• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月27日 07:07

建物の美と健康、資産価値を守る専門集団 自走する組織でともに育つ会社を実現する 一樹百穫 

建造物の外壁改修工事、維持保全業務ほか
日本ビルケア(株)

建物の美と健康を守る専門集団

代表取締役社長 山田 秀樹 氏
代表取締役 山田 秀樹 氏

 建物の「美」と「健康」を追求するビル改修・保全のスペシャリスト集団、日本ビルケア(株)を代表の山田秀樹氏が立ち上げたのは、2001年8月のことだ。その後、外部環境の変化など壁にぶつかりながらも優れた品質が取引先から高く評価され、成長曲線を描き始め、現在の企業基盤をつくった。

 同社は、建物保全事業で3つの柱を立てている。

 まず、高層・大型ビルや商用施設の外壁改修工事の施工を手がける「ランドマークセクション」。紫外線や有害物質で傷んだ外壁や躯体を構成するコンクリート、鉄筋が受けたダメージを診断し、将来の保全ビジョンを前提に仕様を選択して施工する。

 次に、「メタルメンテナンスセクション」。美しい都市景観に貢献する金属と硝子のビル建物の汚れと劣化を補修、維持する。

 そして、個人が所有する中小のオフィスビル・商用施設・アパート等の建物の外壁補修・改修を行う「TC(ToCustomer)セクション」。3分野において高度な技術を提供する同社の存在が、福岡の建物の美と健康、資産価値を守り、魅力的な街の景観を保つ役割をはたしているのだ。

前向きに捉える明るい社風

 同社を訪問するたびに感じることがある。それは「明るさ」である。山田氏を始め、皆が明るく親切だと、いつも感じる。接する人だけでなく、社内の雰囲気や空気感も明るい。山田氏に尋ねると「たしかに、来社されるお客さまから同じようなことを言われます」と目を細める。同社は、理念にも「明るい企業を目指す」ということを謳っている。

 明るさは、山田氏が目指す良い社風をつくる土台にもなる。明るいというのは抽象的な表現だが、同社では「物事を前向きに捉えることができること」だと言葉で定義している。

 たとえば、仕事で忙しい状況でも、頼まれたことは嫌な顔をせずに前向きに引き受ける。こうした意識をもっていると、自分のことだけでなく一緒に働く仲間や顧客に対しても前向きになり、他人が前向きになるよう影響を与えたり、同じように前向きな人を引き寄せる。明るさとは、積極さにつながり、結果として個人の生産性や技能を向上させる効果もあるのだ。

 こうして長年かけて醸成してきた社風が、訪れる人に「明るい会社」と言わせているのだろう。

新評価制度の整備

 働く従業員にとって、自分がどのように評価されているのか、その基準を知りたいと思うものである。会社が求める基準と本人が考える基準がズレていれば、そこに不満や不安が生じる。

 評価制度は、創業期から山田氏が前職での経験を生かして構築した。かなり考え抜かれた仕組みだったが、それでも十分ではなかった。「営業や生産部門について仕組みをつくっていたが、管理部門については未整備でした」と振り返る。山田氏は年に2回、全従業員と個別面談を行う。その際、「私の評価や給料はどうやれば上がりますか」と問われた。それがきっかけとなり、新しい評価制度の導入に踏み切ることにした。

 今回の評価制度は、「できたか、できなかったか」ではなく、「仕事の内容や役職に求められる経験を積んだかどうか」を重視するものだ。「段階的に全体を網羅するような壮大なものになる」と山田氏は自信を見せる。人事評価制度は、評価する側の個人的感情が入りやすいこともあるが、今回の仕組みであればより納得のいくものになるだろう。

主催セミナー風景。「外壁改修・調査の実践セミナー建物」と題して、年9回開催
主催セミナー風景。「外壁改修・調査の実践セミナー建物」と題して、年9回開催

自分の給与は自分たちで決める

 同社では、新卒の採用にも力を入れている。新卒の採用を始めた当初は、なかなか採用に結びつかず苦労したが、5年前に第一号の新卒採用をはたした。しかし、社内からは教育に時間と労力がかかることに不満の声も出ていたという。

 確かに、ゼロから教えなければならないため、手間はかかる。しかし、新卒採用を始めると、徐々にその効果が表れ始めた。転職などの理由で辞めていく人がいなくなった。「この会社にいると自分も良くなるかもしれないと将来への希望を抱くことができるようになったからだろう」と山田氏は分析する。採用向けサイトのリニューアルを図るなど、人材の充実に余念がない。

 評価制度を改革し新規採用を続けることで組織の厚みも増すだろう。山田氏が目指す会社の在り方の1つが、「昇格昇給を自分たちで考え、決めることができる組織」で、まさに自走する組織である。そのためには、従業員も組織や財務などさまざまなことを学ばなければならないが、これこそが山田氏が目指す「ともに育つ経営」のあるべき姿である。

自立祥慶の集い。新卒採用して丸3年が過ぎた社員に対して、両親等の親族を招待して祝う
自立祥慶の集い。新卒採用して丸3年が過ぎた社員に対して、両親等の親族を招待して祝う
2019大花見会。創業以来毎年開催。社員・協力業者等との懇親を図る
2019大花見会。創業以来毎年開催。社員・協力業者等との懇親を図る

<COMPANY INFORMATION>
代 表:山田 秀樹
所在地:福岡市博多区神屋町4-5 
設 立:2001年8月
資本金:2,000万円
TEL:092-263-0060
URL:https://n-builcare.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 14:30

【政界インサイダー情報】安倍政権急激な支持率低下で内部崩壊の危機NEW!

 過去なら支持率回復のターニングポイントになる筈のコロナ"緊急事態宣言の解除会見"と自信満々のそれに対する"二次補正予算"内閣決定会見...

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収NEW!

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通しNEW!

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

トランプ安倍政治を終焉させられるかNEW!

 米国中西部のミネソタ州ミネアポリスで5月25日、丸腰の黒人男性が白人警官にひざで首を組み敷かれた末に死亡する事件が発生した...

2020年06月01日 11:14

飲食店のコロナ対策!大胆に「新しい生活様式」に沿った「新しい経営戦略」へNEW!

 飲食店においては、緊急事態宣言が全面解除されても多くの店舗で客足が戻らず、厳しい経営を余儀なくされている...

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

pagetop