低炭素で楽しく暮らせるまちづくり~BONJONO(2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月08日 07:03

低炭素で楽しく暮らせるまちづくり~BONJONO(2)

 2017年、国土交通省が開催した「第1回先進的まちづくりシティコンペ」で、国土交通大臣賞を受賞した北九州市の「みんなの未来区BONJONO(ボン・ジョーノ)」。自衛隊分屯地の跡地開発として始まった城野地区の再開発は、低炭素社会実現のための取り組みや、住民・事業者が自らの手でまちづくりを進めていくというユニークな手法が採られている。BONJONOの取り組みをレポートする。

自衛隊分屯地跡を3つの視点で再開発

自動車が入れない目抜き通りでは歩行者が安心して行き来できる

 小倉駅から約3km南にあるJR城野駅周辺エリアが、BONJONOのメインエリアである小倉南区城野地区である。JR城野駅に隣接するこの地域には、かつて陸上自衛隊の城野分屯地があった。08年に分屯地が閉鎖され、翌09年に「城野分屯地跡地処理計画策定協議会」が設置。跡地の利用方法の模索が始められた。「城野地区低炭素先進モデル街区計画概要」が同年5月にまとめられ、その概要をもとに11年、「城野地区まちづくり基本計画」が策定されることとなる。

 まちづくりの基本的な方向性は、3つの観点にまとめられた。1つ目はゼロ・カーボン。住宅から排出される二酸化炭素量を削減するため、再生可能エネルギーの利用、住宅の基本性能の向上を目指した。また、自家用車に依存せず、徒歩や公共交通機関が利用しやすい低炭素モビリティの分野の確立、環境学習の促進を目指すこととなった。2つ目は、子育て支援・高齢者対応の観点からのまちづくりである。地域コミュニティと福祉・医療など、生活支援の分野からのまちづくりの推進だ。3つ目は、次世代に継承し続ける持続可能なまちづくりという視点である。そのためにタウンマネジメントと情報発信を推進していくことを目指すこととなったのである。この3つの視点を中核に、まちづくりを行ったのである。

低炭素社会の実現に向けて

 3つの視点をもって開発計画がなされた城野分屯地跡地。北九州市はその再開発を「城野ゼロ・カーボン先進街区形成事業」と名付け、計画を進めていくこととなった。事業面積は約18.9haで、最終的には約850戸のまちが完成する予定だ。

 城野駅を端として、そこから目抜き通りをつくる。その目抜き通りは「エコモール」と呼ばれ、幅員8~12m程度の歩行者と自転車専用道路としてつくられている。その目抜き通りの左右に宅地が広がる構造だ。目抜き通りに自動車が入り込めない構造は、近年のまちづくりのなかでは異例のものといえる。戸建の住宅街であるから、自動車での移動が基本と考えるのが普通の住宅地開発であろうが、この城野地区は違うのである。視点1のゼロ・カーボンのまちづくりの具体的な例なのだ。低炭素モビリティを実現するために、車ではなく徒歩・自転車での移動に力を入れているのである。

(つづく)
【柳 茂嘉】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop