• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月04日 10:19

トラブル頻発が表面化した産廃業者(1) 背景に相次ぐ株主交代

ここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(大分市片島、根本学代表)。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその根本にある。関係者への取材から元代表時に締結した契約について、現経営陣がそれを否定するかたちで、取引業者を提訴していることがわかった。

 

 

 大分大和は2014(平成26)年9月、東京都のゼネコン「(株)トーヨー建設」(岡田吉充代表)を母体とするトーヨーグループの傘下に入ることになるのだが、経営体制が一新される前の取引先との契約をめぐり、現経営陣と元取引先との間で主張が対立している構図だ。なお、2017年3月、大分大和の株式はトーヨーグループから第三者に譲渡されている。

 トーヨーグループは、九州においては熊本県人吉市の安定型最終処分場を運営するエフ・エム・クリーン(株)(福岡市東区、盛井利浩代表)と(株)大分大和を事実上、傘下に収めていた。トーヨーグループが進出してきたのは比較的最近で、2社をグループに引き入れた経緯は複雑だ。なぜなら、ここ数年で、株主が次々と交代しているからだ。

 過去を振り返ってみる。2005(平成17)年ごろ、エフ・エム・クリーンを買収し、産廃業界に参入したのが当時、(学)立花学園理事長だった貝原秀輝氏。不慣れな業界で運営は難航したとみられ、数年後には売りに出る。

 次に手を挙げたのが当時、福岡市内で処分場を運営していた(有)カワシン(福岡市東区、川島淳子代表)だった。エフ・エム・クリーンはカワシン体制での運営がスタートしたが、程なく産廃を埋め立てる残余量が少なくなり、処分場としての終わりが近づいたときに、別の処分場の身売りを聞いたカワシンの川島氏が次に買収を計画したのが、大分大和の処分場だった。

 大分大和の買収時に川島氏が資金提供を受けたのが、トーヨーグループだった。同グループの支援を受け、川島氏は大分大和を買収した。大分大和の株主はエフ・エム・クリーンとなったが、資金調達の際に過半数の株式をトーヨーグループに譲渡していた。この時点で、大分大和はトーヨーグループの傘下に収まることになった。

 問題はその後で、トーヨーグループへの借入返済が滞るようになる。時を同じくして、川島氏がトーヨーグループに無断で、取引契約などを交わしていたことが発覚。同グループの岡田代表の逆鱗に触れ、川島氏は事実上、代表を解任されることになる。

 資金繰りに困っていた川島氏は埋立権の前売りチケット販売や取引先からの借入などで資金調達をしていたとみられるが、その多くがトーヨーグループに知らされていなかったことがトラブルの要因にある。

【東城洋平】


▼関連リンク
大分の産廃業者、係争頻発で業界関係者に警戒感
https://www.data-max.co.jp/article/28658

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop