わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月15日 16:26

浦江をここ数年で「中国一ゴミのない」県に再生させた政策科学の力!(1)

 9月1日から4日まで、学者・技術者総勢約20人の日中生態都市視察団(団長:周瑋生 立命館大学政策科学部教授、名誉団長:中川十郎・日本ビジネスインテリジェンス協会(BIS)会長・名古屋市立大学22世紀研究所特任教授)が中国浙江省浦江県を訪問した。

 浦江は今「中国一ゴミのない」県といわれる。視察後に全員が「風光明美、緑も豊か、都市部でも農村部でも、どこに行ってもゴミは見当たらなかった」という感想を述べた。

今回団長を務めた周瑋生・立命館大学政策科学部教授・立命館孔子学院名誉学院長・(一社)国際3E研究院院長に聞いた。陪席は中川十郎名誉団長と加百列生物化学技術有限公司の張沖董事長(社長)である。

周 瑋生氏を挟んで、向かって(左)中川十郎氏、(右)張沖氏
周 瑋生氏を挟んで、向かって(左)中川十郎氏、(右)張沖氏

立命館大学政策科学部教授 周 瑋生 氏

1800年の歴史を有し、京都に似て自然風景が美しい

 ――今回の視察ではお世話になりました。本日は、浦江県再生の秘訣、その根底にある

「政策科学」の力についていろいろ教えていただきたいと思っております。その前に先生の故郷でもある浦江県について、読者にご説明いただけますか。

 周瑋生氏(以下、周) 浦江県(俞佩芬 県長)は浙江省中部の金華市にあります。車で、上海(成田・羽田から約3時間)から車で約3時間30分、杭州から1時間30分のところに位置しています。県内には7つの鎮、5つの郷と3つの街道があり、戸籍人口が約40万人、外来人口は約15万人です。浦江県は1800年の歴史を有し、中国有数の観光地(茜渓緑道、馬岭古道、浦陽江生態回廊など)が数多くあり、自然風景(金獅湖、翠湖、通済湖など)が美しいことで知られています。

 張沖氏(以下、張) 浦江県は盆地で、私や周先生が日本で学んだ京都と地形がとても良く似ています。どこに行っても、山、川、湖などがあり、日本人の方にもとても落ち着いて過ごしていただけるのではないかと思います。

 周 産業としては、水晶加工(「中国の水晶の都」と言われ、水晶ガラス製品の生産・販売で全国シェアの70%を誇る)そして南京錠とインテリア用具の製造が有名です。

 農産物の生産では、とくにスモモとシナガヤが高く評価されています。ほかには、ぶどう、甘栗や、「ゆば(腐皮や腐竹)」(日本の「ゆば(湯葉)」は浦江から車で約2時間の天台山で学んだ最澄が持ち帰ったものといわれる)などが有名です。また金華火腿(金華ハム)はイタリアのプロシュット・デイ・パルマやスペインのハモン・セラーノと並んで世界三大ハムの1つに数えられています。

「東皐心越記念館」
「東皐心越記念館」
「江南第一家」内部
「江南第一家」内部

 1800年の歴史を背景に、「文化の町」「書画の町」「詩詞の町」でもあります。浦江県出身の著名な書道家と画家は250人を超えます。江戸時代初期に日本に渡来、水戸光圀公とも親交があり、日本「琴学」中興の祖、日本「篆刻」の祖といわれる東皐心越(とうこうしんえつ)は浦江県の出身です。300年間一度も分離せずに約3,000人の家族が一緒に暮らした鄭氏家族「江南第一家」(「鄭義門」)も有名です。この鄭氏一族は177名の大臣級の人材を輩出しましたが、汚職をした人間は1人もいなかったと言われています。

 また近年(2005年)には、新石器時代の「上山遺跡」で約1万年前の世界最古の栽培稲のもみ殻が見つかりました。専門家は「長江(揚子江)下流が稲作の発祥地の1つであることが裏づけられる」との見解を示しました。

「上山遺跡」展示館
「上山遺跡」展示館

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
周 瑋生氏(シュウ・ウェイション)

 1982年浙江大学工学部熱物理工学専攻卒(工学学士)、1986年大連理工大学大学院動力工学科専攻修了(工学修士)、1995年京都大学大学院物理工学科高温物理工学専攻(工学博士)、1995年新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)産業技術研究員として(公財)地球環境産業技術研究機構(RITE)に勤務(研究員)、1998年RITE主任研究員、1999年立命館大学法学部准教授、2000年立命館大学政策科学部准教授、2002年から現職。

 これまでRITE研究顧問、立命館孔子学院初代学院長(現在名誉学院長)、立命館サステイナビリティ学研究センター(RCS)初代センター長、大阪大学サステイナビリティ・サイエンス研究機構特任教授、東京大学大学院原子力国際専攻客員研究員、浙江大学、大連理工大学、北京大学、上海交通大学、同済大学、中国浦東幹部学院、四川大学など複数大学の客員教授を併任。全日本華僑華人聯合会名誉会長(初代会長)、日本浙江大学校友会名誉会長(初代会長)、日中発展促進会会長など日中関係で数多くの要職をもつ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(18)〜茶番の名誉顧問会か?

 既報の通り、2019年12月9日にライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の「名誉顧問会」が開催された(開催場所不詳)。LCの名誉顧問会とは、現ガバナーが任命した...

2019年12月10日 17:01

まちかど風景・西区~旧マルタイ本社側にマンション

 福岡市西区周船寺3丁目、旧マルタイ本社・福岡工場跡地側にマンションが建設される。計画されているのは「(仮称)ブレス周船寺新築工事」で、建築物の概要は、RC造の地上1...

2019年12月10日 16:37

福岡クリスマスマーケット主催者 (株)サエキジャパン・佐伯岳大社長 インタビュー

  福岡クリスマスマーケットの主催者である(株)サエキジャパンの佐伯岳大社長に、各会場の特徴や、今後の意気込みなどを聞きました...

2019年12月10日 16:12

【パチンカー代の『釘読み』】マルハン、20年3月期中間決算は減収増益

 全国でパチンコホール「マルハン」を300店舗以上展開する(株)マルハンが2020年3月期中間決算(連結)を発表した。

2019年12月10日 15:03

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(7)

 筆者は「桜を見る会」の不適切者招待について、安倍晋三首相の刑事責任は問えないとしましたが、読者から公職選挙法の供応接待罪(同法221条1項)に当たるのではないかとの...

2019年12月10日 14:15

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(17)~生産背景が変わる青果

 青果物にはすでに際立った変化が表れている。それは生産背景の変化だ。農家の高齢化がいわれて久しいが、それは今後、農家の消滅の危機をはらむ。団塊の世代がリタイアするからだ。

2019年12月10日 13:28

中国経済新聞に学ぶ~長江デルタ一体化 活気あふれる成長源に

 12月1日に発表された「長江デルタ一体化発展計画綱要」は、長江デルタ一体化発展の「早送り」を押した。台頭中の世界6位の都市クラスタ、「一帯一路」及び長江経済ベルトの...

2019年12月10日 13:00

「手続的正義」どっちが大悪?~東名高速あおり運転事故(後)

 米国経済では信用の低い企業の貸付債権を担保に発行されたCLOのリスクが注目を集めている。2007年の世界金融危機がCDOに端を発しているとしたら、今回はCLOが経済...

2019年12月10日 12:20

北九州に「辛麺屋桝元 八幡店」オープン

 新たな麺文化として人気が高まっている「辛麺」元祖の店として知られる(株)桝元(本社:宮崎県延岡市、長曽我部隆幸社長)は10日、北九州市八幡西区に「辛麺屋桝元 八幡店...

2019年12月10日 12:00

民法改正で変わる時効期間 飲み屋のツケにも影響あり?

 前回(民法改正で変わる 賃貸契約の保証人)は、およそ120年ぶりの大改正となる民法の債権関係に関する規定のなかから、賃貸借契約についてご説明いたしました。今回は、「...

pagetop