• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 15:53

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(3)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(後)

 子どもが一人前の人間としての生命機能を身につけるには、長い時間がかかる。そのため両親は必死で育児を行う。ようやく、ひと安心という段階に至るまでには約10年の歳月(小学4年生くらいまで)を要するだろう。老化から死に至るまでと子どもの成長は真逆だが、時間に換算するとだいたい同じぐらいの期間ではある。要は人間=人類として生きるための機能・能力が1つ1つ剥げ落ちて機能不全となり(老衰)、命=生命活動がストップする(死を迎える)のは10~20年なのである。

壮絶で、かつ悲惨な戦い

 前述した義姉夫婦は自宅で闘病生活を送っている。12年の闘病生活=癌の転移との闘いの初期段階では、まだ余裕があった。抗生物質による治療の合間に台湾旅行も楽しむことができた。

 悲劇の始まりは連れ合い(義兄)も癌に侵されていることが判明してからである。以降は治療の合間に自宅に、その後病院に戻るの繰り返しだった。義姉は趣味が多い人なので、気晴らしに刺しゅう制作に没頭した。義兄は将棋6段の腕前。近所の子どもたちに教えることに喜びを感じる日々を送ってきた。

 その後、医師から「自宅のみでの治療」が宣告された。要するに「治療によって回復する可能性はゼロ。自宅で死を迎えなさい」という宣告である。

 もう少し表現を換えてみると「精一杯、癌と共生して寿命を全うしなさい」「癌によって老衰は早まるかもしれないが、自宅で死と向き合いなさい」という意味で、なんとも残酷な宣告である。

 義姉夫婦は認知症など発症しておらず、頭がしっかりしている。少なくとも体が自由なら気分も楽だろう。週に2回、介護師が自宅を訪問し、風呂に入れてくれたり、部屋の掃除、食事の段取りなどをしたりしてくれる。

 義姉夫婦は冷蔵庫にいれてある料理を取り出して質素な食事をするという。最近の電話では「食事する意欲もない」と語っていた。

 この状態では息子たちが介護に苦労する。長男夫婦は手分けして2日に1回帰ってきて介護をする。長男の妻の実家には介護が必要な母がいて、そちらの世話もしているとか。この長男もしっかり介護に精を出しているが、心身の疲労は計り知れない。

 義姉夫婦は「頭がしっかりしている」と前述したが、お互い病床でどういう会話をしているのであろうか!

人間の威厳・尊厳

 次兄は筆者の6歳上=昭和16年生まれであるから「魔の78歳」間近になる。5年前には自分史なるものを作成した。田舎の秀才として九州大学工学部を卒業して三井東圧に入社してエンジニア畑を歩いてきた。イラン・イラク戦争時には技術者として派遣されたこともある。身長は178cmと当時としては長身の部類になる。豪快に酒を飲むことを楽しみにしていた。

 次兄の入院先で1時間立ったまま、容態を見守り続けていた。耳元で「俺がきたぞ!」と大声をあげるが、瞬きこそすれ、はっきりした意識は無そうである。指を握ったり、腕をきつく締めたりしてみても反応が返ってこない。

 脳の手術を2回行ったが、3週間経っても意識の回復には至っていない。伴侶である義姉は午後2時から午後5時まで立ち会う。「夜、1人で悶々とした時間を過ごしているのか」と想像するだけで、こちらも涙がでてしまう。

 次兄の意識不明の姿を直視しながら人間の尊厳・威厳について考えさせられる。口を開け、自ら呼吸を繰り返す光景には種=人間としての生存への執着心があらわれている。

 しかし、意識がない状態の人間をどう表現したら良いのだろうか?通常、睡眠状態の人間は、次の朝には必ず目を覚まし、人間としての活動を開始する。「次兄には回復の可能性があるのか!なければ人間としてどうなるのだ」。

 どうであれ治療は長期戦を余儀なくされるだろう。

故郷へ戻る

 次兄の2歳上である長兄は80歳になる。弟が先に意識不明の状態に陥ったことにショックを受けている。長兄は次兄よりも70代に活動的な生活をしてきたので多少、元気が良い。もちろん、年相応に病気は抱えている。

 長兄は高校の同窓である義姉と結婚し、横浜にマンションを購入して38年になる。いよいよ残りの人生、最後の支度を終えたようだ。

 まず檀家に2人の17年間の法要代(戒名含む)200万円を払った。80歳を超えれば義姉にとって家事労働も負担となる。「高齢者向きのマンションを探して終の棲家とする」と決断した。

 色々と探したが、東京では費用負担が大きく、生まれ故郷・宮崎に居を構えることになった。宮崎は東京に比べ、コストが半分で済むそうだ。

 18歳で大学に入学し、故郷を離れて62年ぶりに戻る。80代を最後に郷土に錦を飾るのか!己の最後の生き様についても最終的な覚悟を迫られる様相を帯びてきた。

(この項了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月23日 07:00

【11/25】「fabbit Conference 全国大会」オンラインで開催~元駐日米国大使・キャロライン・ケネディ氏が特別講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は11月25日に、毎年恒例の「fabbit C...

2020年11月23日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(後)

 「当社は、2月に入ってからすぐにイベント等の中止を決定するなど、緊急事態宣言が実施される前から対応してきました。イベントなどは3月以降、オンライン開催に切り替えたほ...

2020年11月23日 07:00

ホームセンター大手6社の今期、軒並み過去最高更新へ 巣ごもり消費警戒で下期は控えめ

 ホームセンター上場大手6社の2,3期決算は巣ごもり消費の恩恵で軒並み過去最高になる見通しだ。増収効果に加えDIYや園芸用品などの高採算商品の売上好調で粗利益が改善し...

2020年11月22日 13:00

【高速道手抜き工事】自民党支部の真相究明会議に宮内副大臣が猛烈抗議 文書で「政治活動の妨害」

   中央自動車道の耐震補強工事をめぐる橋台のコンクリートに鉄筋が入っていなかった問題で、工事を請け負った宗像市の建設・運輸業者「大島産業」との癒着関係が取...

2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

 「それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスター...

2020年11月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~塘栖古鎮で想ったこと、古鎮ツーリズムの夢

 もともと、余杭は梅花で有名な土地で、超山という海抜260mの山があり、そこには中国五大古梅のうち、唐梅と宋梅の2本が今なお元気に生存している...

2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりな...

2020年11月22日 07:00

いつまで続くコロナ特需 ホームセンター大手中間決算、軒並み過去最高

 長く鳴かず飛ばずの状態の続いたホームセンターがコロナ特需に湧いている。上場大手6社の8、9月中間決算は軒並み大幅な増収増益を計上。今期決算では過去最高を更新する企業...

2020年11月21日 07:00

黎明期から戦国時代に突入~シェアオフィス業界に求められる変革(前)

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって...

2020年11月21日 07:00

ストラテジーブレティン(266)2021 年の景気拡大前に、投機化する米国金融~日本株式の相対優位鮮明に~(後)

 鍵となる米国長期金利は8月に0.5%であり、ボトム長期上昇トレンドに入ったとみられる。米金融緩和は弾力的でありプラグマテックである。景気とワクチンおよび財政による経...

pagetop