• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月08日 07:00

【スーパーゼネコン18年度決算】オリンピック控え業績は最高水準(2)

2社は増収減益

※クリックで拡大

 清水建設にわずかにおよばず4位となったのは大成建設(株)。計画を上回る受注を確保した19年3月期の売上高は1兆6,508億円(前期比4.1%増)を計上。土木は前期に複数の大型案件があった反動から減少したが、建築は首都圏の大型再開発案件などの注力案件を順調に受注し、前期比で増加。主な完成工事は、「(仮称)麹町新スタジオ棟建設プロジェクト」(東京都)、「札幌創世1.1.1区北1西1地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事および公共施設整備工事」(札幌市)、「一般国道340号(仮称)大峠トンネル築造工事」(岩手県宮古市~遠野市)などが挙げられる。

 利益面では、過去最高益を更新した前期からは減益となったが、過去2番目の水準を確保。土木事業、建築事業および開発事業の売上総利益率の悪化などにより、営業利益1,533億円(同15.7%減)、経常利益1,579億円(同14.8%減)、当期利益1,125億円(同11.2%減)を計上したが、経常利益率では5社中1位と採算性の高さが目立った。

※クリックで拡大

 5位は(株)竹中工務店。売上高は1兆3,536億円(前期比4.5%増)となったが、営業利益は8,506億円(前期比21.2%減)、経常利益は9,397億円(同18.5%減)、当期利益は6,363億円(同16.0%減)と、前年比で軒並み減少した。増収傾向にあるものの、工事原価の上昇傾向が続いており、「建設コストの上昇や一部の大型工事における受注競争激化の影響もあり、建設事業において工事利益が減少している」(同社)という。受注構成は97%超が建築工事で、土木工事は「建物の新築ならびに再開発のなかでそれに付随したもの」に限られ、基本的には建築工事がほぼ100%の構成となっている。

 純資産額1位は大林組。5社とも自己資本比率は35%超となった。純資産額では上場4社におよばなかったが、自己資本比率は45.5%を計上した竹中工務店がトップだった。

※クリックで拡大

手持工事は過去最高水準

※クリックで拡大

 期末時点の次期繰越高は大林組が707億円減、鹿島建設が1,382億円増、清水建設が3,187億円増、大成建設が429億円増、竹中工務店が599億円増と大林組を除く4社で増加。5社合計の次期繰越高は前期比で5,000億円近く増加し、9兆3,637億円にも上る。オリンピック会場の整備を始めとした再開発などによる建設需要は高まっており、工事の受注残高は過去最高水準といえる。

 金融緩和やオリンピック特需により、東京のみならず国内の主要都市ではビルの建替えや再開発が相次いでおり、スーパーゼネコンが次期繰越高を伸ばしているのもその影響を受けたものだ。建設業界では建築資材や人件費の高騰が続いているといわれて久しいが、スーパーゼネコンの原価率(完工原価/完工高)はここ10年減少傾向にあることから、比較的採算性の高い工事を受注できていることが見受けられる。

※クリックで拡大

(つづく)
【永上 隼人】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指してNEW!

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開NEW!

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

2020年11月27日 14:18

(株)レナウン(東京)/アパレル

 10月30日に民事再生手続廃止決定を受けた同社は11月27日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた...

支離滅裂・悪行三昧菅義偉内閣

 安倍晋三前首相の虚偽答弁が明らかになった。桜疑惑について、安倍前首相は国会で再三、次のように述べていた...

pagetop