• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月06日 07:00

時流を読んだマンション事業からの脱却 社員一丸で“挑戦者”として次なる展開を(4)

 ――そうした社員が育ってきたことで、時代の流れに柔軟に対応できるのですね。

 石原 先ほどの蓄電池にしても、決して未来永劫続くようなビジネスモデルではないと思いますが、たまたま弊社が太陽光をやっていたおかげで、こうした発想が生まれてきました。そして蓄電池事業がある程度かたちになってくれば、今度はまた別のアイデアが生まれてくるのではないかと思っています。

 結局、「家」というものは、さまざまな要素とつながっています。当初は別事業と考えていた太陽光も、最終的には家に関係してきますし、浄水器だって家に取り付けるものです。規模の大小や、取り扱う商材の違いなどはありますが、同じ枠組みのなかで、新たなビジネスをいろいろと増やしていけるのではないでしょうか。

 そして、これまでは住環境だけにこだわってきたのですが、個人的には、それ以外の環境にもチャレンジしたいなと考えています。

 たとえば、ひょっとすると世の中の流れに逆行しているものかもしれませんが、現在、「スモークポイント」という喫煙ブースの販売を行っています。たとえば健康増進法の改正により、飲食店などでは来年4月から全面禁煙が義務付けられるなど、社会全体で分煙化の取り組みが広がっています。どうしてもタバコを吸わせたい場合は、喫煙ブースや喫煙所の設置を行わなければならないのですが、その喫煙ブースの販売をしています。

ダクト工事が必要な禁煙ブース「スモークポイント」
ダクト工事が不必要な喫煙ブース「スモークポイント」

 通常の喫煙所などは換気扇などが必要ですが、この「スモークポイント」はダクト工事が不要なことに加え、ガラスで囲まれたデザインが何ともスタイリッシュです。ブース内で吸っても煙が吸引されるので、衣服や髪の毛にも臭いが残りませんし、フィルターが3層式になっていて、タバコの煙もきれいな空気にして室内に循環させます。もちろん厚生労働省の分煙対策のガイドラインはクリアしているものです。これを飲食店だけでなく、ホテルやオフィスなどもターゲットに、販売を進めていきたいと考えています。

 ――最後に、今後のご自身の役割について、抱負をお聞かせください。

 石原 1つは、社内的な団結を再構築していくことが挙げられます。というのも現在、弊社の事業構成が多岐にわたったことの弊害として、以前に比べると社内的な団結や一体感などが薄れてきているのを感じます。以前の弊社は、社員が一丸となって皆でマンションを売っていましたので、マンションが売れれば社員全員で喜び、逆に売れなかったら全員で悔しがるといったような、そうした一体感が会社のなかにありました。

 ところが今は組織が縦割りになってしまったことで、マンションが売れても「私には関係ないし」とか、戸建が売れても「俺たちには関係ないし」など、他事業部への関心が薄れている状況も生まれつつあります。そこは多事業展開の弊害だと感じていますが、それではシナジー効果は生まれませんので、自分の代でもう一度、社内全体の一体感や団結をつくり上げていきたいと思います。

 もう1つ、社外的なものを挙げれば、“競合”ではなく、“協業”をつくっていきたいと考えています。弊社は販売力が強みではありますが、裏を返すと技術力では弱い部分があります。やはり今の世の中は、いろいろな新たな技術が出てきていますし、そうした技術力をもった企業と提携し、販売の部分を受け持つことで、両社のシナジー効果を発揮していくような、そうした取り組みを考えたいですね。あるいは、同じ業種同士でも競合して足の引っ張り合いをするのではなく、何らかのかたちでともに儲かっていけるような、そうした方策についても考えていきたいと思います。

 弊社はまもなく25周年の節目を迎えます。今後、弊社が展開している各事業はそれぞれに異なる局面を迎えることが予測されますが、常に多くのお客さまから必要とされる企業であり続けるために、自社の強みである“ダックスらしさ”を追求しながら、変革を恐れることなく常に挑戦を続けていく―そうした会社にしていきたいですね。

(了)
(文・構成:坂田 憲治) 

<COMPANY INFORMATION>
代 表:石原 紀幸
所在地:福岡市中央区長浜1-1-1
設 立:1995年2月
資本金:1億9,134万円
売上高:(19/1)73億8,487万円

<プロフィール>
石原 紀幸(いしはら・のりゆき)

 1963年2月生まれ、福岡市出身。九州大学卒業後、85年4月に(株)リクルートに入社。88年4月に新生住宅(株)に入社した。95年2月、(株)ダックスの設立と同時に入社。2018年3月の代表取締役副社長就任を経て、19年4月に代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 07:00

【八ッ場ダムを考える】完成まで68年八ッ場ダムにおける「闘争」とは(3)NEW!

 「八ッ場(やんば)ダム」は、2009年9月、民主党政権下でダム建設中止が宣言されたことから、一躍全国的に有名となったダムだ。その完成には、1952年の調査開始から2...

2021年03月02日 07:00

鎌倉・空き家再生ファンドで住民参加型のまちづくり(後)NEW!

 人が長く住み続けられる家を目指して、新築の設計にも工夫を凝らす。中古住宅市場はまだ成熟していないため、新築からも空き家の解決策を探っているのだ...

2021年03月02日 07:00

基山町で18年ぶりの分譲マンション、地方創生の新たなモデルを目指す(後)NEW!

 今回のマンション建設にあたって1月25日、同社と基山町は「まちづくりに関する協定」を締結した。双方が協力してまちづくりの推進および地域振興を行う、官民連携の新たなま...

2021年03月02日 07:00

西鉄高架化、駅前再開発も控える 住宅都市・春日&大野城の今昔(3)NEW!

 明治期になっても、大部分は純農村だった春日村および大野村だが、交通インフラの開通とともに、急激な変化が訪れることになる。まず、1889年12月に九州鉄道の博多~千歳...

2021年03月01日 18:13

【九州FG】肥後銀と鹿銀で共通のスマホアプリを開発 オンラインで口座開設も

 (株)九州フィナンシャルグループ(熊本市)が、モバイルバンキングサービスを手がける米・ムーブン社と提携して傘下の肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)共通のスマ...

2021年03月01日 18:04

米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った

 世界的に株価調整が起きている。日本株価はコロナ後の底値から年末までに68%の急伸を遂げ、今年に入ってからも年初比11%上昇と快進撃を続けてきたが、2月16日の高値か...

2021年03月01日 16:56

【大手企業を糾弾する/大和エネルギー】脊振山系の風力発電所建設計画からみえること(前)「輝く小さな町」糸島市の豊かな自然を守ることこそ、私たちの責任

 「脊振山系に大規模な風力発電所の建設計画」という一見すると心地よいタイトルを掲げて、大和エネルギー(株)が自然の力を活かす再生可能エネルギー事業の...

2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。5年かけてたどり着いた待望のトップ...

2021年03月01日 15:19

中国経済新聞に学ぶ~中国の9割の若者が老後に不安

 中国メディアが行った調査によると、18~35歳の1,000人余りの回答者のうち、9割近くが「今から自分の老後について考え始めなければならない」と答えたという。これよ...

現場を重視した顧客主義戦略で サッシ工事では地場トップクラス

 建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切って収納をつくる―建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を指す。玄関ドアや障子、ふ...

pagetop