• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月17日 07:00

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(2)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(前)

 筆者夫婦の兄弟たちが、死の手前で悪戦苦闘している。その様子に触れ、「私たちも死を迎える年齢に近づいた」と実感する。それを実感すれば焦って「自分の生きた証を残したい」という思いが高まる。同時に「今日、この1週間、いやこの1カ月、はたして生きた証を残しただろうか」と焦りつつ自問自答する。大半は「たいしたことをしていない」と悔いるばかりである。

病気に負ける人、立ち向かう人の明暗

 男性は78歳が生死・健康の分岐点であろう。78歳を境に急速に老化が進む。ゴルフ仲間の大半は、この78歳前後に病が判明し、ゴルフ場に姿を現すことがなくなる。

 「貴方は癌です」と通告されると、まだ『ステージⅣ』でもないのに最終局面に追いやられたように塞ぎこんでしまう。豪快な男と見込んでいたのであるが、病に対しては気持ちが負けしてしまう。これでは癌にあえなく負けてしまうだろう。

 ある60代半ばの婦人は10年超、がんと闘ってきた。闘病の初期段階は医者の指示通り、抗生物質主体の治療に専念していたが、「医者にいわれるままの治療ではいけない」と決断した。

 温浴治療から免疫治療まで、あらゆるものに挑戦してきた。この「生命に対する執着心の強さ」には感服する。

 彼女は毎夜、ベッドのなかで自身の体調を自己点検し、死への恐怖を感じながらも「精一杯生きよう」と念じているそうだ。

 病気に立ち向かう気迫をもった人、病と戦う前からあきらめる人、対照的な両者を見て、「己が同様の局面を迎えたならば、どういう心境に陥るのか」を自問自答する。

別れの分岐点に多数遭遇

 義姉夫婦とは12年前、ニューヨークに旅行した(義姉夫婦のことは後で触れる)。その時は「これが最後の旅行になる」とは考えもしなかった。

 「またどこかへ旅行しましょう」と挨拶して別れた。それから6カ月後、人間ドックで肺癌であることがわかった。それから義姉は12年間、癌との戦いに明け暮れ、もう最終ステージに立っている。「姉には本当にお世話になった。もう一度、思い出を残したかった」と妻は泣く。

 田舎の同級生たちとは60歳まで、お互い忙しく、会う機会が少なかった。しかし、60歳を過ぎ、現役を離れてからは会う機会が増えた。

 この10年間、1年に1回は会っていた幼稚園の時からの友人が、やはり癌で亡くなった。2年前の9月、福岡に立ち寄った際、「6月に検査したら癌と診断された」と洩らしていた。それから1年半で逝去したのである。

 東京で開かれた同窓会で、中学・高校の同級生だった女性と10年ぶりに再会したのは昨年7月のことであった。その女性は今年5月にくも膜下出血で急逝したことが告げられた。「もう一度会いたかった」と惜しんでも二度と会えない、別れが多発している。

 身内においても然り。実兄(次男)のことである。4月には故郷・宮崎で一緒にゴルフをした。5月には来福して会食した。その時、どこか元気が無かったのが気がかりだった。

 6月中旬に訃報が入る。「脳梗塞で意識不明の状態」というのである。「もう一度、ゴルフをしたかった」「もう一度、宮崎の焼酎を飲み明かしたかった」と悔やんでみても後の祭りである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月23日 07:00

【11/25】「fabbit Conference 全国大会」オンラインで開催~元駐日米国大使・キャロライン・ケネディ氏が特別講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は11月25日に、毎年恒例の「fabbit C...

2020年11月23日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(後)

 「当社は、2月に入ってからすぐにイベント等の中止を決定するなど、緊急事態宣言が実施される前から対応してきました。イベントなどは3月以降、オンライン開催に切り替えたほ...

2020年11月23日 07:00

ホームセンター大手6社の今期、軒並み過去最高更新へ 巣ごもり消費警戒で下期は控えめ

 ホームセンター上場大手6社の2,3期決算は巣ごもり消費の恩恵で軒並み過去最高になる見通しだ。増収効果に加えDIYや園芸用品などの高採算商品の売上好調で粗利益が改善し...

2020年11月22日 13:00

【高速道手抜き工事】自民党支部の真相究明会議に宮内副大臣が猛烈抗議 文書で「政治活動の妨害」

   中央自動車道の耐震補強工事をめぐる橋台のコンクリートに鉄筋が入っていなかった問題で、工事を請け負った宗像市の建設・運輸業者「大島産業」との癒着関係が取...

2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

 「それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスター...

2020年11月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~塘栖古鎮で想ったこと、古鎮ツーリズムの夢

 もともと、余杭は梅花で有名な土地で、超山という海抜260mの山があり、そこには中国五大古梅のうち、唐梅と宋梅の2本が今なお元気に生存している...

2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりな...

2020年11月22日 07:00

いつまで続くコロナ特需 ホームセンター大手中間決算、軒並み過去最高

 長く鳴かず飛ばずの状態の続いたホームセンターがコロナ特需に湧いている。上場大手6社の8、9月中間決算は軒並み大幅な増収増益を計上。今期決算では過去最高を更新する企業...

2020年11月21日 07:00

黎明期から戦国時代に突入~シェアオフィス業界に求められる変革(前)

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって...

2020年11月21日 07:00

ストラテジーブレティン(266)2021 年の景気拡大前に、投機化する米国金融~日本株式の相対優位鮮明に~(後)

 鍵となる米国長期金利は8月に0.5%であり、ボトム長期上昇トレンドに入ったとみられる。米金融緩和は弾力的でありプラグマテックである。景気とワクチンおよび財政による経...

pagetop