• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月17日 07:00

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(2)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(前)

 筆者夫婦の兄弟たちが、死の手前で悪戦苦闘している。その様子に触れ、「私たちも死を迎える年齢に近づいた」と実感する。それを実感すれば焦って「自分の生きた証を残したい」という思いが高まる。同時に「今日、この1週間、いやこの1カ月、はたして生きた証を残しただろうか」と焦りつつ自問自答する。大半は「たいしたことをしていない」と悔いるばかりである。

病気に負ける人、立ち向かう人の明暗

 男性は78歳が生死・健康の分岐点であろう。78歳を境に急速に老化が進む。ゴルフ仲間の大半は、この78歳前後に病が判明し、ゴルフ場に姿を現すことがなくなる。

 「貴方は癌です」と通告されると、まだ『ステージⅣ』でもないのに最終局面に追いやられたように塞ぎこんでしまう。豪快な男と見込んでいたのであるが、病に対しては気持ちが負けしてしまう。これでは癌にあえなく負けてしまうだろう。

 ある60代半ばの婦人は10年超、がんと闘ってきた。闘病の初期段階は医者の指示通り、抗生物質主体の治療に専念していたが、「医者にいわれるままの治療ではいけない」と決断した。

 温浴治療から免疫治療まで、あらゆるものに挑戦してきた。この「生命に対する執着心の強さ」には感服する。

 彼女は毎夜、ベッドのなかで自身の体調を自己点検し、死への恐怖を感じながらも「精一杯生きよう」と念じているそうだ。

 病気に立ち向かう気迫をもった人、病と戦う前からあきらめる人、対照的な両者を見て、「己が同様の局面を迎えたならば、どういう心境に陥るのか」を自問自答する。

別れの分岐点に多数遭遇

 義姉夫婦とは12年前、ニューヨークに旅行した(義姉夫婦のことは後で触れる)。その時は「これが最後の旅行になる」とは考えもしなかった。

 「またどこかへ旅行しましょう」と挨拶して別れた。それから6カ月後、人間ドックで肺癌であることがわかった。それから義姉は12年間、癌との戦いに明け暮れ、もう最終ステージに立っている。「姉には本当にお世話になった。もう一度、思い出を残したかった」と妻は泣く。

 田舎の同級生たちとは60歳まで、お互い忙しく、会う機会が少なかった。しかし、60歳を過ぎ、現役を離れてからは会う機会が増えた。

 この10年間、1年に1回は会っていた幼稚園の時からの友人が、やはり癌で亡くなった。2年前の9月、福岡に立ち寄った際、「6月に検査したら癌と診断された」と洩らしていた。それから1年半で逝去したのである。

 東京で開かれた同窓会で、中学・高校の同級生だった女性と10年ぶりに再会したのは昨年7月のことであった。その女性は今年5月にくも膜下出血で急逝したことが告げられた。「もう一度会いたかった」と惜しんでも二度と会えない、別れが多発している。

 身内においても然り。実兄(次男)のことである。4月には故郷・宮崎で一緒にゴルフをした。5月には来福して会食した。その時、どこか元気が無かったのが気がかりだった。

 6月中旬に訃報が入る。「脳梗塞で意識不明の状態」というのである。「もう一度、ゴルフをしたかった」「もう一度、宮崎の焼酎を飲み明かしたかった」と悔やんでみても後の祭りである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop