• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月20日 16:52

「俺が嫌なら野党は一つに」、山本太郎氏が消費税5%で枝野氏らを鼓舞~新宿

膨れた聴衆に消費税5%の野党共闘を訴える山本氏(右端、2019.6.19筆者撮影)

 新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員が予算委員会の開かれない原因を「立憲民主党」と名指ししたことに関し19日、山本氏は東京・JR新宿駅前で開いた街頭記者会見で「けんか上等、俺が嫌なら野党は一つになれよ」と消費税5%への引き下げで足並みをそろえるよう鼓舞した。

 新宿駅西口広場で午後6時半から開かれた街頭会見には、ピーク時で500人近い市民が足を止めて質疑に参加した。憲法改正や首相公選制の導入、森林法改正、インフレ目標などを主題に意見が交わされた。

 女性からは、不正選挙の解明を求められた。これに対し、山本氏は「国会で追及するに耐える証拠がない」と退ける一方、「それより(同党の主張が)横に広がらないと。企業側が利益誘導で頑張って入管法などを通させているように、政治をこっちに向かせる必要がある」と述べ、一人ひとりが伝える重要性を強調した。

経団連の「提言」一覧表(2019.6.8富山市内で筆者撮影)

 経団連が自民党に要望して実現した「提言」一覧表を掲げ、「経団連の執行部たちはあまりに腐ってないか。連合も腐っているでしょうけど。消費税を10%にしろという労働組合があるかよ。何のための労働組合か」と声を荒げた。

 トヨタ自動車労組出身の相原康伸・連合事務局長は5月末、自民党に消費税増税の着実な実施と軽減税率の廃止などを盛り込んだ要望書を提出している。

 山本氏は「もう、仁義なき戦いは始まっている。はっきり言って、けんか上等ですよ。俺が嫌なら野党は1つになれよ。消費税5%でまとまって戦わなかったら、これ変えられないじゃないか」と連帯を呼び掛けた。

 16日に広島で開いた街頭会見で予算委員会が開かれない原因を「立憲民主党」と名指ししたことがネット上で批判されていることに言及し、「俺がどうして野党をたたく? 違う。立憲民主党の支持者がお尻をたたけばいいじゃないか。何をゆるゆるやってんだという話」と、同党支持者に突き上げを促した。

 「次の参院選でねじれを解消する気迫がなければ、政治家をやっている意味はない。何年苦しんだら、その苦しみから解放される。与党側が見せたこの地獄みたいな景色を変えられるのか」と疑問を投げ掛ける。

 そのうえで、「一緒にやろうって。生活が良くなるという旗を振り、希望をもたせ、一緒に力を合わせて変えていくのが野党の仕事だろう。万年野党でいるつもりか」と鼓舞すると、「そうだ」という歓声と拍手が湧いた。

 第2次安倍内閣が2013年の施政方針演説で「企業が一番活躍しやすい国を目指します」と打ち出した法人税減税や派遣労働の拡大、外国人労働者の受け入れなどの施策がすべて経団連の要求であることを指摘。

外国人技能実習生が受ける劣悪待遇の事例(2019.6.19筆者撮影)

 外国人技能実習生が一軒家に18人で住まされ、通帳を取り上げられ、トイレに行くと罰金を取られ、性奴隷としても扱われた事例などを紹介し、改正入管法が日本人の賃金水準低下を招くだけでなく、日本嫌いの外国人を増やして安全保障上も問題であると説明した。

 山本氏は「昨年の国会の話だ。政治の場が"がちんこ"でけんかしたか。一日も延長しないで終わった。めちゃくちゃじゃないか。だから、緊張感が要る。政治のなかでやっていることをばらす必要がある」と、自身が真実を伝える役目を引き受ける覚悟を表明。

 「政治が普通に(国民を)殺しにいっている。少し緩やかだから見えないだけ。この先、この国に未来があるか。国は残る。でも、人々はますます厳しい状況に追い込まれていく」と警告した。

 集会の最後、15日まで1億9,225万円の寄付が集まり、参院選に10人擁立の見通しが立ったことを報告。野党が消費税5%を共通政策にするために圧力をかける考えを示し、次のように呼び掛けた。

 「消費増税を決定したような人間たちが永田町からいなくならない限り消費減税ができないなら、こんな最悪なことはない。空気読めよって話。野党は減税しないと同じ負けを繰り返す。どうか皆さんは、枝野(幸男・立憲民主党代表)さん、福山(哲郎・同党幹事長)さんを応援してください。『みんなで減税しようね』と」

<プロフィール>
高橋 清隆(たかはし・きよたか)  

 1964年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)、『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)、『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)、『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。ブログ『高橋清隆の文書館』。

▼関連リンク
「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立NEW!

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその...

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

pagetop