• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月16日 16:36

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(1)~企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか

 「言葉のあや」ではない。まさしく激変時代に突入した。油断すれば淘汰される、いや消滅するのである。

 まずは地球環境の激変。地球温暖化傾向が加速することは間違いない。今年の日本は冷夏のきざしがあるが、突如として40度を超える激暑になることもある。あるいは、毎年のように襲われる集中豪雨などの自然災害。大地震の発生も油断できない。自然環境の激変で、人類の存在そのものが危機に直面している。

 皮肉を交えていえば、日本人は本能的に危機予知能力に優れているのかもしれない。子孫を残すことに危険信号が灯っているのか、子どもの数が減り続けている。年間で約100万人の人口減時代の到来が現実のものとなり、今後10年以内に全国至るところで共同体が崩壊する異常事態が待ち受けている。日本沈没でなく「日本人の消滅」すらSF的ジョークではないのだ。

 そうなれば国として取り得る手段は移民政策しかないのは自明だ。長く単一民族幻想のもとで国を築いてきた日本人にとって国論は二分する大論争が巻き起こるだろう。

 人口が減るということは、市場の縮小を意味する。とくに地方における人口減はスピードが速いうえに減り方も極端である。人口が1%減る県、たとえば長崎県、宮崎県、山口県などは、今のペースでいけば10年以内には人口100万人を割る。その弊害を最も被るのが金融機関だ。銀行経営が成り立たないという現実が誰の目にも明白になってきた。日本は、資本主義社会において金融業が成立しないというが存在し得るのかという根源的な命題と向き合うことになる。

 AIの技術深化が本当に人類を幸せにできるのかという難問も待ち構えている。仕事を奪われた人間が再び専門スキルを習得できる意欲をもてるのか。個人的には、日本人の80%はあきらめるだろうと考えている。産業界においても衰退と勃興が繰り返されるだろう。しかし筆者は、「満足できる対価を握れる職種層は15%。残りの85%は貧困に転落する」という悲観論者に成り下がっている。

 貧困者へのベーシックインカム(最低限所得保障)が一部で論じられているが、実現するとなれば一体どのような社会が待ち受けているのか。労働から解放される「現世の天国」が到来するとは考えにくい。人類がまだ見たことのないような悲惨な社会の訪れかもしれない。

 AIによる技術革新で人類が仕事を奪われ、ベーシックインカムで細々と暮らさざるを得ない人々が大部分となった未来社会では、消費市場が細るのは間違いない。縮小する市場に企業がいかに対応するのか。いろいろ考えてみたものの、筆者は悲観的な未来しか描けない。

 仮にこういう社会が到来したならば、消費市場が先細りするのは間違いない。縮小する市場に企業側はいかに対応するのか。やり方次第では消滅の命運しか残されなくなってしまうかもしれない。「さぁ、どうしますか」

 激変する地球環境を論じてはいても各人、老化して死へと至る日々が刻々と近づいているのは冷厳たる事実である。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)NEW!

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大NEW!

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープンNEW!

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)NEW!

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)NEW!

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)NEW!

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明NEW!

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)NEW!

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)NEW!

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)NEW!

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop