• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月01日 18:53

【北海道知事選2019】鈴木直道氏の「極貧生活」は虚像~作・演出は菅官房長官の懐刀・三浦博史

「年収250万円」アピールの鈴木氏の年収は720万円!広大な一戸建も所有

鈴木氏の応援には、URの道路用地買収に関して口利き
疑惑のあった甘利明・自民党選対委員長も駆けつけた

 与野党激突となった北海道知事選は、4月7日の投開票まであと6日となった。北海道新聞などが行った最新の情勢調査では、自民、公明が推す前夕張市長・鈴木直道氏(38)が優位を保ちながらも自公支持者が共に2週間前に比べて1割減と切り崩され、優勢確実と見られた夕張市を含む空知管内で横一線の状況。野党統一候補の石川ともひろ氏(45)が激しく追い上げており、31日には札幌市で、立憲民主の蓮舫副代表、国民民主の玉木雄一郎代表、自由党の森ゆうこ幹事長、共産党の小池晃書記局長、社民党の又市征治党首が合同で応援演説を行うなどして与党との全面対決をアピール。北海道新聞の調査では約3割が投票先を未定としており、石川氏は最終盤での逆転勝利を狙うかまえだ。

 与党候補の鈴木氏は、全国の自治体で唯一財政破綻した夕張市の前市長。都職員という安定した職を投げうって夕張市再建に身を投じた、「ヒーロー」として全国的に名前を売った。市長就任以降は、夕張市の財政事情に合わせて市長給与を7割削減、全国の市長職で最も低い年収250万円に抑えたことや、「妻と共稼ぎしている」など、夕張市のために「清貧・極貧」を貫いてきたことをアピールしている。しかし、夕張市で取材を続けると、そのイメージが虚像であることが徐々に判明してきた。

 鈴木氏は各種インタビュー記事などで「年収250万円市長」であることをたびたびアピールしている。しかし夕張市役所で閲覧できる市長資産を見ると、「2016年1月―12月」の給与所得は「給与所得250万9,600円」だったものの、それ以外に雑所得が「約297万円」あり、年収は合計で約547万円だったことがわかる。

鈴木氏の自宅

 翌年度、「2017年1月―12月」の給与所得は変わらぬものの、雑所得は「469万8,725円」(市長給与の約2倍)に増加。年収は合計で約721万円まで増えている。2016年から2017年への雑所得増加額は「172万円/年」。この増加傾向が2018年まで続いたと仮定すると、「推定雑所得は642万円」、年収と合わせると年収は893万円まで膨らんでいる可能性がある。「年収250万円市長」ならぬ、各種講演会にひっぱりだこの「講演長者」として雑収入を増やしていたのが実態だったのだ。

 さらに、鈴木氏が夕張市鹿の谷に所有する自宅は建物面積101㎡の一戸建で、敷地面積は870㎡。著書では自宅購入の際に「親にも資金援助してもらい」とあるものの、一方で公明党の時局講演会では「高校時代に父親が離婚で出て行ったため大学進学を断念し、18歳で都庁に就職した」とも語っていた。じつは母親は16年前(鈴木氏が22歳時ごろ)に、元埼玉県議の長嶺正之氏(名刺には「有限会社 長嶺経済企画」)と再婚しているのだ。

 夕張市は財政破綻以降、「全国最低」の行政サービスと「全国最高」の市民負担を強いられている(「NHKスペシャル」の取材など)。市職員の給与が最大で約40%カットされ、市民税や下水道使用料などが引き上げられるなど、市民が屈辱的な仕打ちに耐えているのは、「市長ですら年収250万円だ」という鈴木氏に対するある種の「連帯」意識があったからではなかったか。その鈴木市長が極貧生活アピールの裏で、市長給与年収の約2倍の雑収入を得ており、義父からの経済援助で広大な自宅を購入していたとすれば、夕張市民や道民ははたして黙っているだろうか。

鈴木前夕張市長の自宅登記簿

鈴木氏の選挙参謀は三浦博史氏~著書は『洗脳選挙』

 鈴木氏の道知事選挙戦に張り付いているのは、1日の新元号発表でも存在感を高めた菅義偉官房長官の懐刀として知られる、選挙プランナーの三浦博史氏。3月10日の鈴木氏の事務所開きや21日の出陣式、安平町での第一声街宣でもその姿を目撃されている。昨年6月の新潟県知事選や9月の沖縄県知事選でも自公推薦候補の選挙参謀役を務め、現地に張り付いていた安倍政権御用達の選挙参謀だ。

 三浦氏が2005年に出版した本のタイトルはズバリ、『洗脳選挙―選んだつもりが、選ばされていた!』(Kobunsha paperbacks/光文社)。内容も興味深い。

 あなたは、本当に自分の意志で選挙に投票していますか?もしかしたら、それはあなたの意志ではなく、誰かに乗せられているだけかもしれないのです。実は、有権者をその気にさせるプロパガンダは、とても単純なのです。選挙PRでは、人は簡単に騙されることもあるのです(中略)こうした世論・情報操作を浴びることで、あなたは簡単に候補者を「選ばされて」しまうのです。本書は、史上最年少知事を生んだ新潟県知事選、鹿児島県知事選、埼玉県知事選、神奈川県知事選などで、連戦連勝を誇ってきた日本を代表する「選挙プランナー」が、初めて舞台裏を明かしたものです。
(紀伊国屋書店HPより)

 三浦氏の言に沿えば、「年収250万円極貧市長物語」という世論・情報操作を浴びることによって、夕張市民や道民は簡単に「選ばされて」しまうということか。鈴木氏は道知事選でも「極貧市長」をアピールするため、出馬会見にスズキの軽自動車で乗り付けている。しかし、現地取材を続けるジャーナリストの横田一氏の直撃に、「(これは)私の車ではなく、支援者の夕張市議の軽自動車。妻の車はフィット(HONDA車)だ」と認めている。まさしく洗脳選挙の実態そのもので、作=安倍政権、演出・脚本=三浦博史、主演=鈴木直道氏と見られる政治ショー(茶番劇)に付き合わされる道民はたまったものではない。

 データ・マックスでは前回記事で、夕張市の市有財産を中国籍企業へ転売協力した疑惑について報じた。これに続き、「年収250万円市長」にも虚偽を流布する公職選挙法違反疑惑が浮上したことになり、夕張市再建のヒーローの実像が、じつは「夕張市長は道知事への腰掛け=講演三昧の手抜き市長」だった可能性も出てきた。

 北海道新聞など現地メディアが鈴木氏の実像について報じないなか、官邸主導の洗脳選挙がまた勝利するのか。投開票まで、すでに1週間を切っている。

【知事選取材班】

▼関連記事
【北海道知事選2019】鈴木直道・前夕張市長に中国系企業への転売協力疑惑~中国系企業本社と同フロアには指定暴力団有力団体も入居
【北海道知事選2019】官邸vs北海道「独立宣言」の構図鮮明~玉城デニー沖縄県知事が石川氏を応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop