• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月27日 18:35

【北海道知事選2019】鈴木直道・前夕張市長に中国系企業への転売協力疑惑~中国系企業本社と同フロアには指定暴力団有力団体も入居

「鈴木氏は夕張市再建の立役者」は本当か?

北海道知事選に出馬した、鈴木直道氏

 北海道知事選で自公と新党大地が推す鈴木直道氏に、地方自治体トップとしての資質を問われかねない疑惑が浮上している。

 鈴木氏は前夕張市長。全国の自治体で初めて財政破綻し、財政再建団体に指定された夕張市に東京から乗り込んだ若手イケメン市長として全国的に注目を浴びたが、その再建手腕については疑問の声も多い。いま、鈴木氏が都庁職員から一躍「自治体再建のヒーロー」として名前を売った舞台である夕張市の土地売却をめぐって、「中国系企業への転売協力疑惑」がもち上がっているのだ。

売却されたホテルマウントレースイ

 鈴木氏が夕張市長時代に、中国籍の呉之平氏が社長を務める元大リアルエステートに売却したのは、マウントレースイのスキー場とホテルなど観光4施設。元大は2017年2月に約2億2千万円でこれらを買い取って現地法人「元大夕張リゾート」を設立、同年4月に市から運営を引き継いでいた。

 鈴木市長(当時)は2017年2月8日の市議会で、「(呉之平)社長が転売しないと言っているから、転売禁止条項はつけない」と答弁。夕張市は元大側に固定資産税の3年間免除を認め、2億円弱の固定資産税を減免していたが、これは営業継続が前提となる特別措置だった。

 しかし、これらの施設が早くも「転売」されたことについて、今年2月、日経新聞などが伝えている。

「元大グループ、夕張の観光4施設売却 」(2019/2/20 日本経済新聞)
北海道夕張市で観光施設を保有・運営する元大(東京・墨田)のグループは3月末、4施設を売却する方針を固めた。売却先は香港系のファンドで売却額は約15億円とみられる。元大グループは2017年4月、夕張市所有だった4施設を約2億円で取得した。施設運営費用がかさみ、集客力を高める大型投資を自社で続けることが難しいと判断した。

 元大グループ側は「切り売りではないので転売にはあたらない」と、「転売」の定義の問題にすり替えようとするが、あまりにも詭弁にすぎるだろう。たった2年あまりで「維持費がかかりすぎた」と売却するのだから、元大グループの見通しの甘さとともに、夕張市側の売却先決定の経緯が正当なものだったかも問われかねない事態だ。ちなみに、日経記事が出た約1週間後に鈴木氏は夕張市長を辞めている。自身に不利な状況を説明責任を果たさないまま、即座に切って捨てる変わり身の早さだけはすでに一流政治家レベルといっていい。

元大グループ本社と同じフロアには指定暴力団有力組織の看板

 元大グループについては、その実態についてもはっきりしていない。

 「元大グループ本社と呉之平社長の自宅とされるのは、東京・浅草のマンションです。しかし、呉之平氏の自宅ポストには複数の会社名と中国人のような名前がテープで雑に貼られているだけ。さらにマンションの同じフロアには、在京指定暴力団の有力組織が看板を掲げています。はたして売却先としてきちんと審査されたのか、はなはだ疑問ですね」(ジャーナリスト・横田一氏)

 夕張市役所産業振興課長は26日、『日経』記事について「元大グループから『飛ばし記事であり、営業は継続する』と聞いている」と主張したものの、『日経』記事のどの部分が「飛ばし」なのかについては明らかにせず、「(記事内容について)呉社長に確認はしていない」ことを認めた。さらに「鈴木市長が元大グループから『営業を続ける』と聞いた時から状況が変わったとは考えていない」とするものの、鈴木氏は『日経』記事が掲載された日(2月20日)から月末の退任日まで市役所に登庁していないため、市役所に電話で問い合わせをしただけで鈴木氏自身が呉社長と面談したことも報道への反論をプレスリリースしたこともないという。

 在京指定暴力団の事務所と元大グループの本社が隣接していることについて、夕張市の担当者は、「夕張警察に問い合わせたところ、問題ないと回答を得ている」とするが、夕張市が直接職員を派遣するなどして調べたことはないという。

 市有財産だった施設が転売されるリスクについては、「専門家がメンバーとなった会議で議論し、問題ないという結論になった」とするが、会議の議事録や出席者については「公開していない」としており、ほぼノーコメントに近い曖昧な回答に終始した。当時の市長である鈴木氏は、転売否定の売却時の答弁との食い違いについて説明していないというから、あまりにも無責任ではないか。

 今回の北海道知事選で鈴木氏を応援するニトリグループ(本社:札幌市)は、千歳空港そばで中国人富裕層むけの別荘地を開発している。鈴木氏が市有財産を中国系企業に売却したことや、ニトリのこうした動きは、ともすれば「売国的」と批判を浴びる可能性もあるが、こうした動きに敏感なネット右翼が抗議活動に乗り出すこともなく静観されているのはなぜか。

 「ニトリの創業者でニトリHD会長の似鳥昭雄氏は、安倍政権の閣僚に献金をするなど、安倍首相と極めて近い人物として知られています。産経など安倍政権寄りのメディアがニトリ批判に踏み込まないのは、こうした事情が背景にあるのかもしれません」(横田氏)

 要するに、売国的かどうかの判断基準は、安倍首相との距離の近さということなのか。ネトウヨ人気に支えられる政権の支持者が最も売国奴的行為に手を染めているとすれば、もはや日本は国家として末期症状を迎えているのかもしれない。

【知事選挙取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月16日 15:08

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(4)

 名誉毀損という軽微な事案で、福岡県警大牟田署はなぜ諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)を逮捕までしたのか。その背景に「幻の浪川会壊滅作戦」があったのでは、とみ...

2019年10月17日 10:45

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(1)NEW!

 関電疑獄は独占(官営)大企業(電力事業・原子力発電事業者)関電における底知れぬ無法経営を露呈してきた。その無法経営を法的側面で支えたのが一群の法務担当職員である。

適切な避難行動実現に浸水リスク明示不可欠NEW!

 木・火・土・金・水を五行という。五行は天(陽)・地(陰)から派生した五種類の作用および法則のこと。世界はこの5つの作用から成り立っているという世界観を表す。

2019年10月17日 10:00

続・鹿児島の歴史(10)~西郷・大久保以後の人物について~NEW!

 西南戦争で多くの有為な人物を失った鹿児島ですが、明治期の人物として森有礼(初代文部大臣)、川路利良(初代警視総監)、五代友厚(初代大阪商工会議所会頭)等がいます。軍...

2019年10月17日 09:52

生まれ変わった「The Okura Tokyo」、テーマは「伝統と革新」NEW!

 2019年9月12日、ホテルオークラ東京 本館は、「The Okura Tokyo(ジ・オークラ・トーキョー)」に生まれ変わった。「和の心で世界をもてなす」という開...

2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)NEW!

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トク...

2019年10月17日 09:00

「減薬・偽薬」のススメ(後)NEW!

 「偽薬」というものがあることを、2019年10月3日朝日新聞「ひと」欄で初めて知った。文字通り「嘘の薬」である。見かけは直径8ミリの白い錠剤だが、薬効成分は入ってい...

2019年10月17日 07:00

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(3)NEW!

 政策科学ですが、「社会における問題の原因を明らかにしたうえで、多様な利害関係者の立場を考慮しながら、最善の解決策を提示する“問題解決型”の学問」と言われています。政...

2019年10月17日 07:00

大戸屋HD、創業家と経営陣のお家騒動が終結~創業者が最も留意すべきは相続税だ!(後)NEW!

 それでは、決定的な対立となったのは何か。ズバリ、相続税の問題である。久実氏が自らの死後に発生する見込みの相続税対策としての功労金問題だ。久実氏が生前の15年3月ごろ...

2019年10月16日 17:58

働き方開拓が【匠】を潰す

 ある料理店の料理人が一人前へと成長するための教育プログラムをお教えしよう。皿洗いから始まり、下準備などの雑用、包丁研ぎを経て、調理を行うようになる。包丁研ぎ1つとっ...

pagetop