な予算で使い始めることができるため、さまざまなモノを気軽に試したいという今の社会のニーズに合っている。「借りやすくすること」に取り組んできたこれまでの経験やノウハウが、シェアリングエコノミー事業に生きている。

スマートフォンが普及し、シェアしやすい時代に

 シェアリングエコノミーが広がっているのは、スマートフォンなどのITデバイスを多くの人が使うようになり、シェアしやすい仕組みが整ったためといわれている。たとえば、モノをシェアするには、いつどこで誰がモノを使っているかがわかり、使うための予約ができて、料金の支払いができることが必要だ。スマートフォンができてから、モノをシェアするために必要な情報をインターネットで簡単に共有できるようになり、モノをシェアしやすくなったという。

 IoTとよばれるモノをインターネットにつなぐ仕組みができてから、離れた場所にいても、スマートフォンやパソコンからモノのある場所や稼働状況がわかるようになった。たとえば、シェアサイクル事業では、自転車のある場所をスマートフォンから探すことができる仕組みをつくり、自転車のシェアを実現している。また、IoTを使うことによりリモコンで操作するように、スマートフォンやパソコンからモノを操作できるようになった。民泊事業では、これまで人の手が必要だったカギの管理に、シェアリングキーとよばれるスマートフォンでロックできる仕組みを採用。人がいなくても部屋にチェックインできるため、お手頃な価格で便利に部屋を貸し出すサービスを実現した。

(つづく)
【取材・文・構成:石井 ゆかり】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年04月26日 17:42
NEW!

日立、「日立化成売却」を否定~同社も「発表にない」

   26日、日立は2019年3月期の決算会見のなかで、一部で報道されている「日立の御三家の1つ、日立化成が売却される」という報道について、「フォーメーションが変わる...

2019年04月26日 17:41
NEW!

ZOZOは初の減益、PB事業、有料会員向け割引サービス不発~PBでの集約データで新事業発表も

   アパレル通販サイト「ゾゾタウン」の運営で知られるZOZOは、25日に2019年3月期の営業利益が256億5,400万円(前期比21.5%減)の減益になったと発...

2019年04月26日 17:26
NEW!

【スクープ】金融機関に「夫の生命保険を奪われた」~預金が「溶けていく」謎を追う/鹿児島3金融機関との闘い(2)

  鹿児島県内の3つの金融機関で、預金記録が不正に操作されていた疑いが浮上している。被害を訴えた女性はすでに10年以上前から、3金融機関と法廷で闘っている。 ...

2019年04月26日 16:55
NEW!

「RAIRIA Ohashi(レイリア大橋)」~本日いよいよグランドオープン!

   大橋西鉄名店街(福岡市南区)が「RAIRIA Ohashi(レイリア大橋)」に生まれ変わり、本日26日、グランドオープンした。 ファッション・雑貨8店...

2019年04月26日 16:43
NEW!

居場所がないお父さんに朗報!~お父さん預かりサービス実施

  フットマッサージを受けるお父さん  大阪・なんば駅直結の貸会議室「難波御堂筋ホール」(大阪市中央区)が、ゴールデンウイーク期間...

2019年04月26日 16:25
NEW!

加熱する米中貿易戦争:日本の生き残り戦略はどこに?(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年04月26日 16:15
NEW!

襟に輝く初めての議員バッジ~福岡市で議員記章交付、初当選議員への説明会も

   4月26日、福岡市議会議員記章の交付と初当選議員に対する説明会が福岡市庁舎で行われた。4月7日の選挙で当選した議員62名の任期は5月2日から始まる。 ...

2019年04月26日 15:07
NEW!

JAFが参加体験型安全運転実技講習会「シニアドライバーズスクール大分」を開催

   日本自動車連盟(JAF)大分支部は5月26日に50歳以上のベテランドライバーを対象とした参加体験型の安全運転実技講習会「シニアドライバースクール大分」を大分県自...

2019年04月26日 15:00
NEW!

厚生労働省公表の「ブラック企業」4月25日発表 福岡労働局分

  厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。4月25日に公表された福岡労働局分は下記の通り。 ...

2019年04月26日 14:43
NEW!

武田薬品工業が2019年3月期(連結)決算を下方修正

  ※クリックで拡大  武田薬品は、2019年3月期の通期連結業績を【表1】の通り、下方修正すると発表をした。  武...

pagetop