わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月17日 09:32

「抗疲労」市場 2020年に12兆円規模に(後)

日本疲労学会が臨床評価法を推奨

 最近は疲れをとる健康食品として、イミダゾールジペプチド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどのサプリメントも販売されている。日本疲労学会は、特定保健用食品(トクホ)の臨床評価における疲労感の評価方法として、VAS(Visual Analogue Scale=視覚アナログ尺度)と呼ばれる検査方法を推奨している。

 VASの検査方法は、100mm(10cm)の横線に目盛りを打たず、左端に「疲れをまったく感じない最良の感覚」、右端に「何もできないほど疲れきった最悪の感覚」と記し、被験者に主観的にどの程度の疲れかを指し示してもらい、示した点が最小点から何mmの位置かを測定することで疲労度が推定できるというもの。

 同学会では、被験者に記載方法について十分説明した後に実施すれば、疲労感評価のデータとして用いることが可能としている。海外の研究機関では疲労の尺度として用いられており、正確な疲労測定が可能であると認められている。

 日本の大学で唯一、疲労専門外来をもつ大阪市立大学病院でもこのVAS検査を採用している。

 外来立ち上げ時に臨床に当たっていた梶本修身医師(東京疲労・睡眠クリニック院長)は、「VASは自覚的所見ですが、これに作業効率を調べるパフォーマンスマーカーやヒトヘルペスウイルスを利用した生化学的マーカーを組み合わせれば、かなり精度の高い測定が可能になります」と話す。そして、抗疲労食品の必要条件について、梶本医師は、「同じ作業負荷を与えた際に起こるはずの疲労が、摂取しない場合(プラセボ摂取時)と比べて軽減していることが必須となります」と指摘する。

 そして、摂取を中止したときにリバウンドがないことや、長期摂取や過剰摂取しても副作用がないことが絶対条件となる。これらの条件が、メカニズムを含めて科学的に実証され、学会などでコンセンサスを得られれば、抗疲労食品は市民権を得ることができるだろう。

トータルなサポートが不可欠

ポリフェノールの一種であるフェルラ酸は、お米の胚芽や植物の細胞壁に含まれる

 疲労感を訴える高齢患者に、自分で開発したサプリメントを推奨するのは、ストレスケア日比谷クリニック(東京都千代田区)の酒井和夫院長。ストレスが溜まって脳疲労が蓄積されていくと高齢者の認知機能にも悪影響をおよぼすとの考えから、同クリニックでは、70歳を過ぎた患者には、脳の処理能力が高まるフェルラ酸サプリを薦めている。

 フェルラ酸は、お米の胚芽や植物の細胞壁に含まれるポリフェノールの一種だ。化粧品原料や、酸化防止剤として食品添加物にも使われている。フェルラ酸の効果としてとくに注目されているのが認知症の予防効果だ。

 「先行研究では、認知症の原因物質とみられるアミロイドβを投与して学習能力が低下したアルツハイマー型の認知症モデルマウスにフェルラ酸を投与したところ、通常レベルまで回復したことが明らかになりました。その後の研究では、βアミロイドが炎症して起こる酸化ストレスから、フェルラ酸が神経細胞を保護することも明らかになったのです」(酒井院長)。ストレス、疲労、認知機能障がいの3つは複雑に絡み合って不調につながっていくケースが見られるため、トータルなサポートが不可欠だという。

(了)
【取材・文・構成:吉村 敏】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop