• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)

 つまり、関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会により、緊急の不祥事処理に対応すべきであった。これを進言するのが監査役・監査役会、そしてコンプライアンス委員会の責務である。

 法匪らは、虞犯取締役はあくまで虞犯にすぎず、裁判で有罪にならない限り「無罪の推定をうける」とする「違法判断と有罪判断のすりかえ論理」で、虞犯取締役の業務遂行を正当化する。取締役の不正行為について、いちいち裁判の結果を得てしか不正の判断ができないとする論理がいかに不条理かは論を待たない。正式な裁判によって、厳密な意味で、当該虞犯取締役が賄賂罪の有罪確定判決を受けるまで虞犯関連の業務遂行ができると解釈することがいかに暴論であるかは多言を要しない。

 各取締役は会社との委任契約により固有の違法判断権(つまり不正認定権限)を有する。それは確定判決を受けてからしか行使できないという制限などどこにもない。つまり、日常生活における普通の事理弁別による違法判断の権限を有する。それに従って、虞犯取締役の違法性を判断する。この判断は世間一般の違法との見解・判断と一致することは理の当然である。従って、世間の普通の事理弁別を有する人々が虞犯取締役の本件行為を違法と判断すれば、虞犯取締役は違法と認定される。(違法性認識の通有性普遍性)

 従って、関電取締役会の本来の姿は、クリーンな取締役によって虞犯取締役を除外した取締役会を構築し、その取締役会が贈収賄事件の対応(調査の着手や第三者への調査委託)をすべきであった。本件の内部調査委員会や第三者委員会への委託そのものが違法な業務執行行為であることは明白である。市民は誰もこのような正確な法的思考はできないが、虞犯取締役らが中心となって、自らの犯罪行為を内部調査委員会に調査を命じたり、その報告があまりにもデタラメのため、今度は外部の第三者委員会に調査を委託しても、その人選が虞犯取締役らである矛盾には誰しも気付いている。

 違法性の判断は日本国民だれしもが有する条理的・経験法則上の判断である。それと類似しているが、まったく異なるのが裁判官による有罪認定である。この国民の条理的・経験法則に基づく違法判断と裁判官の有罪認定とが不一致の場合が、「裁判官の非常識」の問題である。この問題の本質は日本の裁判官が民主的制度により選任されていないこと、裁判官の任免に最終的に主権者国民が関与する制度が存在しないことが根本的理由である。

 それはとりもなおさず、日本は真の意味での三権分立国家ではなく、君主制明治憲法下の三権分担国家制度が継続していることを意味する。ここでもその不都合な真実(分立と分担の違い)は隠蔽されてきた。

 法匪らがこの違法認定と有罪認定のすり替え論を弄していることは明白である。本件ではすでに虞犯取締役らは単純収賄罪の構成要件に該当する不正行為を行っており、虞犯取締役らが不正取締役であることは明白である。単に罰条が存在しないだけである。

 結局、3名の弁護士はこの根本的な重要問題に頬かむりして、何食わぬ顔をして同書(内部調査報告書)を作成し、取締役会の法的機能不全を隠蔽した。法令遵守担当職員がこれであれば、関電に正常な法秩序・法令順守など存在しえない。このような大局観をもって以下、同書の「読み方」について解説する。

(つづく)

▼関連リンク
関西電力の隠蔽体質は不変~渡された菓子折り、底に金貨(前)
日本文明の恥~関電疑獄事件
関電疑獄(1)~裏切り防止の「毒饅頭」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月05日 11:45

(株)ホテルオークラ福岡の社長〜コロナは「新たなホテル業の在り方」を考えさせられた良い機会NEW!

 6月に入り、ようやく通常通りの営業に戻し、ホテル内のレストラン・バーも徐々に活気を取り戻しつつあるホテルオークラ福岡。コロナショックにより、改めて業界の役目・今後の...

2020年06月05日 11:14

「 ふくおか筑紫フードバンク」こども食堂のフードパントリーを応援中~ エフコープ・西松建設との連携で子どもの居場所づくり(前)NEW!

 「ふくおか筑紫フードバンク」の運営を担っているのは、「特定非営利法人チャイルドケアセンター」であり、代表理事は大谷清美氏が務める...

吉村礼賛劇場化けの皮が剥がされるNEW!

 香港におけるデモの暴徒化に対して中国政府は武力による鎮圧を試みた。米国におけるデモの暴徒化に対して米国政府は武力による鎮圧を試みた。国家としては民衆の暴徒化を鎮圧す...

2020年06月05日 09:00

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(後)NEW!

 イオンでは今年3月、社長が交代した。23年間社長を務めた創業家出身の岡田元也氏が会長に就き、副社長を務めていた吉田昭夫氏が社長に昇格したのである...

2020年06月05日 07:00

【コロナに負けない(48)】韓国製品オンライン展示会を22日から開催~韓国貿易センターNEW!

 KOTRAの主な業務の1つがビジネスマッチングのための展示会開催および出展支援。今年は新型コロナウイルスの影響を受け多くの展示会を中止しているが、今般、日本で初めて...

2020年06月05日 07:00

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(後)NEW!

 余談だが、日清戦争後に国が軍備増強と産業資材用鉄鋼生産の増大を図るために官営製鐵所を建設しようとした際、建設候補地として、「八幡」「板櫃」、「呉」と並んで、「大里」...

2020年06月04日 17:47

【コロナに負けない(47)】総合工場を新装~(株)アダル武野龍社長インタビュー

 業務用・店舗用家具メーカーの(株)アダルは、5月11日に新総合工場での本格稼働をスタートさせた。データ・マックスは2日、同社の武野龍社長に工場建設の経緯などを聞いた...

2020年06月04日 16:57

【コロナに負けない(46)】休業要請に対して営業を続けたパチンコ店

 2020年4月、福岡県は新型インフルエンザなど対策特別措置法第24条第9項に基づいた施設使用の停止(休業)の要請に応じず、営業を続けていた県内のパチンコ店6店舗の店...

2020年06月04日 16:27

居住ゾーンを第一交通グループが開発~旧門司競輪場跡地・再開発プロジェクト(前)

 2002年3月末に廃止となった旧門司競輪場の跡地を活用し、北九州市が公共施設の集約・多機能化を目指している「モデルプロジェクト再配置計画(大里地域)」。住宅開発を行...

2020年06月04日 15:16

「6・4」天安門事件31周年 香港は追悼集会が禁止に

 6月4日で1989年の天安門事件から31周年を迎える。中国では事実上、同事件に関する活動は禁止されているが、香港で翌1990年以降毎年6月4日に追悼活動が行われてき...

pagetop