2022年06月27日( 月 )
by データ・マックス

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

5月23日、参院厚生労働委員会で答弁に立つ、秋元司・内閣府副大臣

 

■秋元副大臣が答弁~塩田氏と「20年前に先輩の紹介で知り合った」

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。記事の内容は、自民党二階派所属で内閣府副大臣を務める秋元司衆院議員が川﨑大資こと塩田大介氏と交友関係を持ち、塩田氏や塩田氏の関係者が秋元副大臣のパーティー券をあっせんしているというもの。内閣府所管である企業主導型保育事業について秋元副大臣が「口利き」した疑惑も報じていた。

「article9」のアカウントでYoutubeにアップされた動画「秋元司・副大臣またスキャンダル『パーティー券250万円』石橋通宏・立憲5/23 参院・厚労」/「参議院インターネット審議中継」から該当部分をダウンロードしたもの

 秋元副大臣は石橋参院議員の質問に対して、塩田大介氏と「秘書時代に先輩の関係で20年前に知り合った」と認めたうえで、塩田氏が刑事事件を起こしてからは「(正式に)会う機会がなかった」とした。もっとも、石橋参院議員が「プライベートも含めて会ったことはないのか」と重ねて質問すると、「パーティーなどの場で5、6年前に会ったことがある」と発言内容を微妙に変えている。

 秋元副大臣は、塩田氏から企業主導型保育事業について陳情や口利きの依頼などを「受けたことがない」としたものの、同事業について地元から申請方法などの問い合わせや陳情があることは認め、そうした際には「(同事業の)パンフレットなどを渡している」と答えている。

■秋元副大臣の秘書は、「(副大臣の)スケジュールを確認できるかわからない」

 「塩田氏の関係者にも会ったことがない」と答えた秋元副大臣だが、特別取材班は、昨年10月に塩田氏の紹介で秋元副大臣と会ったとする企業主導型保育事業の関連業者と接触しており、その際に秋元副大臣の秘書であるI氏の携帯電話番号も入手していた。I氏は24日午前、データ・マックスの取材に対して「昨年10月の(秋元副大臣の)スケジュールを確認できるかどうかはわからない」と答えている。

 石橋参院議員は秋元副大臣に対して、パーティー券購入者に塩田氏の関係者がいないか調べることを求めたうえで、「確認した内容は国会に報告すること」と、「今後、あちこちで(同じ内容で)質問が出るかもしれない。その際にはしっかりとした答弁を」と述べて質問を終えた。 

ABCホーム会長時代の塩田大介氏(左/アクセスジャーナルより)と、「川﨑大資」を名乗る現在の塩田大介氏

 

【特別取材班】

(6)
(8)

関連記事