わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

■堕ちた「信金の優等生」~広がる反社の闇

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、かつて地銀の「優等生」といわれた銀行の姿は微塵もなかった。

 同行は2010年代以降、地域金融機関が業績確保に苦しむ中、シェアハウスを中心とした不動産向けローンに注力して実績を重ね、金融庁をして「理想的なビジネスモデル」といわせた。その裏では不動産業者と行員が結託した融資審査書類の改ざんが横行していた。

 そして2018年以降、シェアハウス事業の低迷から一挙に問題が表面化、業者の破綻を受けて、金融庁の立ち入り調査を受ける事態になった。また一連の過程のなかでパワハラ同然の営業現場の実態も明るみになり、株価もピーク時の5分の1にまで下落。2019年3月期決算で、同行は971億円の赤字に転落した。

 不動産融資関連では、信用金庫業界の優等生だった西武信用金庫(東京都中野区)も陥穽にはまった。総資金が1兆円を超える「メガ信金」の1つで、近年、カリスマ経営者だった落合寛司理事長の下、積極融資を展開していた。同信金の戦略は特徴的だ。首都圏の繁華街に次々と店舗を展開。それも雑居ビルの上層階にこじんまりした「空中店舗」を構え、少数精鋭のスタッフが顧客の課題解決(コンサル)に徹する。海外戦略や大学・士業との連携も活発に行っていたが、主力は不動産融資だった。その過程で反社会勢力関連企業への融資が昨年表面化。今年5月、金融庁の業務改善命令を受けて、落合理事長が引責辞任した。

■金のあるところを狙え

 両者の不祥事のキーワードは「不動産」。とくにスルガ銀行では、不動産投資による資産運用を図る「個人」が被害者となっている。従来、地域金融機関の主たる顧客だった中小・零細企業が金を借りてくれないとなると営業の矛先は個人へと向かう。現在、世間を賑わせている、かんぽ生命の不適切な保険販売の被害者も、多くは高齢者中心の「個人」だ。「金のあるところに狙いを定めろ」という金融の不文律は生きているが、フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)があるとは感じられない。

 もう1つの問題は、地域金融機関でありながら、本当に地元のために尽くしているのか――という側面だ。スルガ銀行のケースでは、問題融資を展開していた店舗は大部分が東京と首都圏の店だった。同行に限らず、最近では地銀の都会への進出が目に付く。「金のあるところに集まる」原則はここでも生きているが、これはつまり、「地元で集めた金を都会に投資する」ということで、とても地域振興に貢献しているとは思えない。五輪以降は首都圏でも景気低迷が憂慮されており、ゆくゆくは東京でも人口減が始まるのだ。

 不動産ローン、個人向け融資、手数料ビジネス、東京進出……収益モデルはいろいろあれ、所詮は対症療法。将来にわたる持続的存続を望むなら、答えは自ずと見えている。

(つづく)
【渋谷 良明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop