• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月21日 14:57

【スクープ第5弾】自民党二階派・秋元司内閣府副大臣が塩田氏の企業主導型保育事業に「口利き」か~塩田氏が秋元副大臣のパーティー券を大量に売りさばく

 

■塩田大介氏の背後に「内閣府副大臣」

 川﨑大資こと塩田大介氏がコンサルティングする企業主導型保育事業について、塩田氏とコンサルタント契約を結んだことのある企業経営者はこう語る。

 「企業主導型保育事業を利用した保育所開設で助成金申請したもののいくつかが、(審査機関である)児童育成協会で止まっていたことがあったんです。でも、塩田氏や塩田氏の部下が育成協会に接触するとなぜかそれが動き出すんですよ。塩田氏は企業主導型保育事業に興味を持った企業にプレゼン(提案)する際には、『この事業は立ち上げ段階から自分が関わっている』とも話していましたから、当時は『政治家にも顔の利く、すごく力のある人なんだな』と思っていましたね」

ABCホーム会長時代の塩田大介氏(左/アクセスジャーナルより)と、「川﨑大資」を名乗る現在の塩田大介氏

 この企業経営者は塩田氏から、自民党二階派で内閣府副大臣を務める秋元司衆院議員(47)を紹介してもらい、昨年10月に東京事務所で秋元議員に会ったことがあるという。内閣府は企業主導型保育事業を主導・所管しており、秋元副大臣はいわば同事業の「総元締め」に近い立場。企業主導型保育所を開設したいと考える企業経営者にとって、塩田氏が秋元副大臣を紹介できる立場にあることが魅力的に映るのは当然ともいえる。

 じつは、塩田氏に被害を受けた企業経営者のなかには、「川﨑大資」と名乗る人物が、かつて競売入札妨害で実刑判決を受けたABCホーム元会長の塩田大介と同一人物であることを薄々感じながらも付き合いを続けていた者が複数いる。「うさんくさい」とわかっていながらも継続して関係を持ち続けたのは、塩田氏の背後に「内閣府副大臣」という強力な政治力を見せつけられたが故だったのだ。

「秋元先生に会っていろいろお願いごとをしたのですが、帰り際に秋元先生が、『あいつ(塩田氏)、ちゃんとやってんの?』と笑いながら聞いてきたので、2人はかなり親しい関係なんだなと感じました」(前出、企業経営者)

■秋元司内閣府副大臣のパーティー券を大量にあっせん

 秋元司内閣府副大臣と塩田氏の関係は確かに「浅い」とは言えなさそうだ。なぜなら、秋元副大臣の政治資金パーティー券を塩田氏が売りさばいていたと、何人もの関係者が証言しているからだ。実際、秋元司後援会の平成29年(2017年)分収支報告書に掲載された複数の政治資金パーティーで、塩田氏や塩田氏の関係者からパーティー券のあっせんを受けたと証言する企業関係者の名前を確認することができる。塩田氏が仲介して購入されたパーティー券は少なく見積もっても250万円分にのぼり、秋元副大臣との関係の深さをうかがわせる。

塩田氏からパーティー券を購入した企業経営者名が掲載された、秋元司後援会の収支報告書(2017年分)
※クリックで拡大

 

 秋元副大臣のパーティー券を購入した都内の企業経営者は、「塩田氏の資金の流れを管理する青木誠敏氏が代表を務める、『全国子ども保育促進機構株式会社』のY(現在は在籍せず)という男性から秋元代議士のパーティー券を購入してくれと頼まれて、100万円分近くを数社で分けて購入しました。Y氏は当時、『うちの川﨑(塩田)は表に出られない事情があるので、自分がパーティー券をさばいている』と話していましたね」。

 2016年度から18年度まで、企業主導型保育事業に付けられた助成金の予算総額は約3,800億円にものぼる。この巨額の助成金をめぐって、秋元副大臣が塩田氏のような札付きの「ワル」から依頼を受けて、「無理筋」の申請を通すように児童育成協会に働きかけを行っていたとすれば、安倍政権を揺るがすスキャンダルに発展することは間違いない。たとえ具体的な指示がなかったとしても、内閣府副大臣から「あの件はどうなっているのか」と問い合わせがあるだけで児童育成協会の担当者が委縮・忖度するだろうことは、森友学園・加計学園疑惑における「忖度」と同じ構図なのだ。

自民党二階派の衆院議員、秋元司・内閣府副大臣(秋元副大臣のFacebookより/写真左の人物と本記事は関係ありません)

 秋元副大臣については今年4月、東レの巨額不正取引事件に関与して1億2,000万円の支払いを求める弁護士法違反(非弁行為)まがいの圧力を東レ・日覺昭廣社長にかけていたことを『週刊文春』が報じ、「ヤミ金の借金取り立て」などと批判されている。

 また秋元副大臣は、3年間で約1,400人の外国人留学生が行方不明になっていることから「留学生ビジネス」と批判されている東京福祉大学(本部:群馬県伊勢崎市)の理事を務めており、これまでに総額300万円超の報酬を得ていたことなどが国会で追及されていた(今年4月4日の参院決算委員会)。疑惑まみれという点ではある意味、塩田氏と同類といえるのかもしれない。

 児童育成協会はデータ・マックスの取材に対して、「(企業主導型保育事業の)審査について、政治家から働きかけを受けたことはなく、職員が忖度したような事実も確認できない」と回答している。しかし当の秋元副大臣自身は、塩田氏と交際の事実があったのか、さらに児童育成協会に対してなんらかの働きかけを行ったことがあるのかなど複数の質問について回答を拒否している。

【特別取材班】
(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)NEW!

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

pagetop