• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月26日 14:29

『脊振の自然に魅せられて』キバナノアマナ(黄花の甘菜・ユリ科)

 3月中ごろに咲き始め、春の花として細々と生き延びているユリ科の花があります。

 名前は「キバナノアマナ」で渓谷沿いの湿気を好むようです。植物のなかでも特異なかたちをしています。花瓶に飾るフィリージアを細く小さくしたイメージを想像してみると良いでしょう。細く伸びた茎は柔らかく、空に向かって伸びておらず、ゆるく地面に伏せって、花が咲くころはいつも地面にお辞儀をしています。茎が柔らかすぎて立てないのです。

 その先に黄色い小さなユリ科とわかる花を咲かせています。

 この花の存在を知ったのは10年ほど前ですが、以前この周辺に多く自生していたそうです。私が会いに行った時は細々と生き延びている状態でした。
私を含めた花を愛する愛好家は、何とか足で踏まれないよう、この花を見つけると石で囲って来ました。

 この場所からさらに上部に1坪ほどの広さに自生しているのに遭遇し、石囲いをして私の花壇をつくりました。花の数は毎年、多かったり、少なかったりです。それでも「元気にしていますか」と声をかけに行きました。

 こうした努力が報いられたのか、今年訪れてみると家族が増えて賑やかになっていました。山仲間は「花壇のようですね」と言いながら腰を屈めて撮影していました。「もっと大きな石で囲えばいいのに」との声もありました。

 しかし、大きな石で囲うと風の流れに微妙に左右されると思っています。そっと囲うのが私流なのです。自然のままに生かしてあげたいのです。

 「ほかにないかな」と、目を皿のようにして周囲を歩いていると、なんと種が飛んだのか、あまり人が来ないマイナーコースの登山道の左右にも若い茎が見つかりました。ここまで来れば絶滅することはないと安心しました。

 メインの登山道にもキバナノアマナが一輪だけ咲いていました。ここまで種が飛んできたのでしょうか。そこに2、3個ほど石が置いてあり、「この花を踏まないでね」と登山者が花に愛情を注いでいました。

 最近、SNSによる拡散の影響などで、この花の存在も知られるようになり、鑑賞に来る人が増えました。しかし荒らされてはいません、マナーが良くなってきたように感じます。
 山野草のどの花も、そっと暖かく見守ってほしいものです。

 

「行く春に  見初めし君は  露おびて  心和ます  黄花の甘菜」 

 

「キバナノアマナ」(2015年3月29日撮影)

2019年3月25日
脊振の自然を愛する会
代表 池田 友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声NEW!

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

pagetop