• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 07:00

商売の王道を追求し、焼き肉レストラン店を拡大 人を大事にする社風が事業の拡大を支える力 一樹百穫 

飲食店経営
(株)綱屋

ベトナムに海外1号店を出店

ステーキガーデン風の邱
ステーキガーデン風の邱

 (株)綱屋は1979年2月、代表取締役会長・萩原正綱氏が精肉販売店を開業したのが起源である。萩原氏は、着実に事業を拡大し多店舗化をはたす。その後、時代の変化を先取りし、外食事業へ主軸をシフトし焼き肉レストランのチェーン化に着手した。肉に精通した強みを生かした同社の店は、広く支持を集め着実に店舗を増やし、現在は福岡市内に「黒和牛焼肉伝統料理 ヌルボン」「博多和牛一頭買いの店 ヌルボンガーデン」「だんらん居酒家 HANA」「ステーキガーデン風の邱」といった直営店を14店舗、熊本にFC2店舗を展開している。

ベトナム1号店「IL CORDA(イル・コルダ)」
ベトナム1号店「IL CORDA(イル・コルダ)」

 人口減少とマーケットの縮小が進む日本とは対照的に成長著しいアジア諸国が世界から注目を集めるなか、同社も創業40周年を迎えた今年5月、ベトナムにステーキハウス「IL CORDA(イル・コルダ)」を出店した。1.5㎏のトマホークステーキなどを提供し現地で話題を呼ぶなど、順調に売上を伸ばしている。このベトナム1号店を足がかりに、3年で10店舗の出店を目指している。ベトナムを拠点に綱屋の味は海外でも広がりを見せているのだ。

人を大事にする社風

取締役常務 呉羽 信介 氏
取締役常務 呉羽 信介 氏

 飲食店の魅力は五感で感じるものである。料理が旨いのはもちろん、居心地の良さや清潔感、従業員の対応なども味を決める重要な要素といえる。同社のグループ店は全店、清潔感にあふれ居心地の良さを高めるための気配りが見えないところにまで行き届いている。

 また、店内では従業員同士、あるいは、従業員と社長や会長、役職者が笑顔でお互いのこぶしを軽く合わせるグーパンチで挨拶する姿を目にする。その姿は微笑ましく、店内の空気にも和やかさや活気を与え、料理の味を引き立てるスパイスとしての役割もはたしているようだ。

 こうした店の空気を醸し出すものについて、呉羽信介常務は「人を大事にする創業者の思いが、会社の社風となっているようです」と語る。退職した人を招いて毎年OB会を、学生アルバイトが学校を卒業する時期には店で卒業を祝う会を開催するなど、働く人たちだけでなく、店を辞めた人との関係も大切にする会社の姿勢を経営幹部のみならず、店に関わる人全員が体感し、浸透しているのだと考えられる。アルバイトの学生たちが、よくアルバイト仲間や友だちと店を訪れるというのもその表れといえるだろう。

商売の王道を追求

 今後の店舗展開は、ベトナムでは1号店で運営ノウハウを蓄積し、地域や立地に合わせた業態を出店していく考えだ。国内でも、既存業態の拡大と新規業態の開発も視野に入れた展開を図っていく。業態開発において重視しているのは、商売の王道を追求するということだ。

 呉羽氏は、「従業員の幸せを実現していくために自分たちの強みを生かしながら、ITやAIの活用など新しいことに柔軟にチャレンジし、強く、良い会社づくりを目指すわけですが、商売は流行廃りでやるものではないという考えが当社の基本にあります。だから一過性のものやニッチを追いかける文化はありません」という。

 店舗で提供するアイテムは100以上にのぼる。高い品質の料理を提供するためにセントラルキッチンを採用しているが、お客に提供する前の仕上げには人の手を加えるこだわりを崩さない。「お客さまの心に響く店づくりのためには、効率を追求しながらも非効率な部分を残す」という萩原会長の店舗運営における考えは着実に全体に浸透している。

 時代とともに変えるべきものへ柔軟に対応する一方で、変えてはいけないものを守り続けることで、綱屋は商売の王道をまっすぐに進んでいく。

時代に合わせて社内体制を整備

本社社屋
本社社屋

 企業が成長する速度や大きさは、組織を構成する人の成長と比例するといえる。綱屋は魅力的な職場と、自ら行動できる能動的な考え方ができる人材の育成を目指している。

 人が育ち職場で力を発揮できるようになるためには、魅力的な環境と給与など安心して働ける職場であることが求められる。人を大切にする社風をさらに高めるために、評価や報酬制度、権限委譲など時代に沿った労務管理上の課題解決にも取り組んでいる。

 人材については、まず、人としての在り方を重視している。そのために、礼儀や礼節、掃除の大切さを教える。そのうえで、仕事の考え方や技術、ノウハウを学ぶ機会を提供するのだ。

 たとえば、店長、料理長を一緒にした勉強会や若手を中心にした原価率やマージンミックスなど数字の勉強をする勉強会も開催する。「ずっと当社で働いていただけるのが理想ですが、綱屋で働いた、あるいは、アルバイトしていた人なら大丈夫と地域の人や企業から評価されるような人材を育てていきたい」と呉羽常務は目を細める。

 萩原会長が創業して40年余、綱屋は魅力的な人材育成とそれを支える職場環境整備でさらなる飛躍を遂げるだろう。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:萩原 正綱
所在地:福岡市博多区美野島2-5-2
創 業:1979年2月
資本金:1,000万円
TEL:092-433-1129
URL:http://www.tsunaya.co.jp/recruit/index.html

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 14:40

“ウィズコロナ”の世界で不動産テックは根付くのか(前)NEW!

 新型コロナウイルス(以下、コロナ)の世界的な感染拡大によって、働き方に変革が求められている。なかでも、ウイルス感染を回避しつつ仕事に取り組める手段として、テレワーク...

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?NEW!

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」NEW!

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)NEW!

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

コロナ下で実施される最重要二大選挙NEW!

 安倍内閣の支持率が朝日、毎日の世論調査で30%を下回った。コロナウイルスの感染が拡大したが東アジア地域では相対的に被害が抑制されている。最重要の指標といえる人口あた...

2020年06月03日 10:21

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月03日 09:30

四国新幹線「ないのがおかしい」(中)NEW!

 国土交通省鉄道局は3月31日、JR四国に対し、国土交通大臣名で「経営自立(最終的には株式の上場)」に向けた経営改善を求める文書を手渡した...

2020年06月03日 07:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(後)

 「何もかもインターネットでできると、オンラインでの交流は活発になる一方で、人の動きが消えて、人通りのない閑散としたまちになるでしょう...

2020年06月03日 07:00

「スーパーシティ」構想で再注目 九大・箱崎キャンパス跡地のポテンシャル(後)

 周辺エリアも合わせると約50haもの広大な敷地をもつ箱崎キャンパス跡地の再開発をめぐっては、統合移転プロジェクトの進行中から注目が集まっており、これまで段階的に協議...

pagetop