• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 15:35

「北九州の資さん」から「九州の資さん」へ 出店加速(前)

(株)資さん 代表取締役社長・佐藤崇史氏

 1976年の創業以来、40年以上にわたり北九州エリアを中心に「資(すけ)さんうどん」を展開してきた(株)資さん(本社:北九州市小倉南区、佐藤崇史社長)が新規エリアへの出店や新たな出店形態への取り組みを始めた。

 「北九州の資さん」として親しまれてきた同社は、今期4店を出店。18年11月には筑豊地区初出店となる「飯塚穂波店」、19年3月には同社として初めての商業施設内出店となった「イオンモール八幡東店」を開店。19年7月には、4日に佐賀県初出店となる「佐賀開成店」を、11日には福岡市内では5店舗目にして初の博多駅エリアへの出店となる「博多千代店」と、2店舗連続で開店した。今後の店舗展開について佐藤社長に話を聞いた。

佐賀市、博多駅エリアに連続出店、客の利便性が最優先

 ――博多千代店はどのような位置づけの店舗でしょうか。

 佐藤崇史社長(以下、佐藤) 九州の顔になるお店です。九州経済の中心である福岡のなかでも、当社店舗としては繁華街から一番近く、客席数も最大規模の超大型店です。現時点で、私たち「資さんうどん」の福岡の顔、九州の顔になるお店です。

7月11日開店 博多千代店

 ――4日には佐賀に初出店されています。佐賀開成店の開店では車が駐車場に入りきらない程の盛況ぶりでした。

 佐藤 おかげさまで大繁盛でした。大変ありがたいことに、お客様から『資さん、ようやく佐賀にきてくれたね、ありがとう』とか『福岡の友だちから評判を聞いて楽しみにしていました』などと、多くの歓迎の声を掛けていただきました。

 今回の博多千代店は福岡市内でも5店舗目ですので、「資さんうどん」をご存知のお客さまも多くお見えになると思いますが、博多区千代エリアは、海外の方や観光客の方も非常に多く、初めてのお客さまもいらっしゃると思います。今回は、お客さまの利便性向上を目的に「タッチパネル型メニュー」を導入しました。お客さまは席に着いたらタッチパネルで商品画像を見ながら、自分のペースでゆっくりと選び注文することができます。また4カ国語(日本語・中国語・韓国語・英語)の言語切り替えができるので、海外のお客さまにも快適にご利用いただけると考えています。

 店舗側の作業効率という面ももちろんありますが、第一はお客さまの利便性です。資さんの良さである、お客さまのご要望に応えるスタイルは維持しますので、ネギ多めとか、トッピングを別皿で欲しいとか言ったご要望は口頭で直接おうかがいいたします。

 運用してみて利便性が悪くなるようなことがあれば、修正をしたり、元に戻したりすることも、選択肢に入れています。今後は海外への展開もしていきますので、さまざまな店舗運営手法を模索しています。

7月4日開店 佐賀開成店

海外展開にも動き出す。ターゲットはアジア圏

 ――海外展開については、どのような計画でしょうか。

 佐藤 2020年までにアジア圏での出店を考えていますが、まずは7月末に台湾の展示会に出展するので、そこで海外のお客さまの反応をみながら情報収集をし、1店舗目をどこにするのか検討していきます。

 並行して福岡でも出店をしていきたいと思っています。現在、物件の選定中ですが、やはり本当にいい場所じゃないと出るべきではないと思っています。立地としてもお客さまの利便性が良い場所でないと申し訳ないので、1店舗1店舗吟味しながら、それぞれの地域で一番いい場所に出していこうと考えています。出店は進めますが、数字を追って焦って出す必要はないですね。

 新しい店舗は、我々にとっては43店舗目ですが、お客さまにとっては、その1店舗がすべてです。スタッフにとってもそうですし、お客さまが利便性を追求し、車が停めやすいとかいった基本的な部分をしっかりと吟味した場所に出していく。そこは変わらない姿勢ですね。

 店舗というのは私たちにとっては子どもみたいなものです。生まれる瞬間には親、親族一同集まって立ち会い、子ども1人ひとりを大事にという思いです。オープンの時は私もユニフォームを着て店舗に立ちます。それは今後も続けていきたいと思っています。

博多千代店開店でお客様を出迎える佐藤社長

(つづく)
【吉田 誠】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop