• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へ 一樹百穫 

貨物利用運送事業、倉庫業
福岡ロジテム(株)

顧客の要望に真摯に向き合う

代表取締役社長 小林 専司 氏
代表取締役社長 小林 専司 氏

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務める小林専司氏は、運送・倉庫業界に長年携わった実績をもち、地元経済界と業界関係者から高い信用を得ていた。その経験と信用で、設立して間もない企業ながら、徐々に仕事を獲得していった。

 設立当初は、主に建設資材関係の物流の仕事を受注していたが、大手小売チェーンからセンター業務を受注したことが大きな転機となった。受託した業務の内容は、各店舗への配送やベンダー業務であった。同社ではそれまで、小売関係の物流業務を手がけた経験はなかったが、持ち前のチャレンジ精神で試行錯誤しながら小売業の物流を担うためのノウハウを蓄積した。そうして依頼された仕事に真摯に向き合っていると、大手食品卸の物流センターなども次々と依頼されるようになり、それにともない、事業領域も拡大していった。会社設立からわずか15年で、福岡、佐賀の5カ所に物流倉庫を構える年商50億円の総合物流企業へと急成長を遂げたのだ。

アイランドシティ物流センター
アイランドシティ第2物流センター

やる気を発揮できる場

 同社成長の原動力は創業以来、経験がないことにも果敢に挑戦してきたフロンティア精神であった。小林氏以下、メンバーがもてる力を発揮して、実績を積み重ねる組織であったのだ。こうして、会社発展の基礎ができたのだろう。

 職業を選択する際に重要なことは、その仕事に魅力を感じるかということだけでなく、会社や業界が今後も成長する可能性を有しているのかということである。成長する業界に身を置いておくことで、新しいことにチャレンジすることができるし、そのなかで自分の新たな適性や可能性も広がる。さらに、豊かな生活を送ることもできるわけだ。

 物流業界は、ビジネスや生活を支えるインフラとしてなくてはならない存在であり、今後も成長が見込まれる。とくに、小林氏率いる同社は、急成長を遂げており、今後も拡大し続ける力をもっている。そのため、事業領域と組織の急激な拡大にともない多彩な人材が必要になった。「社内は言いたいことを言える風通しの良さと、異なる意見や提案を受け止めるだけの器はある」と峯正樹経営企画室長は断言する。

 自分の可能性を見つけ、実力を発揮する場を求めている人にとって、また、今後も高い成長力をもつ同社の可能性は大きな魅力であろう。

福岡の立地を活かす

 物流は、ビジネスや生活を支える重要な産業であり、機能の充実や拡大、コスト削減など、関連する需要はますます拡大している。たとえば、都市間を結ぶ高速大量輸送ラインと各エリアでの迅速できめ細かな配送網の整備。それにともなう物流・配送センターの充実。業種に合わせた流通加工。情報システムの活用と構築による効率化やコストの低減など、多岐にわたる。同社成長の軌跡には、こうした機能の充実を図ってきた企業努力がある。

 加えて、日本ロジテムのアジア物流ネットワークの活用も図っている。同社は、現地法人からなる海外拠点と連携し、中国、香港、台湾、タイ、ベトナムなどをカバーしている。とくにベトナムでは、ハノイ、ダナン、ホーチミンにセンターを設けるなどベトナム全土を網羅する物流網を構築。さらに、ハイヤーやチャーターバスの運行およびマンションの賃貸事業を手がけるなど、進出企業の物流だけでなく移動や住宅の確保まで幅広くサポートしている。それは「アジアへのゲートウェイ・福岡の立地を活かして、国際化へのニーズの高まりに応えていく」という小林氏の想いをかたちにする強力なネットワークなのである。

顧客に寄り添い続ける企業

企業の業務効率化やコスト削減にも貢献
企業の業務効率化やコスト削減にも貢献

 日本の人手不足問題は、人件費の高騰による物流コストの上昇はもちろん、処理数量や運輸回数の制限などビジネスモデルへの影響も含め、物流業界においては無視できない問題である。同社も若者の採用を始め高齢者、外国人の雇用も視野に入れて、拡大を続ける事業に必要な人材の確保に力を入れている。

 「当社の役割は、物流コストの削減を始め物流に関連するさまざまな要望や困り事に応え、お客さまの利益に貢献していくこと。常にお客さまに寄り添い、お互い成長できる企業でありたい。これを支えるのは『人』であり、若い人たちにもそういう思いを共有してもらいたい」と小林氏は力を込める。

 今後、機械化やAIなどの導入による生産性の向上や省力化に投資しながらも、高い利益率を確保できる仕組みと組織づくりを推し進めていくため、顧客に寄り添い現場を支える30代、40代の管理職層を厚くする。

 とくに若い人材が、モチベーションを維持し力を発揮できるよう、人材育成や評価制度の構築など社内の環境整備にも注力し、今後の事業拡大を支える盤石な組織基盤づくりを推し進め、さらなる飛躍を目指している。

宇美本社倉庫
宇美本社倉庫

<COMPANY INFORMATION>
代 表:小林 専司
所在地:福岡県糟屋郡宇美町大字井野字稲木369-8
設 立:2005年10月
資本金:6,000万円
TEL:092-931-1665
URL:http://www.f-logitem.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop