• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月10日 16:30

【パチンカー代の『釘読み』】宣翔物産、赤字脱却なるか

 福岡県下でパチンコホール「PLAZA」を9店舗展開する(株)宣翔物産。JR博多駅前や、西鉄福岡(天神)駅側など、交通アクセスに優れた場所で営業を行っているほか、広告塔に人気お笑い芸人の博多華丸・大吉を起用していることもあり、福岡における知名度は抜群だ。

 地域密着での営業活動ながら、2017年7月期には808億円の売上高を計上。最終損益段階で30億円の赤字計上となった。

韓国人観光客にも人気のプラザ博多
韓国人観光客にも人気のプラザ博多

 18年7月期は、581億9,600万円の売上高を確保したものの、営業赤字27億6,100万円、経常赤字1億2,800万円、当期赤字10億1,300万円を計上。2期連続の最終赤字という結果に終わった。

 同社は航空機のリース事業を行うにあたり、西日本シティ銀行から航空機4機を担保として160億円の融資を受けている。相応額の特別償却費が計上されていると考えられるが、同期時点での自己資本比率は0.28%と財務面も悪化している。

 こうした状況の中、同社は18年4月、関連会社の(有)センコーポレーション及び(株)アスパイアコンサルティングコーポレーションを吸収合併。19年には、同じく関連会社で「ホテルクリオコート博多」の運営を手がける(株)クリオも吸収合併するなど、グループ再編を通じて、事業の一本化を実施している。

 体制を整えてはいるものの、収益力の強化は必要不可欠。進む遊技市場の規模縮小と、来月に迫る10%への消費税増税。経営環境が厳しさを増していく中、福岡遊技市場のメインプレーヤーである同社が、この局面をいかに乗り越えていくのか、その動向が注目される。

【代 源太朗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月18日 07:00

【インタビュー/加谷 珪一】オリンピック後、2020年代日本の未来図~祭りの後の日本経済発展のために(2)NEW!

 欧米の観光客は1人あたり消費額が大きく、シフトするのは1つの手です。ただ、彼らは非常に成熟しており、ちょっとやそっとのホスピタリティでは満足してくれません。日本の観...

2020年02月18日 07:00

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(2)NEW!

 ファーストリテイリングはそこに安住することなく、その取り組みをさらに進化させる。新たなモノづくりの仕組みを構築するために、「有明プロジェクト」を始動させ、2017年...

2020年02月17日 18:55

東京マラソン、一般参加の中止~参加予定ランナーの声

 3月1日開催の東京マラソンは、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、一般ランナーの出場を取りやめ、招待選手などエリート選手のみで行われることが決まった。

2020年02月17日 16:39

【定点観測】東京・午前8:00~マスク着用率は…

 都内ではマスクを着用する人の姿が多く見られるようになった。下の写真は、今朝の通勤時(午前8時ごろ)のものである。地下鉄丸ノ内線・中野坂上駅を降りて改札に向かう乗客の...

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

pagetop