わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月13日 07:15

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(7)

 一生懸命に頑張ってくれる人には、「ありがとう、さらに努力してくれ」というし、間違っている人には、「おまえは間違っている」とはっきりいう。また、経営者である自分自身が間違っている点を指摘されれば、「なるほどそうだ。直すようにする」と、こちらも素直に反省する。まさに修行の場です。

 コンパの場が、従業員にとっても、経営者にとっても、自分を鍛えていく場になるわけです。私がこのスタイルでやってきたなかで、海外においても、本音でぶつかり合ったエピソードがあります。それは、かつて米国の京セラ関連会社の社長、副社長級の人たちをサンディエゴに集めて、私の経営哲学を理解してもらうために、2日間かけてセミナーを開いた時のことでした。

 このセミナーでは、前もって英訳した私の著書『心を高める、経営を伸ばす』を渡し、それに対する感想文を書いてもらったのですが、読んでみると、「こんな考え方は嫌だ」という内容ばかりでした。

 「この本には、『我々はお金を目的に働いてはいけません』と書いてある。我々アメリカ人はお金のために働いているのに、お金のために働いたらいけませんとはどういうことか。これは我々のアメリカンスタイルとはまったく考え方が違う」と、セミナーを始める前から、私のフィロソフィは米国の幹部連中から総スカンでした。

 そこで私はフィロソフィを噛んで含めて、一生懸命に話をしました。「私は従業員の皆さまを本当に幸せにしてあげたいと思って、誠心誠意頑張っています。それを実現していくための考え方、行動指針はこういうもので、人間として立派なものでなければならない」ということを縷々(るる)説明しました。

 私が直接、丸1日かけて、魂を込めて話したところ、当初は総スカンだったみんなが納得してくれたどころか、「すばらしい」と共感してくれるようになりました。MITのドクターコース、エール大学、ハーバード大学を出たようなエリートたちも納得してくれて、「京セラフィロソフィはすばらしい。我々もこれからは、この考え方で仕事をしていこう」と、セミナー2日目にはみんな大賛同してくれたのです。

 問題は、その後でした。生活習慣も違えば哲学、宗教、歴史、考え方もまったく違う人たちを心酔させ、わかってもらい、やれやれと思ったセミナー2日目の最後です。

 「これからはフィロソフィで仕事を進めていきましょう」と言って終わろうとしたら、10年も働いている幹部が、質問があると手を挙げました。

 「昨日からお話を伺っていますと、愛とか思いやりということばかりお話しされていますが、3、4年ほど前、京都で開催された経営会議である関連会社の社長が今までずっと赤字だった会社を黒字にしたと意気揚々と発表した時のことを覚えておられるでしょうか」「その時、けんもほろろに彼を叱っておられたように思います。今まで赤字の時も叱られ、黒字になってもけんもほろろの扱いをされたと、彼は非常に落胆していました。私も、黒字にしてもちっとも褒めない、なんと冷たい人なんだと正直思いました」

 「そのような過去の言動と、昨日からお話しされてきた愛とか思いやり、従業員の幸せのため、というお話とは、あまりに矛盾しているのではないでしょうか」

 そのように幹部社員が本音を私にぶつけてきたわけです。みんなが「なるほどな」とフィロソフィに納得しているところに、このようなことを言われてしまえば、それこそ2日間の話がすべて台無しになります。なるほど、ドクター・イナモリは自分のことを正当化するために百万言費やしているだけなのだと、みんなの気持ちが一発で変わってしまいます。

 だから、私もそこで堂々と反論しなければなりません。私は、次のように答えました。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop