• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月05日 07:00

時流を読んだマンション事業からの脱却 社員一丸で“挑戦者”として次なる展開を(3)

新規事業への挑戦で時代の流れに柔軟に対応

 ――次なる“第3期のダックス”の事業イメージとしては、どのように描かれていますか。

代表取締役社長 石原 紀幸 氏
代表取締役社長 石原 紀幸 氏

 石原 一番に手を付けていかなければならないと思っているのは、利益率の改善です。

 たとえば弊社のマンション事業も、ここ最近は売り方にもつくり方にもオリジナリティがなくなってしまい、おそらく利益率が低かったのだと思います。平崎が最前線に立ってマンション事業の陣頭指揮を執っていたころは、いろいろと販売面での良いアイデアや、マンション的にも面白い部分があったのですが、そういったものが最近は薄れてきていました。これも、先ほどお話ししたマンション事業中断の要因の1つです。やはり、そうしたオリジナリティや付加価値などを改めて考えていかないことには、利益の確保が難しいので、そこをどう改善していくのか、しっかりと取り組んでいきたいと思います。

 戸建にしても、おかげさまで今はある程度好調なのですが、今後、大手グループなどが本腰を入れて進出してきた場合、いかにして戦っていくのか――。正直なところ、現在の「P-TELAS」ブランドだけでは差別化が難しいと思いますので、“セカンドブランド”の立ち上げも含めて、検討していかなければならないと考えています。それが、狭小地向けの3階建てが良いのか、はたまた何か別のかたちが良いのかはわかりませんが、技術力のある施工会社とも提携しながら、模索していきたいと思っています。

 ――新たな事業展開については、いかがですか。

 石原 実は今、新規事業として、家庭用蓄電池システムの販売を展開する予定です。このために子会社を立ち上げ、関東エリアのほうから営業を始めています。これは、09年11月からスタートした10年間の住宅用太陽光発電の優遇措置が、間もなく期間満了を迎えることを見越して始めたもので、安い価格で売電するくらいなら、各家庭で蓄電池に電気を蓄えて、夜間に使用してもらおうというものです。

 今年11月以降に日本全国で期間満了を迎える家庭が50万世帯以上あるといわれていますし、来年や再来年まで含めると、100万世帯以上だそうです。この事業は、これから必ず時流に乗ってくる手堅いビジネスとして、今後の成長を期待しているところです。

 ――そうした新規事業の立ち上げなどは、トップダウンで進められているのでしょうか、それとも社員からの提案を取り入れられているのでしょうか。

 石原 これまで弊社では、平崎というカリスマが次々と新規事業を打ち出し、「やるぞ!」という上意下達でやってきました。ですが、平崎も会長に退きましたし、いつまでも頼っているわけにもいきません。また、これまでの矢継ぎ早の新規事業展開によって、社内に「いろいろなものにチャレンジしよう」という精神が根付いてきていますから、もう変わっていかなければならない時期だと思っています。

 実は、先ほどお話しした蓄電池事業も、「蓄電池はこれから当たると思うので、自分がやりたいです」と手を挙げてくれた社員がいて、彼の発案で始めたものです。これまでの新規事業は、平崎を始めとした幹部が中心となって立ち上げてきていますが、今後は社員発信のものも含めて、さまざまなアイデアで世の中に求められるものを見出し、ビジネス化していきたいと思います。

 ――いわゆるデベロッパーの社員の雰囲気とは、随分と違ってきていますね。

 石原 昔はどちらかというと、1人ひとりが“兵隊”というか、言われたことを確実にこなすプロ集団みたいな感じでしたが、今はどちらかというと、アイデアを出して、それを事業化していく“チャレンジャー”のような感じではないかと思っています。

(つづく)
(文・構成:坂田 憲治)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:石原 紀幸
所在地:福岡市中央区長浜1-1-1
設 立:1995年2月
資本金:1億9,134万円
売上高:(19/1)73億8,487万円

<プロフィール>
石原 紀幸(いしはら・のりゆき)

 1963年2月生まれ、福岡市出身。九州大学卒業後、85年4月に(株)リクルートに入社。88年4月に新生住宅(株)に入社した。95年2月、(株)ダックスの設立と同時に入社。2018年3月の代表取締役副社長就任を経て、19年4月に代表取締役社長に就任した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月12日 13:53

【鹿児島県知事選2020】塩田氏一歩リード 現職・三反園氏伸び悩む NEW!

 今日、投開票が行われる鹿児島県知事選挙の情勢調査で、新人で前九州経済産業局長の塩田康一氏(54)が一歩リードしていることがわかった。地元紙などが実施した最新の世論調...

2020年07月12日 07:00

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(中)

 外国人は、来日時に住居を見つけにくいと言われている。そのため、「外国人のための賃貸住宅入居の手引き」をつくり、部屋探しをしやすい環境を整える...

2020年07月12日 07:00

【縄文道通信第35号】天職ガイド 縄文人の職の現代へのつながり 縄文道 ― 武士道 ― 未来道(後)

 住生活はどうであろうか。縄文の家は竪穴式住居と言われ、地面を少し堀り、そこに石を敷き堅牢な柱を立てて、藁葺と萱で外装と屋根をつくる、すべて木造の建物である...

2020年07月11日 15:19

【みやき町】ふるさと納税再開へ

 佐賀県みやき町は、10日、同町内のコミュニティセンターこすもす館で、ふるさと納税再開に向けた事業者説明会を行った。

2020年07月11日 07:00

開発から半世紀を経て団地再生へ「宗像・日の里モデル」とは(後)

 ほぼ全域が1965年から始まった日本住宅公団(現・UR都市機構)の土地区画整理事業で開発されたもので、その面積は217.6haと、当時としては九州最大規模だった...

2020年07月11日 07:00

変貌しつつある大阪港~アフターコロナ時代の万博を 実現できるか?(4)

 万博関連インフラ整備は、概ね順調に進んでいるが、万博開催については新型コロナウイルスの影響は避けられない状況だ。10月に開催予定だったドバイ万博は1年間延期...

2020年07月10日 17:49

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(1)

 「お仏壇のはせがわ、再生なるか」をテーマに2回にわたって報告した。 (株)はせがわの前途は非常に険しい。潰れることはなくてもじり貧傾向を下っていくであろう。前号で...

2020年07月10日 16:52

新型コロナウイルス感染拡大~関東で猛威

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月10...

2020年07月10日 16:30

自民党が外国人材受入れ推進を安倍首相に提言~高度人材や技能実習生など(前)

 7月1日、自民党政務調査会外国人労働者など特別委員会が開催され、高度人材や技能実習生などの外国人材の受入れ推進について、議論がなされた...

2020年07月10日 16:22

中国東北部と北朝鮮で活発化する火山活動:富士山の噴火も(4)

 科学技術が進歩し、東京工業大学と京都大学では人工知能(AI)を駆使した火山噴火を予測する研究を進めているが、自然界の動きを正確に見極めるにはまだまだ時間がかかりそう...

pagetop