• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月12日 09:38

西日本新聞よ!現実を直視せよ(4)─(株)西日本新聞社OB鼎談(ていだん)─

 ――Cさんも、先輩2名と同様、使命感をもって、新たな事業構築に挑まれていたということですね

 C:その通りです。このままだと西日本新聞社は、消滅してしまうと思ったからです。だからこそ、命懸けで新たな収益を生み出すための事業を模索したのです。しかし、結局は、社を去ることになりました。

 同社が崩壊していく姿を見るのは、忍びないです。発刊部数が下落し続け、折り込みチラシの事業はもはや形骸化し、新聞という紙媒体ビジネスは終焉の時を迎えているのです。

 かつては700億円超の売上高(連結)だったのが、来期(2020年3月期)は、500億円を割り込んでしまうのではないでしょうか。経営陣は、見て見ぬ振りをして、自分が関わる時期さえ乗り越えられれば、「それで良い」と思っているのかもしれません。

 A:Cさんのおっしゃる通りで、いつまでも「紙」に固執していることが、西日本新聞社を追い詰めているのです。

 苦戦が強いられているのは、新聞社が信念とする「紙は不滅だ」とする経営体制そのものです。この「紙は不滅だ」という言葉は、近い将来「露」のように消えてしまうでしょう。

 後期高齢者の私でさえスマートフォンでニュースをチェックする時代です。若い世代、働き盛りの方々が、電車やバス内で新聞を開いていますか。宿泊施設でも売店でも売れていません。

 西日本新聞を含め、新聞の購読者は年々減少していますし、それは今後も続くと断言できます。その現実を今すぐに認めることです。新聞社の「紙は不滅」だという信条にいつまでも固執すると、会社がなくなってしまいます。

 B:お2人のいう通りです。一刻も早く体制を変えていくことが大切です。しかし、残念なことに今の西日本新聞社には、そうした風土がありません。つまり、組織を超えて事業をつくり上げるというマインドが、西日本新聞社の代表をはじめ、ほとんどの経営陣が持ち合わせていません。

 同社の歴代代表は、「自分が代表の時は、何事もなく波風立たず無事に終わること」を考える人がほとんどでした。いわゆるサラリーマン社長です。それは現在も変わらないでしょう。そうした考えを持ち続けている限り、同社は生き残れません。

 新聞業界は斜陽です。その現実から目を背けることは、逃げていることと同じです。しかし、それでは会社は成長しません。

 現況に一番近い時代を過ごされたCさんのお話を聞いていると、残念ながら同社は、現体制では限界状態だと分析しています。

 人材流出も問題です。聞くところによると、40歳前後の組織の中核をなすべき人材が、次々と抜けているそうです。また、同社への新卒の入社希望者が激減し、次世代を担う人材が不足している状態だということです。このままでは、同社に入社を希望する次世代の人材は、さらに減少し続けるでしょう。

 「紙」に固執していることで、どんどん後退しているというのが現実なのです。

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月05日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(中)NEW!

 「私は自分の希望で外務省でのほとんどの時間を国際機関の仕事(国連、OECDなど)すなわちマルチラテラルな分野で過ごさせていただきました...

2020年04月05日 07:00

【業界ウォッチ】新型コロナウイルスの影響NEW!

 東京都が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月28日、29日の週末の2日間、不要不急の外出の自粛を呼びかけたことを契機に、25日夜から27日にかけて、都内のスー...

2020年04月04日 18:48

中洲の火が消える、名門クラブが一斉に休業・休店

 中洲のビル管理会社経営者がコロナ発病にとりつかれた。いよいよ中洲にも凶暴なコロナが横行するリスクが高まってきた…

2020年04月04日 18:24

中洲のビル管理会社経営者が新型コロナウィルスに感染

 コロナ緊急事態に関する弊社特別取材班によると中洲のビル管理会社の経営者が新型コロナウィルスに感染したことが判明した。発覚の切っ掛けは4月2日にこの経営者に「中洲の取...

2020年04月04日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(前)

 今人類は「パーフェクトストーム」(複数の厄災が同時に起こり、破滅的な事態に至ること)の洗礼を受けており、この地球は前代未聞の嵐に飲み込まれようとしている。さて私たち...

2020年04月04日 07:00

コロナ感染者数6月に10億人突破の勢い

 米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によるとコロナウイルスの感染確認者数は4月3日時点で100万人を突破した。死者は5万3,000人...

2020年04月04日 07:00

「コロナにおびえてどうするか」我が道を信じて挑戦する~芝浦グループホールディングス新地哲己会長兼CEOの経営信条

  東京進出でグループ組織の質的大転換 新地 哲己 会長  「コロナ恐慌」という逆風に「我が道」を貫き、敢然と立ち向かっている稀有な...

2020年04月03日 16:39

美容師の独立支援 シェアサロン・Reco hair(リコヘアー)が16日オープン

 16日、福岡市・今泉にシェアサロン「Reco hair(リコヘアー)」がオープンする。 「美容師として働く同世代の友人から、今後のキャリアプランについて相談を受け...

2020年04月03日 16:15

【コロナに負けない(15)】「もしも」を想定し、新型コロナウイルスと戦う

 新型コロナウイルスの感染拡大で、さまざまな業界が影響を受けている。葬儀に使用する花を扱っている会社でも売上に影響があるだろうと思い、尋ねてみたところ...

2020年04月03日 16:11

【夏のインターハイ】開催可否をめぐって協議 「地区推薦」などかたちを変えて開催の可能性も

 高校生スポーツの祭典、全国高等学校総合体育大会(夏のインターハイ)の令和2年度大会は8月10日から24日まで、北関東ブロックを中心に全国計21府県会場で開催される。

pagetop