• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む 一樹百穫 

港湾施設管理、コンテナターミナル事業
博多ふ頭(株)

博多港のコンテナ

港湾運営会社の先駆者

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型の港湾運営”をコンセプトに、世界的に認知された“アジアの玄関口”の博多港は、西日本の国際貿易拠点港としての能力が高い。

 一方で、近年の周辺港湾の整備や国際物流の変化により、港湾同士の競合が激化している。博多港はそれらの競合に優るべく、大水深岸壁を有するコンテナターミナルの整備、次世代の物流拠点となるアイランドシティ整備事業を進めている。さらに、コンテナターミナルの24時間稼動や最新の荷役システムの構築、IT技術による情報の提供および手続きの簡素化など、新たな機能を加え物流サービスを強化、ハード、ソフト両面の最新化を推進している。

 2014年4月からはさらに進化させた事業に取り組んでいる。香椎パークポートおよびアイランドシティのコンテナターミナルを中心としたエリアの港湾運営会社として新たにスタート。次世代IT・ECO・BCP(Business Continuity Plan)対応をキーワードに、港湾運営の効率化を図り、港湾の利用者に対して最先端のサービスを提供している。

独自サービスの展開

 同社は、博多港国際コンテナサービス、香椎パークポートコンテナターミナル、アイランドシティコンテナターミナルの運営を中心とし、そのほか岸壁利用調整、船舶給水、船舶岸壁立会、港湾管理保守の業務を行う。つまり、博多港において公共港湾施設の効率的な運営を行い、良質な港湾サービスを提供できるよう港湾施設の指定管理者としての使命を果たすべく、同社一丸となって取り組んでいる。

 そのなかでも、HiTS ver.3─博多港物流ITシステムは、コンテナ貨物やターミナルの情報をリアルタイムで博多港の利用者へ提供し、海外港湾とも連携を進め、物流の迅速化、効率化に寄与する博多港独自のサービスである。この博多港物流ITサービスのポイントは以下の通り。

1.迅速な情報把握で顧客サービス向上─問い合わせ対応やフリータイム確認などの業務が大幅に改善
2.配車の効率性がアップ─ゲート前トレーラー渋滞の大幅解消や受付時間短縮が実現
3.セキュリティ機能の向上─搬入車両完全ID化でトレーラー作業履歴検索が可能
4.ペーパーレス化と社内システム構築─業務情報の共有化、電子化などにより手書き、二重入力パンチミス等の削除

 荷主および海陸運、船会社および船舶代理店の業務が同社のオペレーションで最適化された状態で業務が遂行できる仕組みである。さらにKACCS.3─香椎コンテナターミナルコントロールシステム3による最先端のマネジメントにより、博多港物流ITシステムと連動させて、業務におけるより高い生産性と効率性、安全性、安定性をもたらしている。

 以上のシステムを駆使することで、より的確で適正な業務マネジメントを実践させ、物流の最適化をさらに高めている。

オープンな風土をつくる

 同社は、定期的に福岡市港湾空港局および国土交通省九州地方整備局と共同で、門司税関博多税関支署の協力を得て、博多港の施設見学会などを実施する。荷主など物流企業を招き、博多港の全容を公開するイベントである。博多港の機能、システム、取り組みなどを紹介する講義を含め、海上およびコンテナターミナル視察、税関X線の検査場の見学など、博多港の国内外貿易や物流についての詳細を学ぶことができる。

 さらに、一般市民向けに毎期『夏休み博多港親子見学会』を開催する。船上から博多湾をのぞみながら、アイランドシティコンテナターミナルおよびアイランドシティの福岡青果市場・ベジフルスタジアムなど通常一般市民が立ち入れない施設も見学、博多港の現在の活動について、市民に知ってもらうためのPR活動にも力を入れる。福岡市港湾空港局など関係各位の協力によって実行されている。

 以上のように、普段の生活では知り得ない博多港の現状について積極的にディスクローズすることを、福岡市や関係各位と連動しながら推進、実践している。社外に対してオープンな情報を発信する風土は、社内においても同様で、各人各所において業務遂行のための円滑なコミュニケーションが構築されるオープンな職場風土により、進められている。

博多港付近の大型貨物船

真のアジアゲートウェイとなる

 同社は、国内有数の博多港を司る公共港湾施設指定管理者として、博多港の発展と進化に寄与していく。それは、九州経済を支える中核の港湾としての役目を担い、さらに東アジア諸港における国際競争力をさらに強化、推進する役割が同社に求められるからだ。このため、現場力を生かし、柔軟かつ果敢なチャレンジを行い、世界最高水準のコンテナターミナルの運営を進めるとともに、利用者サービスの向上に努めるとしている。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:中園 政直
所在地:福岡市東区香椎浜ふ頭4-2-2
設 立:1993年4月
資本金:7億円
TEL:092-663-3111
URL:http://www.hakatako-futo.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop