低炭素で楽しく暮らせるまちづくり~BONJONO(5)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月11日 07:01

低炭素で楽しく暮らせるまちづくり~BONJONO(5)

 2017年、国土交通省が開催した「第1回先進的まちづくりシティコンペ」で、国土交通大臣賞を受賞した北九州市の「みんなの未来区BONJONO(ボン・ジョーノ)」。自衛隊分屯地の跡地開発として始まった城野地区の再開発は、低炭素社会実現のための取り組みや、住民・事業者が自らの手でまちづくりを進めていくというユニークな手法が採られている。BONJONOの取り組みをレポートする。

タウンマネジメントの3つの視点

エコフロントからの眺望。これからも開発が進められていく

 ゼロ・カーボンを基本的なコンセプトとして生まれたまち・BONJONO。その特徴は、ほかにもある。まちを住民や事業者が自らの手で育てる「タウンマネジメント」の手法が採られている点である。

 まちづくりの主役は、言うまでもなく住民だ。住民が暮らしをより良くするために、まちを自らつくりあげていく。そのために、住民は住むと同時に㈳城野ひとまちネットに社員として加入することとなる。城野まちひとネットでは、多世代が将来にわたって安心して住み続けられる持続可能なまちづくりを目標として、「タウンセキュリティ」「グリーンマネジメント」「エネルギーマネジメント」の3つの視点で、仕組みやまちの整備に取り組んでいく。住民や事業者がまちとしての価値観を共有し、まちの魅力の維持・向上させるためには個別に活動するのではなく、まちを束ねる組織が必要という考え方を具現化したものである。

 タウンセキュリティの面では専門家のアドバイスのもと、犯罪発生を抑制するまちのデザインを採用、防犯カメラを設置するなどしている。また、1つの組織でまとめることで、住民や事業者が通学中や放課後の子どもたちを自然と見守ったり、互いに声をかけやすくしたりしやすくなる土壌づくりも考えられている。

 グリーンマネジメントとは、公園の草花や並木道の植栽など、歩いて楽しくなるようなまちづくりの促進を指す。公園の芝生張りや各種のイベントを通じてまちの彩を自ら決め、維持向上させていく取り組みだ。

 エネルギーを賢く使うための取り組みは、前述した通り。エネルギーマネジメントシステムを導入することで、省エネルギー化を目指している。

 このようなまちづくりの基本的な部分を、法人化された組織で取り組むのである。まちを持続的に改善していくための仕組みが採られているのは、大きな特徴といえよう。

 ゼロ・カーボンのまちづくりを基幹コンセプトに、ハード、ソフト両面で住民・事業者が自らの手で維持・改善できる取り組みをするBONJONOは国土交通省が主催した「第1回先進的まちづくりシティコンペ」で国土交通大臣賞を受賞することとなった。住民、事業者、周辺地域が一緒になって環境配慮型のまちづくりを持続的に行う仕組みや、共同編集型のまちづくりというユニークな発想が評価されたものだ。

 都市は、ハードがあるだけでは魅力を維持することはできない。そこに住まう人たちや事業者が協力し合って、持続的に改善できる仕組みをつくったのがBONJONOなのである。暮らしを快適に、楽しくしたい。BONJONOは、その1つの解決策を提示している。将来、この城野地区がどのようなまちになっていくのか、期待を込めて注目していきたい。

(了)
【柳 茂嘉】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域NEW!

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会NEW!

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センター

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

pagetop