• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月04日 14:43

沈香する夜~葬儀社・夜間専属員の告白(8)

 ご遺族が死亡の一報を受けた際、よく尋ねられる質問の1つに「本日中に通夜は行えますか?」というものがある。その問いに対する答えは「葬儀場としては可能です。お寺さんにお電話し、導師さまのご都合をお尋ねください」となる。

 通夜や葬儀の日取りは喪家(ご遺族)とお寺さんとの話であり、現実は、お寺さんの都合に合わせることとなる。

 以前も書いたが、近代化された葬儀場であれば、午前中に葬儀の打ち合せ、見積もり契約が完了すれば、その日のうちにどんな大がかりな通夜でも執り行うことができる。午後3時を過ぎていれば、その夜は仮通夜となる。

 ある日の夜、仮通夜に駆け付けていたご遺族の館内に響き渡る怒号が聞こえてきた。葬儀場のロビーでは訃報を聞き、駆け付けた親族の方々が親族会議を開いていた。どうやら、怒号の矛先は遠方の親族のようだ。

 その親族会議の議題は、まずは葬儀にかかる費用をどうするかというものだった。断っておくが、プライバシーを覗き見したのではない。聞きたくなくとも聞こえてくる程の声量での議論だったのだ。

 通常、故人の銀行口座はすぐには凍結されないので、相続人らが「このお金は故人の葬儀費用に使います」などと銀行に申し出れば、名寄せなどの面倒な手続きをせずとも銀行は対応してくれる。

 しかし、昨今は後の「相続トラブル」を避ける為に口座名義人の死亡を認知した時点で、該当口座を凍結するケースのほうが当たり前になってきている。つまりコンプライアンス的な観点による措置だ。

 法や倫理は置いといて、現実は死亡届を出していても、本人のキャッシュカードがあれば銀行から自由にお金を引き出せる。ポイントは「銀行が口座名義人の死亡を認知」しているか否かである。

 「実は父が早朝亡くなり、すぐに葬儀費用が必要になりましたので、300万円を引き出したいのですが」などと当然のように銀行の窓口で言うと「最低でも相続人の方々の了承(名寄せ)をお持ちください」とややこしいことになる。

 私の親族間でも亡くなった叔父の兄妹間の親族会議に間に合わなかった遠方の親族が「分け前(相続分配)」を考え弁護士に相談し、本家周辺の方々の銀行に対し「口座名義人の死亡」を通知するという先手を打っていた。そのためATMでキャッシュカードが使用できない状態となり、その影響で親族会議が始まったのだ。

 葬儀代は地域によってまちまちであるが、亡くなった叔父の地域では会葬者も多く、通夜振舞いも盛大に行うのが慣わしなので、故人の名誉と尊厳を守る為にも500万円程度が必要だった。要はこの500万円を叔父の兄妹で、どのように振り分けるかが、目下の課題となっていたのだ。

 事態をのみ込んだ叔父の兄妹は当然、口座凍結を行った親族に対し憤り、電話を入れる。電話の相手は代理人を名乗る弁護士だった。弁護士は平然と「皆様方がお困りでしたら、葬儀費用は依頼人が建替えますし、その準備も終えております。御心配ありません」と語った。

 叔父の兄妹は田舎に住む高齢者だ。目前の問題が解決したことに安堵し、葬儀の準備に取りかかった。「弁護士先生が言ってくれたから一安心じゃ」である。

 しかし、その一安心も四十九日を待たずに始まる相続問題への序章であったことに後日皆が気づくことになった。相続はお金だけではない、個人が代々受け継いできた品々にも金銭的な価値とは別の思い入れがあるのだ。

 高齢社会においては、誰もが何時でも相続人になり得る。よい相続を行うためには最初が肝心である。お金の問題に関しては、生前から故人への想いなどを親族間で伝えあっておくことも、よい相続を行うための方策のひとつである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月20日 17:19

山県亮太、福岡市で開催の日本陸上競技選手権大会を欠場

   福岡市の博多の森陸上競技場で27日に開幕する「第103回日本陸上競技選手権大会」に出場予定だった男子100mの山県亮太選手(27)が気胸のため欠場することがわか...

2019年06月20日 16:52

「俺が嫌なら野党は一つに」、山本太郎氏が消費税5%で枝野氏らを鼓舞~新宿

 新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員が予算委員会の開かれない原因を「立憲民主党」と名指ししたことに関し19日、山本氏は東京・JR新宿駅前で開いた街頭記者会見で「け...

2019年06月20日 16:15

日産・ルノー、米ウェイモと自動運転で独占契約締結

 日産自動車とルノーは、アメリカのグーグル系企業・ウェイモとドライバーレス・モビリティサービス(無人自動運転サービス)に関する独占契約を締結した。

2019年06月20日 15:53

ザ・ビッグ久留米すわの店 ゆめマート跡地に居抜き出店

  マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は7月19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンする。

2019年06月20日 13:52

平成30年の行方不明者87,962人~認知症原因は16,927人

 警察庁がまとめた「平成30年における行方不明者の状況」で、昨年1年間で全国の警察に届出があった「認知症又はその疑いによるもの」が原因の行方不明者が16,927人に上...

2019年06月20日 13:48

【交通取締情報】21日、三潴郡大木町で実施

 福岡県警は21日(金)、三潴郡大木町で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年06月20日 11:51

未来へ残そう脊振の大自然『第2回脊振サミットを開催して』

 2019年6月16日(日)、西南学院大学の西南コミュニティセンター・ホールで「第2回脊振サミット」を開催した。第1回は昨年2月にボランティア団体の活動報告と各ボラン...

2019年06月20日 11:19

食衛法違反でメキシコ産アボカド1,920t回収

 東京都・中央区役所は18日、農・水産品販売業のWismettacフーズ(株)が輸入したアボカドから基準値を超える農薬が検出されたため、食品衛生法違反として同社に回収...

2019年06月20日 11:07

博報堂が、西日本新聞傘下の西広を子会社化

 広告代理店大手の(株)博報堂(本社:東京都港区)は19日、(株)西日本新聞社のグループ会社で広告代理店の(株)西広(本社:福岡市中央区)の発行済み株式の過半数を取得...

2019年06月20日 10:42

従業員のスマホに送金できる 業務用プリン

 pring(本社:東京都港区、荻原充彦社長)は無料送金アプリ「pring(プリン)」に続き、法人から個人のスマホに送金ができる「業務用プリン」の展開を進めている。

pagetop